名物おでん 夷川燕楽 魚のレベルも高い人気の高さがうなずける料理屋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

丸太町、神宮丸太町、市役所前のトライアングルの丁度真ん中に位置する夷川燕楽に行きましたので、その感想を書きます。

おでんの提灯がいいですよね。小料理屋、創作料理もされており、表から見える景観もなかなか美しいです。

カウンターの向こうには、板前さんが4人ぐらい料理を作っていらっしゃって、それを待つスタイルでした。座敷や二階席もあるのですが、人気のある店なので余裕をもって、予約されるのが一番ですね。

早速、友人と一緒におでんをいくつか頼みました。

値段は100円後半から300円後半が主体。中には500円近いたこもありましたね。

具は1人前あたり2つに切られています。

あらかじめしっかりと出汁が沁みています。魚がおいしい店なのですが、魚の出汁が出ているのかな?と思う節が。

ネタが大きいわけではありませんが、味わいが凝縮されており、本来の甘さがちゃんとあります。ジャガイモは、皮をそのままむいて出されたような形で、ほくほくでしたね。

湯葉や豆腐といった京都らしい具も多く、豆腐は一つの容器に細長いものが出されましたが、くちどけが非常に素晴らしく、大豆の甘さがしっかりと濃縮されていました。

単品で鯖、豚の角煮、鰤大根、白子を食べました。前述したとおり、お肉よりも魚の刺身などがとても新鮮で、歯ごたえがあって、鰤大根のほろほろした鰤の味わいは忘れられませんね。

(男は黙ってロック・・・すいませんお冷やください!!)

最初はビールを飲みましたが、次は焼酎の中々をセレクト。ボトルキープしている人も多いですね。魚と焼酎・・・うーん大人になったな~いやおっさん?

シメはおでんのスープをふんだんに使った雑炊にしました。温かくておいしかったですね。1人前でもなかなかのボリュームです。まさに大満足

価格は一人当たり5~6000円ぐらいでしたね。おばんざい屋よりは高いですが、料亭よりは安く、新鮮な魚とあつあつのおでんがどれも高いレベルでまとまっていて、人気があるのもうなずけましたね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。