本家 第一旭 たかばし本店 最後の晩餐で食べたい京都で一番好きなラーメン店

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

第一旭本店は、死ぬ前に食べたい醤油ラーメンです。

系列店は、新京極あたりにもあるのですが、本店は味がまるで違います。そして、行列もお昼は10人以上の並びは平日でも絶対です。

時間を外して14時に行けば楽勝と思いましたが、それでもギリギリでした・・・

定休日は木曜日で、朝の5時から22時という驚異の営業時間・・・

店の外装、内装は最近になって改装され、かなりきれいになりました。店員数も若干増えた気がします。

昔のよくある中華飯店のような内装も嫌いではなかったですけど。

まずは、餃子。無難にタレとラー油、そしてニンニクで食べます。6個で250円、これといって大きな特徴はない普通の餃子になります。

そして・・・ラーメン

はいきた~

腹減った~

京都駅へいってきま~~~~す

いたって普通です、いたって普通の醤油ラーメンです。シャキシャキのネギと豚バラが入っているだけですよ。

こちらは、特製ラーメン(850円)となっており、普通のラーメンよりボリューミーで、ネギとチャーシューの量も増やされています。

特に理由がなければ特製ラーメンを頼みましょう。これは命令です(笑)

シンプルイズベストとはこのことです。

 

醤油の色以上に濃ゆく、主張しているスープ。脇にコショウはあるんですけど、そのコショウがいらないぐらいに、醤油の味わいがしっかりしています。

脂身が足りなければ、チャーシューで補給します。

チャーシューとネギの重みで、麺がしっかりと熟成された醤油スープにからんでおり、ラーメンが届いて、すぐに箸で麺をすくいあげます。

どの麺も醤油スープと絶妙に絡んで、麺に醤油と適度な脂がコーティングされており、食べ応えが十分・・・そしてなぜか何度食べてもそれが飽きない・・・

素晴らしいスープを提供するラーメン屋はあります

素晴らしい麺を提供するラーメン屋はあります

素晴らしいチャーシューを鬼のせするラーメン屋もあります

しかし、ラーメンはすべてが反応しあって、すべてが絡み合って一杯のどんぶりで成立しているわけです。

ラーメン店は飽和状況といっていもいいほど、近隣に何店舗もございますが、何回も食べたくなるラーメンはなにか?それを考えさせられます。

学生時代は何気なく「ここシンプルでうまいな~人に勧めやすいな~」と思っていましたが、京都のラーメン店を少しでもまわって、感想を書くことで、第一旭本店の醤油ラーメンの凄さに打ちのめされました・・・

この店をお勧めしやすい理由として

  1. シンプルイズベスト
  2. 営業時間が長い
  3. 京都駅のすぐ近く

特に3点目は、京都観光のまさにシメとして訪れるには最適ではないでしょうか。時間を外さないと並びを覚悟しなければなりませんが・・・

私は、生粋の京都人ですが、第一旭本店で腹を満たし、京都タワーをみながら、京都駅へ向かうことにどこか風情を感じますね。夜だともう少し美しい風景が楽しめるでしょう。