docomo(ドコモ)新プラン ahamo(アハモ)のメリットとデメリットのおさらい UQmobileユーザーの僕が乗り換えるべきか考える

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

docomoが年末に発表した、新しいahamo(アハモ)というプランについてUQmobile(ユーキューモバイル)ユーザーの筆者が感じたことと、比較とこれからどうするべきかをまとめた記事になっています。


ユーキューモバイルに関しては、YOUTUBEや過去の記事でまとめています。よろしければ参考にしてください。

楽天アンリミットが登場しても、UQmobileのスマホプランを使い続ける理由 |スマホプラン お得度 速度 最安値

UQmobile スマホプランR 1mbps 衝撃の速さ 高速回線でなければ遅いという呪い

 

楽天モバイルよりお得? UQモバイルとの契約を続けるたった1つの理由
スポンサーリンク

ahamoのメリットとデメリットのおさらい UQmobileは比較すると下位互換になってしまった

アハモのメリットとデメリットについてざっくりとまとめてみました

アハモのメリット

  1. 料金プランは2020年12月時点で1つのみの2980円(税抜)でわかりやすい
  2. データ20GB使用可能(超過後も1mbps)、国内通話5分まで無料
  3. 高品質な4G、5Gネットワーク
  4. 先行エントリーでdポイント3000ポイント贈呈
  5. 2年縛りなどの解約がらみのペナルティはない
  6. 修理やサポートは専用アプリだけで済ませられる

アハモのデメリット

  1. 実店舗での契約ができない、修理やサポートも基本アプリのみ(対応はチャットのみで電話対応はない)
  2. 支払いは口座振替かクレジットカード払いで請求書払いは不可能
  3. docomoのメールアドレスは使用できない
  4. 専用の端末などはまだ未発表(simフリー端末で代用と思われる)

 


アハモは、自立した若者をターゲットとしており、デジタルネイティブで、ネットだけで手続きが完結することにアレルギーを感じない人たちにとっては、メリットの大きいプランになります。

また、サブブランド的な立ち位置となり、UQ、Ymobile、楽天モバイルからの後発の利を活かしています。

専用端末などはまだ発表されていませんが、SIMフリーのiPhoneなどで使用したほうが幸せになれるでしょう。

既存の20GBプラント比較すると、Ymobileは4480円、UQは3980円と非常に安いです。

UQmobileの場合、同価格の2980円のプランだと、10GBで、電話料金も30秒20円で、無料枠がありません。現時点では、完全に下位互換です。

 

20GBと速度制限1mbpsについて

アハモの売りである20GBについで、私はUQの10GBプランを半年近く利用していますが、仕事と自宅を行き来して、休憩時間にYOUTUBEやスマホゲームを触る程度であれば、20GBあれば十分に使用できるでしょう。

また20GBであれば休日中に2~3時間ほどYOUTUBEを見ても、使い切れるのではないでしょうか。

ただし、楽天モバイルやUQmobileのように、消費GBを低速にして消費を抑えることができないと思われるため、自宅でWi-Fi環境が整っておらず、ずっとYOUTUBEやゲームをする人は速度制限がかかるかもしれません。

 

 速度制限であっても1mbpsは相当優秀

速度制限の1mbpsに関しては、スマホゲームだとダウンロードはかなり遅くなります。

SNSの利用、テキストデータを見る、画像の表示はストレスなく表示されます。

YOUTUBEなどの動画視聴については、コメント欄が表示されにくくなります。動画をいきなり2倍速で見ようとすると止まってしまいます。

単に検索するだけ、ちょっと調べ物をするだけなら1mbpsでも十分に使用しやすいでしょう。

 

携帯ショップ 実店舗は必要なのか

アハモのサービスは、専用のアプリでチャットで応答できたり、ケータイ補償も郵送で行うようです。

逆に実店舗でのサービスは全く行わない方針です。これはUQ、Ymobile、楽天モバイルとは異なるアプローチになります。

時間に追われる現代人なので、チャット機能などが充実している方が質問しやすいと思う人も多いでしょう。

私もUQの実店舗が近所にありますが、使用したことがありません。

 


ただ、せめて電話による応答は残してほしかったなと思います。実店舗だけでなく、テレフォンサービスまで削ることで可能になったプランと考えるべきでしょうか。

ちなみに、比較対象として適切ではありませんが、私はdカードゴールドを所有しておりチャットサービスを使ったことがありますが、迅速かつ円滑にコミュニケーションしてくれます。

ただ、文章だけではこちらの伝えたいニュアンスが伝わりきらないこともありました。

コミュニケーションがテキストだけという点に、デメリットを感じる人が増えるのか、それとも「チャットってすごい便利だね」と発見する人が増えるのか。

ahamoの登場で楽天モバイルは終了なのか?

よく言われているのが、アハモによって、楽天モバイルは終わってしまったのかという話です。

両者を比較した場合、楽天モバイルは、楽天通信網であればGB使い放題で、楽天リンクというアプリ経由なら電話もかけ放題です。

ただし、通信の安定性はdocomoに信頼性があるという点で、アハモに軍配を上げる人も多いでしょう。これは感覚的な問題や、住んでいる地域に影響されるため、一概に楽天モバイルが劣化しているとは言い難いです。


 

私の場合、京都市内に住んでいるので、楽天モバイルに魅力を感じますね。

そして、両者の違いとしては、ポイントとして有用なdポイントと楽天ポイントの違いです。楽天経済圏であれば、楽天市場での還元率がよくなるため、楽天モバイルがベターになるでしょう。

 

 

dポイントを主に活用しているのであれば、今後もdカードとのお得なキャンペーンが企画される可能性があるため、アハモも検討したほうがよさそうです。

裏を返せば、ポイントサービスにおいてメリットを提示できないUQやYmobileは単に価格を並べるだけでは、ユーザーを取り込むことが厳しいかもしれません。

 

よく言われるのが、楽天モバイルの1年無料期間を利用して、そのあとに楽天モバイルが使いやすければ継続、使いづらければアハモに乗り換えという方法です。

おそらく半年~1年でUQやYmobileも競争するプランを立ててくる可能性は高いです。

まだ、アハモの登場で他のサブブランド使用者が絶望して、乗り換えるのは早いかもしれませんが、そう感じさえるぐらいに衝撃的なプランであることは間違いないですね。