デッドバイデイライトDBD 5周年記念 なぜこの作品は人気になったのか? 良ゲー?クソゲー? コラボキャラについて 本田翼やyoutubeとの兼ね合い

ゲーム温故知新(ゲームレビュー+考察)
スポンサーリンク

スポンサーリンク

リリースからいよいよ、5周年をむかえるDBDこと、デッドバイデイライトについて。このブログでは、過去に本作の内容やプレイフィールについてお伝えしましたが、なぜデッドバイデイライトという作品が人気で、5年も継続することができたのか?その人気の理由や人気の秘訣について考えていく考察記事になっています。


このブログでは、ドラッグストア店員で登録販売者の筆者が、ゲームレビューをしています。よろしければ、他の動画もお願いします。youtubeもやっています。チャンネル登録、高評価お願いします。

デッドバイデイライト オリジナルキラーのストーリーの要約+考察 前半

デッドバイデイライトでフレディを使って好きになったから、元の映画を見たらもっと好きになるぞと思ったら・・・・

デッドバイデイライト PT(パーティー)VC(ボイスチャット)を使ってみて

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デッドバイデイライト人気の理由 オンラインプレイにおけるストレスの少なさ

デッドバイデイライトは、非対称オンラインというジャンルを確立させた作品です。

生存者4人とキラー1人の鬼ごっことかくれんぼを混合させたような作品です。

生存者が、マップ上に散らばっている発電機を5個起動させて、ゲートから逃げるまでにキラーは生存者を攻撃して、捕獲して倒す必要があります。


キラーにはそれぞれ固有の特殊能力があり、キラーと生存者ともに特定の条件で発動するパークを3つまで、選択してつけることができます。

パークは、生存者やキラーのレベルをあげて取得数を増やしていくシステムのため、やり込み要素となっています。

 

デッドバイデイライトは、生存者でプレイされる方が多いと思われますが、スプラトゥーンのように、プレイヤーがミスしても負担が少ない、残りのプレイヤーで役割分担してカバーしあうことが可能です。

私がプレイしたオンラインゲーム、例えばFF14やレインボーシックスシージなどは、個々の役割が非常に重要で、些細なミスが、重大な結末を招く可能性があります。


そういった作品は、成功した達成感は大きい反面、失敗のストレスもおおきくなる可能性が高いです。

デッドバイデイライトは、キラーの場合は1人だけなので、責任も1人で負えばよく、生存者でプレイしても、上級者同士の対戦でなければ、負担は少ないです。キラーをかく乱するという高等テクニックをもっているプレイヤーもいれば、ひたすら発電作業するだけのプレイヤーもいます。

 

スポンサーリンク

デッドバイデイライト人気の秘訣 操作の簡単さによる復帰のしやすさ

デッドバイデイライトは、テクニックや操作よりも、知識や情報量に重きをおいた作品になっています。

そのため、操作に必要なボタン数は、R、Lのそれぞれ2ボタンの計4ボタンが基本になります。

最新のキラーやパーク情報は、ネットで覚えなおす必要はありますが、操作がシンプルであるため、プレイしながら思い出すことも可能です。


特にキラーは遊びながら覚えた方が、効率よくプレイできます。

この操作の簡単さが、復帰のしやすさにつながっています。オンラインゲームを長期間運営するためには、新規プレイヤーを発掘しつづけることよりも、離脱したプレイヤーをいかに戻すかも重要になります。

 

スポンサーリンク

デッドバイデイライト人気の理由 芸能人の参入 解説youtuberの質の高さ

国内に限定すれば、本田翼さんや、狩野英孝さんのように、役者や芸人さんのプレイヤーが多くyoutubeで発信されていることが、人気の後押しとなりました。

実際にデッドバイデイライト1マッチぶんは、10分~20分程度と、youtubeの動画を発信するうえでは、ちょうどよい時間といえるでしょう。

また、デッドバイデイライトは多くのyoutuberに愛されており、デッドバイデイライトを専業にしているyoutuberもいます。

なかには、チャンネル登録者数10万人超えもいるため、現実的にデッドバイデイライトの情報を発信することで、生計を立てている方もいると思われます。またまとめサイトやブログでもデッドバイデイライトの情報発信をされている方は多いです。

また、デッドバイデイライトは見るだけでも楽しめるため、潜在的な新規プレイヤーは多いです。

一昔前だと、ゲームの基本情報や攻略情報などは、メーカーが金銭を払って、出版社にいらいしたり、自分たちが調べて発信する手間が必要でしたが、youtubeの広告収益モデルによって、発信者は収益が得られ、メーカーは委託する手間がはぶけました。

 

スポンサーリンク

デッドバイデイライト人気の秘訣 有名ホラー映画、ゲームとのコラボ

デッドバイデイライトは、ここ5年間で、様々なホラー映画、ホラーゲームとのコラボを果たしてきました。

6月にはバイオハザードとのコラボも実現しています。

映画もエルム街の悪夢のフレディや、ハロウィンのマイケル・マイヤーズなど、大御所とのコラボを実現しています。

ただコラボするだけでなく、登場させているキラーの能力は映画やゲームに準拠した、マニアも納得の作りになっています。

さらに、前述した「操作の簡単さ」によって、格闘ゲームのコラボキャラなどと違い、少し解説動画を見て、少しゲームで動かせるだけで、つかいこなしたかのように錯覚できる点が素晴らしいポイントです。

デッドバイデイライトはいろんなキラーを気軽にさわることができるため、格闘ゲームのようにキャラが増えることで、技や対策を覚えるという必要があまりないのも魅力的です。

以上が、デッドバイデイライトおよそ3年ほどですの若輩プレイヤーである私が気づいた本作の人気の理由や秘訣になります。

 

では、さっそくバイオハザードコラボを遊んでいこうと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました