原神 非公式ガチャまとめ 1周年イベントに向けて いまさら聞けないガチャのシステムと課金してでも、星5キャラを引くべきか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム温故知新(ゲームレビュー+考察)
原神_20210912184859
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、私が現在進行ではまっている、原神についての情報になります。9月下旬で一周年を控えている本作ですが、プレイしたいと思っていても、課金要素に不安を抱えている人もいるでしょう。
結論から言えば、無課金でも十分楽しめる作品ですが、その理由をガチャシステムをまじえて説明するとともに、課金する場合は、どのように課金すればいいかをポイントを含めて、このブログだけでわかるように説明します。

過去に原神についての記事を書いています。動画もあげていますので、よろしければ記事の閲覧やチャンネル登録お願いします!!

原神 2章稲妻編 まとめレビュー・感想 キャラクターとストーリーはどうだったのか? 璃月はつまらないと感じた筆者の感想

原神 1周年直前レビュー 総プレイ時間約40時間 プレイして楽しいと思える人とプレイしてつまらないと感じる人の違い

スポンサーリンク

原神 初心者20連だけでも楽しむことは可能なのか?

原神のガチャ(祈願)は主に3種類存在します。

イベント
武器
通常
初心者(最初の20連だけ)


3種類のガチャの説明前に、初心者ガチャについて説明します。初心者ガチャは少ないガチャアイテム数で、20連まわすことができ、10連でノエル(☆4)、もう10連で☆4以上のキャラが確定します。私は、雷アタッカーのレザーが引けたので、当たりの部類です。

冒頭でもお伝えしたように、このゲームはストーリーを進めるだけで、アタッカー、サポーター、ヒーラーがバランスよく配布されます。

さらに、初心者ガチャ確定のノエルは、シールドをはることができ、シールドに回復能力があります。さらに防御力のパラメーターの応じて攻撃力が算出されるため、しっかり育てると、壁、回復、攻撃をこなすことが可能になります。


最近では、ホライゾンとのコラボにより、アーロイ(☆5)が配布されました。原神の勢いを考えると、コンボも積極的なコラボが行われる可能性は高いです。

冒頭でお伝えしたように、原神は無課金でも十分遊べる作品です。私はゲーム冒頭の30時間ぐらいは、無課金でずっと遊んでいました。現在でも70時間近く遊んで、3000円ぐらいです。

 

原神 ガチャの種類

原神のガチャは、イベント、武器、通常と3種類存在します。

イベントガチャ

定期的に更新され、多くの原神プレイヤーが注目するガチャ。ストーリー進行にあわせて、活躍したキャラが☆5,☆4として登場します。

ストーリーで活躍したキャラや、かなり強いキャラが登場する傾向にあります。原神はまだストーリーの半分程度も消化しきれていないので、今後も素晴らしいキャラが追加されます。

武器ガチャ

名前の通り、武器が排出されるガチャです。キャラが一定数たまって、火力をだしたい、元素(魔法)を効率よく出したいという場合、最終的にお世話になるガチャになります。

通常ガチャ

これまでイベントなどに登場した☆5のキャラが一定数含まれているガチャです。一般的には、石を使って引くほどの価値はあまり見いだせないガチャです。

では、イベントガチャを例に、原神のガチャシステムについて軽く解説します。

 

原神 ガチャシステム 天井システムと単発の方がお勧めな理由

イベントを引き合いに、原神のガチャシステムについて説明します。☆4ピックアップキャラの説明もできますが、今回は☆5限定キャラを対象に解説します。

まず、原神のイベントガチャの☆5排出率は、0.6%です。他のスマホゲーだと3%とか6%などは聞いたことがあるので、かなり渋く感じるでしょう。

一方で、原神のガチャは、一定回数ひいたら必ず☆5や、☆5限定キャラがでる天井の概念があります。

1人のキャラがほしいために、10万円持っていかれた・・・ということはないです。(限界突破するなら別ですが)

原神 2章稲妻編 まとめレビュー・感想 キャラクターとストーリーはどうだったのか? 璃月はつまらないと感じた筆者の感想

原神 1周年直前レビュー 総プレイ時間約40時間 プレイして楽しいと思える人とプレイしてつまらないと感じる人の違い

 

原神の天井システムと引継ぎについて

原神の天井は90回で☆5確定します。

スロットの天井と同じく、90回より前に☆5を引いた場合は、天井回数がリセットされます。80連目で☆5を引いたら、ちょっと損した気分ですね。

そして、限定キャラ(今回は雷電将軍)は、☆5キャラを引いた50%の確率で登場します。ただし他のキャラを引いてしまった場合は、次の☆5を引いたときは、必ず限定キャラになります。

運が悪い場合は、90連目で☆5をひいて、すりぬけて、次の90連目で限定キャラとなります。この場合、およそ4万程度の出費になります。イベントやデイリーをこなしてもガチャアイテムである石を獲得できるので、工夫次第で、費用は少なくなります。

また他のスマホゲーだと、30連目でスーパーレア確定といった場合は、10連ずつ引く場合があるのですが、原神は単発でも適用されます。

例えば10回目で☆4アイテム(武器かキャラ)が確定しますが、10連引いても、単発で1回ずつ引いて10回目でも確定で登場し、天井も同じシステムになっています。

過去にどれだけガチャを引いてきたかは、履歴で確認することが可能です。

さらに、☆5天井、☆5限定キャラ天井回数は、別のイベントにも引き継がれます。

例えば現在のイベントで50連引いて、☆5がでなければ、次のイベントの40連までに☆5が確定します。これはまた次のイベントにまたいでも、引き継がれます。

現在のイベントで☆5は取れたけど、限定ではなかった場合も、次のガチャで☆5をひけたら、限定キャラが確定です。

 

課金すべきキャラクターの目安

そのため、課金を考える場合は、「どうしてもこのキャラが引きたい」という気持ちがなければ、未来の魅力的なキャラ、強キャラを狙って待てばいいことになります。

自分のパーティーをみて、「次はアタッカーが欲しいな、男性キャラがほしいな、この属性が欲しいな」と考えて待つことが可能です。

ただし、運営はそのことを理解しているため、イベントで登場させた限定キャラは、なかなか復刻させないのも、原神の特徴です。

幸いなことに、原神は常にキャラのティアランク(強さ)が、国内や海外ともに更新されており、情報発信に熱心なユーザーも多い作品です。

ガチャがきたから、とりあえず引くではなく、少し様子見でもいいでしょう。

 

原神 原石をためるための課金方法について 空月の祝福が圧倒的にお得 初回ボーナスの仕組み

では、以上を踏まえて、原神のガチャを引きたいケースはどのような場合か、どのような課金をすればいいかを解説していきます。

まず、原神の課金のための石はデイリークエストの消化でも、手に入りますが、天井までを想定すると、なかなかたまりません。

石の購入は、主に2種類あります。1つは、30日間ログインボーナスで石が手に入る、空月の祝福です。およそ660円ですが、ガチャをおよそ20連引くことができます。

毎日ログインさえすれば、とてもお得に石をためることができますし、ゲームをしっかりこなせば、1日1~2回ガチャをひけて、ゲームの楽しみも増えます。

次に直接購入。初回チャージで、購入できる石が倍になります。初回と書かれていますが、9月のアップデートで、リセットされたので、1年に1回は初回チャージ倍で石を購入することができます。

本当に欲しいキャラがある場合は、お財布と相談しましょう。

 

原神 育成が非常に大変なので改めて☆5を手に入れる必要性は薄い リセマラ対策がされている?

もし、あなたが原神の課金を考えるなら

「どうしてもこのキャラが育てたい!!」「パーティに必要不可欠だと思う」この2点を重視して考えてみましょう。

原神は、育成のためのボス周回、聖遺物(防具)、天賦など強化要素が目白押しです。1人のキャラを戦力にするだけでも、相当な時間と労力を要求されます。

パズドラやモンストのように、ダンジョンによっての適性キャラは存在するのですが、メインストーリーは、主人公の攻撃力を愚直にあげても、なんとかなる難易度に設定されています。

そのため、無課金でずっと遊んで、☆4のキャラがある程度成長した・・・という人は無理して課金する必要がなく、逆に☆5を手に入れたことで、急いで育成させて疲れて、このゲームに飽きる可能性の方が高いです。

逆にコンテンツもある程度消化して、育成アイテムがあまりにあまっている。今後のコンテンツを充実させるために欲しいという理由なら、ありかもしれません。

また、原神はリセマラ対策?なのか、例えば現在のイベントガチャの雷電将軍をリセマラでゲットしたとしても、強化するための素材は30時間ほどプレイして、到達できる稲妻以降しか手に入りません。

別に☆5なので、サポート運用だけでもできないことはないですが、ごりごりのアタッカーで、最初からメインで運用するのが、きつい仕様になっています。

そのため、ゲーム進行にあわせた配布キャラを育てた方が、攻略効率は良くなるように作られています。

 

以上が、これから原神を始める人も想定した、原神のガチャシステムガイドになります。

最高レアリティの確率が低いこと、天井救済があること、獲得したとしても育成がかなり大変な作品であること

色々踏まえ、原神を遊んでみてどれだけこのゲームに打ち込めるかで、課金を考えてもいいでしょう。

原神 2章稲妻編 まとめレビュー・感想 キャラクターとストーリーはどうだったのか? 璃月はつまらないと感じた筆者の感想

原神 1周年直前レビュー 総プレイ時間約40時間 プレイして楽しいと思える人とプレイしてつまらないと感じる人の違い

 

タイトルとURLをコピーしました