夏だ!!水着だ!!FGOだ!!そして、ウエハースだ さすがバンダイ、オタクの心をわかっているぜ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

FGOが人気出る前から、VITAでFateは遊んでいたのですが、FGOの存在を認知したのは、その数年後のこの動画でした。

FGOで最もエッチな女性を決める討論会 in ロシア

あたからず、遠からずというか、もともとR18のゲームなんで、こういう議論がされてもおかしくないわけです。ここまで人気が出るなら、クラナドみたいに最初から全年齢対象の方がよかったですね・・・まぁ2004年ならそういう英断も難しかったような。

 

さて、今回もFGOネタです。そしてカードネタ。

ジャジャジャジャーーーーーン

FGOウエハース!!

なんと第4弾です。

なんだビッ○マンじゃないのか・・・・

そして、ロッテでもなく、製作はバンダイです。

おひとつ130円ぐらいで、上質なクリームウエハースとカードが一枚ついてくるドン!!

ちなみに、この尻前回のアトルリアのパッケージをコンビニで購入しました^^

対応したのは、僕よりはるかに若いお姉さんです。気を悪くしたらサーセン。

ちなみにFGOアーケードのセガの物理カードとの比較もあります。

FGOアーケードのレビューは下記にて簡単にやっています

Fate/Grand Order Arcade シングルを3000円ほどプレイして契約は辞めました

FGOアーケードが継続できないと思いましたが、こういう形でライトにFGOに参加できるのは良いですな~

そして、3枚開封~~~もちろん、ウエハースは責任をもって食べました。(昔、適当に開けまくったビックリマンを親に食べてもらいました・・・ごめんなさい)

うは~~~ブログの神様が、ちゃんとノーマル、レア、スーパーレアを当てさせてくださった~~~

さて、ノーマルの源頼光からこだわっています。いや胸の大きさがじゃなくて。

写真だとかなりわかりづらいですが、周りの銀枠、そして装飾品が少し光っています。

カードはすべてフィルムで個包装されており、ウエハースの欠片をがっちりガード。そして、「プラスティック」でできています(ここかなり重要)。

次に、清楚なレアのマリーアントワネットですが、遊戯王のアルティメットレアのように、周りがレリーフ気味に鈍く光っており、それによって、マリーアントワネットが少し飛び出したように錯視します。

そして、スーパーレアのネロ・クラウディウス。こちらも鈍い光ですが、パラレルように縦線、横線が光っています。ちょっとはっちゃけすぎていて、個人的にはレアの方が好きかな~

では、セガの現在稼働中のFGOアーケードとの比較

大きさはわずかながら、セガの方が縦に長く、バンダイの方は横に長いです。

どちらもイラストは美麗ですが、セガはゲームとイラストの差異はなく、ウエハースもゲーム準拠ですが、綺羅やラメ加工がされており、工夫されています。これは、好みの問題だと思います。元のデジタルカードがそのまま現実になったことに喜びを覚えるか、アレンジを評価するか。

カードの質は、セガが紙、バンダイがプラスティック(おそらく)。強度やこれからの耐久性を考えるなら、バンダイです。

次です。問題は

裏面・・・セガはタロットカードの裏のように美しいシルエットですが、バンダイの方は、キャラの全体図、レアリティ、ゲームで育てた場合の最大値、そしてFateを遊ぶうえでもっとも知りたい、キャラの出自。TIPSがあるのもgood。コレクション性、ファンアイテムとして、そしてFGOを知らない僕のような新参にも嬉しい仕様になっています。

もちろん、「アーケードゲームで遊べる」という最大の強みをセガはあるのですが、逆に「ゲームで使えるとなるとお金をかけてしまうから・・・」ということで、バンダイはお財布にも優しいでしょう。オークションでも簡単に手に入る時代です故。

 

評価されているからこそ、第4弾まで発売されているウエハースカードですが、非常にクオリティが高く、これがビッ○リマンの倍ぐらいの値段で買えるなら、コスパはよろしいかと。本当にFGOのファンなら抑えている商品かと思いますが、アーケードをプレイした縁で買ってみました。

(いまや、スマホゲーレベルでコラボしているビックリマンですが、子どもたちの間で再ブームってほどでもないので、当時の子供が大人になってビックリマンを支えているのでしょうか)

2日後・・・もう一度ウエハースを購入しようと思いましたが、誰かが課金していたのか、最寄りのコンビニで売り切れておりました・・・