えらいてんちょう最新 「NHKから国民を守る党」の研究 立花孝志氏より危険なもの

スポンサーリンク

スポンサーリンク

先日、立花孝志氏に直接凸した動画が物議をかもした矢内東紀氏ことえらいてんちょう。NHKから国民を守る党を国政政党にした、立花孝志氏の政治的手腕や、YOUTUBE、ツイッターを活用した宣伝力は、注目し、ホリエモンやDaiGo氏含めた知識人インフルエンサーに評価されているが、立花孝志氏のパーソナリティについて、深く言及された本書や人物は、えらいてんちょうをおいてほかにいない。
「NHKから国民を守る党」は危険なのか?そしてなぜ人に影響を及ぼしているのか。N国支持者、アンチはもちろん、中立な視点で、疑問を抱いている人に対してのアンサーが詰め込まれている。


ちなみに、えらいてんちょうに関する書籍のレビュー、そして、社会問題について過去のブログで記事にしているので、よろしければ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

なぜNHKから国民を守る党に疑問を抱いたのか?

実は、京都出身の筆者は参議院選挙でNHKから国民を守る党に票を入れている。

ワンイシューのわかりやすさと、立花孝志氏の動画の面白さで、親しみを覚えたからだ。えらいてんちょう氏が危険視している、策にはまってしまった。

 

一方で、アンチNHKから国民を守る党が生まれ始めた、マツコ・デラックス批判騒動のころから、危険視はしていた。

 

NHKが暴力団を集金人に使っている事実は確定でないにせよ、集金人の中には、強引な性格の人がいて、困っている人が一定数いるのは事実だろう。

 

それに対して、コールセンターや撃退シールを作ったことはいい。ただ、そこで止めておく、またはその活動を動画で、報告するにとどめるべきだ。

特定の個人を訴訟したり、批判することは、他人のトラブルや批判を娯楽化しているだけではないか?という考えに至った。

 

より根本的なことをいえば、スクランブル放送がされることで、NHKの組織体制が健全化されるのか?公共放送としての使命が強化されるのか?そのあたりも考え直す必要があるだろう。

「NHKから国民を守る党」の研究は非常に読みやすく、立花孝志氏の危険性を本格的に掘り下げた本

本書は、「NHKから国民を守る党」の研究というタイトルだが、実際は「立花孝志の研究」という側面が強い。(もちろん、N国議員のインタビューや、えらいてんちょう氏にあてられた批判コメントなども挙げられ、現象としてのN国の存在も載せているが)

 

 

立花孝志氏からNHKから国民を守る党を読み解くという手法は的確だ。なぜならNHKから国民を守る党を語るうえで、立花孝志氏の存在は切っても切れず、議員は、立花氏の思想に倣っているものも多く、支持者の中には、立花氏のカリスマ性を支持している人が多いからだ。

 

えらいてんちょう氏は、実際に立花氏にやじ馬スタイルで、そのまま凸している。

立花孝志凸

 

えらいてんちょう氏のように、パーソナリティやツイッターや掲示板も含めた発言に着目して、NHKから国民を守る党を分析する知識人は、初めてではないだろうか?

 

党首の立花は、証拠に基づいた事実の認識ができず、妄想に基づいて物事を進めるほか、歴史の知識など基本的な教養を持たず、その一方で自身を「法律・数学の専門家」と称し、党の運営においても独裁的にふるまっている。

 

初期の立花の書き込みはNHKに対する愛憎が5割、パチンコ稼いでいるという自慢が5割で、NHKとパチンコのことしか頭にないことが見て取れる

冒頭から上記引用文のようなテンションだが、このテンションが200ページも続くのだから、すごい。

それだけで、この「NHKから国民を守る党」の研究は、一読の価値があるといっていい。

感心すべきは、このような研究本というのは、ハードカバーで400ページぐらいで、文字が細かいものが多く、初心者には手に取りづらいものも多いが、本書でえらいてんちょう氏が警鐘を鳴らすべき内容は、終盤のQ&Aを見るだけでも、かなりつかめる。

さらに、各章ごとに短文のまとめが掲載されており、斜め読みを助けている。

 

立花孝志氏は、選挙戦略もさることながら、YOUTUBE戦略で人の心を掴む、共感を生むことにたけている

ただ、本書はいたずらに立花孝志氏のパーソナリティを批判するだけにとどまっていない。

立花孝志氏がはじめしゃちょーよりも早く、YOUTUBEの拡散性、有用性に気づき着手し、炎上や批判に対して、耐性をもっているが、一方で安定した給与や地位がほしい動画投稿者に着目し、取り込んでいることに注目している。

  • YOUTUBEは丁寧に編集してアップするものという常識の中で、無編集動画を上げ続ける。無編集動画は、ドキュメンタリー性が高く、共感されやすいメリットがある
  • Daigo氏とは、直接的なコラボができなくても、動画に対してアンサー動画を上げ続けることで、実質間接的なコラボ動画として、再生数の相乗効果を狙っている
  • 「NHKをぶっ壊す」というワンイシューのわかりやすさはもちろん、批判する相手は、マツコ・デラックス、二瓶議員など「一つの動画につき一人」を基本としており、動画の争点がわかりやすいものになっている

このように、現在のYOUTUBEで当たり前とされていることの、逆をつくことで、人の関心を寄せている。

 

立花孝志氏の法や個人攻撃に対する考えは、ゆっくりだが、確実に浸透している

えらいてんちょう氏が最も危険視しているのが、立花氏が法に対して、独善的な解釈をしているという点で、立花氏のみならず政治家や市長、そして支持者までも、公平な視点を失って、法に対して、独善な解釈をしてもよいという認識が波及してしまっているという点である。

このように、N国党のするひとつひとつの行動は「罰せられないもの」、または「罰せられないほど軽微な犯罪」であっても、N国党が「これは破ってもなんともならないんだ」といって破壊したラインは確実に大衆に影響を及ぼし、結果的に政府にも影響を及ぼす。
N国党のひとつひとつの行動が開いた地獄の釜が、より悪いものを放出していくということを、まだ自由な言論が行えるうちに指摘し続けることがだ。

 

 

「NHKから国民を守る党」の研究は、オウムなどのカルト宗教や、たびたび「似ている部分がある」と立花氏が語るナチスなど、一定層を扇動、洗脳したとされる集団との比較が、蜜に行われていた。

 

あと、問題視される点としては、撮影禁止の場所で撮影していることや、批判者や離党者の住所や家族情報といった個人情報を晒している行為だろう。

 

特に、個人情報を掲載することによって、身に覚えのない代引きの荷物や、危険な荷物といった悪質な嫌がらせが起こっていることを指摘している。

 

現代のテロリズムは、拠点と組織が存在し、そこへ人間が勧誘され訓練を積んだうえで実行されるというよりも、インターネット上での特異な主張に共感した人間が独自に行動を起こすという特徴がある。これは、N国党の組織図と非常によく似ている。

 

立花孝志氏のパーソナリティに関しても危険視しているが、立花氏の発言に対して、過度な義憤を抱いている周りに対しても、えらいてんちょう氏は危険視している。

一方で、NHKから国民を守る党は、オウムのようにサリンを起こすようなトップダウン体制にもなっていないし、ナチスにもなりえないと指摘している。

 

直ちに社会全体に影響を及ぼすものではないが、現にNHKから国民を守る党によって、精神的、社会的なダメージを受けている人が、いるため、看過できないわけだ。

 

その本質が、垣間見えるのが、NHKから国民を守る党の議員のインタビューであるが、本書が実際に購入されることも重要なので、あえてブログでは、インタビュー内容には触れない。

 

NHKから国民を守る党の批判同様に、無責任な「知識人インフルエンサー」への危険性にも警鐘を鳴らしている

えらいてんちょう氏が、立花孝志氏に批判的なスタンスをとっているのは、前述から明らかだが

戦略が素晴らしいなどと持ち上げてしまう堀江貴文やメンタリストDaiGoといった「知識人インフルエンサー」の良心のなさ、節操のなさ、倫理観の狂い方には失望するほかない

最後の一文が、強烈な批判になっている。

YOUTUBEといえば、コラボ動画がつきものだが、テレビで活躍した知識人が、コラボすることで、一般人でも、誰でも知名度がブーストするという現象は、危険といえる。

 

立花孝志氏がYOUTUBERとして成功をおさめたのは、彼のクレバーな選挙戦略や、マスメディアに持ち上げられたことも一因だが、一部の熱烈なフォロワーを抱えている、知識人インフルエンサーの後押しが、無視できない。

 

 

繰り返すように、立花氏が「ホリエモンや橋本知事といった頭のいい人が僕を評価してくれる」ということを繰り返すことで、潜在的に「立花氏を支持することは、僕たちも賢い人になれる」ということを意識付けられるメリットがある。

これは、立花孝志氏が表舞台から消えれば、解決する問題ではなく、第2第3の同じような人物が現れる土壌が整っていることを意味している。

 

 

 

NHKから国民を守る党の研究を研究する YOUTUBEというメディアの危険性

理想としては、「NHKから国民を守る党」の研究は、N国支持者が読むことで、別の価値観を考える機会になればいいだろう。

 

しかし、中立な立場の人も、逆にアンチN国の人も、NHKから国民を守る党の動画を見て、解消されない疑問点が明確になるかもしれない。

ちなみに、この本は、端々に立花孝志氏に対して、攻撃的な意見があるが

  • マスメディアと異なるといわれながら、プロパガンダとして機能しかねないYOUTUBEの恐ろしさ
  • マウントをとったり、再生数を稼ぐために倫理観を破棄している「知識人インフルエンサー」の危険性

これがわかっただけでも、かなり勉強になった一冊だった。

 

(こちらも1月31日に発売されるようなので、読んでみようと思う)

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
未分類
tukasamakotoをフォローする
スポンサーリンク
京都のドラッグストア店員ブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。