ゲームニュース 原神はなぜリリース1年間の売り上げで世界最高と予想されているのか? 原神の課金の魅力 誰もがひくべきと感じる理由について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネットメディアGIGAZINEによると、スマホ、PC、PSでリリースされている原神の1年間の売り上げが、フォートナイトを超えて歴代1位になったと有志の調査で明らかになりました。
あくまで、売り上げから逆算した個人の調査になりますが、アメリカでも一時期、セルランが1位になるなど、原神の勢いは本物であると確信できます。

ランキングは、モンストやキャンディクラッシュといったスマホゲーのみならず、GTAVなどの家庭用作品も組み合わせっているので、家庭用とスマホの累計で原神はトップに躍り出ていることがわかります。

なぜ原神はここまでヒットしたのでしょう?そしてなぜ人は熱狂的に原神へ課金したくなるのでしょう。

原神プレイヤーで、現在微課金ですが、ゆくゆくは原石に課金しそうな、筆者の立場から考えていきます。

原神 1周年直前レビュー 総プレイ時間約40時間 プレイして楽しいと思える人とプレイしてつまらないと感じる人の違い

原神 非公式ガチャまとめ 1周年イベントに向けて いまさら聞けないガチャのシステムと課金してでも、星5キャラを引くべきか?

原神 プレイ時間100時間を超えてやっていること なぜ飽きずに続けているのか?

このブログでは、原神情報を都度公開しています。初心者から中級者まで役立つ情報ばかりです。youtubeでも原神関連の動画をアップしているので、よろしければチャンネル登録お願いします。

原神の課金システムにおいて、優秀なポイントが2つあります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

微課金から課金の導入が優秀 空月の祝福 天空紀行

まず、原神を微課金するとなると、ログインで原石がもらえる空月の祝福と、特定の条件を満たすことで、モラ(ゲーム内のお金)や鉱石(武器強化)などが大量にもらえる天空紀行の2つがあげられます。

この2点に共通することは、値段に対してゲーム内で得られる恩恵が絶大であるということと、毎日こつこつログイン+プレイしないといけないという点です。

ただキャラがかわいい、かっこいいだけで課金するケースは少数であり、多くのプレイヤーが、ゲームを快適に遊びたい、爽快感のある強いキャラを使いたいという理由で、課金するのが一般的です。

そのような欲望をうむためには、原神をしっかり遊んでもらわなければなりません。

また、無課金で遊んだ場合も、原神のゲーム内のイベントやコンテンツを隅々まで遊ぶ必要があり、その過程で、不便だなと感じたり、壁にぶつかって、課金したくなるしくみもあります。

原神をコツコツと遊んでもらって、お金をさらに払ってもらうための前段階として、空月の祝福と天空紀行は、より機能しています。

とはいえ、無課金で全く遊べないゲームでもありませんし、空月の祝福と天空紀行は合計して2000円いかないため、サブスクリプションゲームと割り切って、楽しむこともできます。

 

スポンサーリンク

武器、キャラピックアップガチャに明確な天井が存在することと、ピックアップ対象が短期間で決められている

原神のガチャ内容は、まるで人間の行動心理学を熟知したかのような、内容になっています。

ガチャに関する仕様は、以前ブログにて詳細にまとめております。よろしければご覧ください。

私がいままで遊んできたスマホゲーム、「プロ野球スピリッツA」や「ユニゾンエアー」はイベント、ピックアップガチャが発生すると、最高ランクのキャラが複数存在する仕様になっております。

通常は、自分が欲しいと思えるキャラやアイテムは何度もガチャを引かないと手に入れらない仕組みになっています。たまに天井システムは実装されています。

原神の場合、デフォルトで天井システムが実装されています。

そしておよそ半月の間に、星5の特定のキャラ、武器がピックアップ対象になります。

これは基本無料プレイのゲームとしては珍しく、多くのゲームはいろんなキャラ、いろんな属性を盛りまくって、豪華に見せます。パズドラやモンストしかり

一方で、原神のガチャの話題は半月の間、ピックアップの1人のキャラだけで埋め尽くされます。

例えば、2021年11月8日時点なら胡桃(フータオ)という炎アタッカーです。その前は、タルタリヤという水アタッカーになります。

原神で欲しいキャラや武器を手に入れようと思ったら最悪の場合

  • キャラは180連で約56000円
  • 武器は240連で約72000円

かなり高額ですが、天井が明確に決まっていることと、本当に育成すべき人数は8人にしぼられ、さらに本気で育成が必要なのが、アタッカーもしくはサブアタッカーに限定されます。

多くの人は、ゴールが全く見えない場合は課金する気が起こりませんが、ある程度、ゴールが見える、自分で乗り越えられそうなハードルだと思った場合は、課金したくなるものです。

 

スポンサーリンク

原神のキャラはどれも性能がとがっているが、完全下位互換が存在しない インフレについては真剣に取り組んでおり、引いたキャラが腐りにくい

極めつけとして、原神はキャラのインフレについて、かなり慎重です。

単純に強いキャラが多いけど、強さの性質がそれぞれのキャラで異なります。また、完全下位互換といえるキャラが、星4のキャラにもなく、育て方や凸数によって、星4にも活躍の場が多くもうけられています。

基本プレイ無料の課金で、一番心配になるのは

自分がわざわざ課金したキャラが一定期間たったら使い物にならなくなるのでは・・・

これは特に、インフレが激しくなり、ダンジョンが難しくなってついていけなくなる場合が想定されます。

原神のフータオ、タルタリヤは復刻キャラであり、登場から1年ほど経過していますが、いまだに主戦をはれるキャラになっています。

 

スポンサーリンク

ピックアップキャラがいつ復興するかわからず、引くべきであると強迫観念になる

さらに背中を押す要素として、ピックアップで登場したキャラは有限であるということ。今回のフータオやタルタリヤのように復刻されるパターンもあり、特にタルタリヤは3回目のピックアップと優遇されています。

しかしながら、中には非常に強い性能をもちながら、なかなか復刻されない星5キャラもいるのも現実。

そのため、原神プレイヤーの中には、「今入手しておかないと半年以上獲得できない」というある種の脅迫観念にとらわれています。

私はいまだに、雷電将軍を120連あまりで断念したことを後悔しています。といっても、すり抜けで登場したジン団長は、噛めば噛むほど味の出るいいキャラであるという気づきもありました。

 

スポンサーリンク

なぜシングルプレイ重視なのに原神は課金額を集めているのか?

原神はマルチプレイもありますが、マルチ重視のものではなく、プレイヤー同士で戦う要素もありません。(いずれ実装しそう)

しかしながら、ここまで世界中で課金されているゲームです。

理由としては、メーカー側でSNSの交流を積極的にうながしたり、現代の流れとして、動画やSNSで自分が獲得したキャラを自慢したり、紹介しあうという文化が、原神の課金を加速させています。

 

 

以上が、原神がなぜ世界で1番売上スピードの速い作品であるかを、私なりに解説した作品になっています。

プロスピでもトップユーチューバーは1つのガチャに30万課金したなど話題になりますが、原神の場合も、原神の動画だけで生計をたてられるレベルのユーチューバーがいますが、ガチャに関しては総計100~200万つかっている人が多いです。

次は、原神をプレイするうえで、妥協するポイントの解説記事を書く予定です。よろしくお願いします。

 

原神 1周年直前レビュー 総プレイ時間約40時間 プレイして楽しいと思える人とプレイしてつまらないと感じる人の違い

原神 非公式ガチャまとめ 1周年イベントに向けて いまさら聞けないガチャのシステムと課金してでも、星5キャラを引くべきか?

原神 プレイ時間100時間を超えてやっていること なぜ飽きずに続けているのか?

タイトルとURLをコピーしました