ドキシン錠 感想・レビュー 筋肉痛を一日も早くほぐしたい・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

仕事で、脚立の昇降を激しく繰り返した結果・・・

ふとももが筋肉痛に。あぁ、アラサーなんだな・・・まだまだ自己治癒できる範囲ですけど、飲み薬で何とかしてみました。

最初は、こむら返りの特効薬の芍薬甘草湯を考えていたんですけど、以前気になっていた、ドキシンって薬を試してみました。

筋肉をほぐし、痛みを伴う肩こり・腰痛に速く効く。

筋肉痛になったら、反射的に貼り薬をチョイスしたくなりますが、解熱鎮痛剤でも一時的に痛みを止めることはできます。

このドキシンにも副成分として、エテンザミド、無水カフェインと痛み止めの補助としてメジャーな成分が含まれています。

主成分は

メトカルバモール

という、まるでドラ〇エのような呪文の名前です。

骨格筋の緊張を鎮める成分で、骨格筋の緊張をもたらす脊髄販社を抑制する作用があります。
筋肉のこりを和らげ、腰痛、肩こり、筋肉痛、関節痛、神経痛、打撲、捻挫などに使われます。

12歳未満は服用できません。

イブプロフェンやロキソプロフェンのように、プロスタグランジンを抑えるわけではありませんが、消化器系の副作用として、胃部不快感があらわれることがあります。

また、鎮静作用があるため、服用後の運転操作は控え、さらに鎮静成分が配合されている薬と併用できません。

飲んでみましたが、1~2日の2~3回服用ですぐに効果が現れました。筋肉痛がさっぱりとれたわけではありませんが、たしかにほぐれたように柔らかくなって、動くことによる痛みはかなり緩和されました。

一つ、難点があるとすれば1回2錠で、楕円県のやや大きめな錠剤という点でしょうか。

筋肉痛であれば、下手に貼り薬を使うよりは、この薬も視野にいれてみるのもいいかもしれませんね。

歳を重ねるごとに、筋肉痛が発生した時の戻りが遅くなるので、こういった薬のサポートも受けて、できるだけ身体をベストの状態に整えておきたいですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。