エンドカ CBDチューイングガム 評価・口コミ オイルより使いやすい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

CBDオイルや、リキッドは有名ですが、CBDガムが販売されていることをご存じでしょうか?
今回は、よりリラックスタイムに使用しやすくなったCBDガムの紹介になります。
正式名称は、CBDチューイングガム150mgエンドカ。
購入場所は、CBD製品を多数取り扱っているネットショップ「ヘンプナビ」、ブランドは、「エンドカ」さんになります。


なお、過去にCBDオイル、CBD製品についてブログで紹介しているので、「CBDってなに?」「CBD使ってみてどうだった?」と気になる方に対して、有用な感想・レビュー記事を書いています。よろしければ参考にしてみてください。

また、ネットでは、CBDの吸引リキッドなども販売されています。それぞれVAPEタイプとヴェポライザータイプに分かれており、購入方法によっては、リキッドのみではなく、本体も付属しています。

 

※本商品は、あくまで食品であり、ブログの内容は個人の感想になります

スポンサーリンク

CBDチューイングガムは、忙しいサラリーマンや主婦でも生活に組み込みやすく、オイルのように分量を考える必要なし

CBDチューイングガムは、初めてCBDを試される方、またはもっと手ごろに日常にCBDを組み込みたい方にお勧めです。

cbd チューイングガム エンドカ

 

仕事中のリラックスタイムや、移動中などに扱いやすいです。CBDオイルの場合は、計って、たらすまでが必要で、作業をしながら使用することが難しいため、非常に使いやすくなりました。

 

 

使い方も簡単で、1粒を1日に1~3回に分けて使います。

CBDチューイングガムは、かなり小ぶりですが、CBD含有量を調節したい場合は、あらかじめ切ってわけて、利用することもできます。

 

 

オイルと異なり、固体になっているので、分量もはかりやすく、自分の調子にあわせてCBDを調整できるのが、最大のウリですね。

 

CBD通販サイトの「ヘンプナビ」でも6つものレビューがすでに投稿されており、人気の高さがうかがえます。

 

 

CBDチューイングガムの味は、軽快なミントの味わい

ガムは、オーガニック仕様になっており、味わいも華やかなミントの香りがしますが、しばらく噛んでいくと、すぐに味がなくなります。

そのため、ガムに強い味わいを求め、それを気分転換と考える人なら不向きかもしれません。

 

 

逆にCBDの良さをあらかじめわかっている人や、逆に味に紛らわされずに、CBDで体調を整えたいという人にとっては、扱いやすい商品といえます。

 

大きさは、板ガムというよりは粒ガムに近く、硬さがそこそこあり噛み応えが結構あります。歯が弱い人には、ややお勧めしにくいです。

 

 

味はありませんが、ガムをかむということが、一種の緊張緩和につながっているので、リラックスタイムに取り入れやすいです。

 

CBDチューイングガムとCBDオイルの決定的な違い

CBDチューイングガムとCBDオイル、ともにエンドカ製で使用してみましたが、決定的な違いは、使う局面にあるかと感じられました。

端的にまとめると

  • CBDチューイングガムは、勤務中、活動中の合間に使いやすい
  • CBDオイルは、自宅のリラックスタイムに使いやすい

 

CBDチューイングガムの場合は、硬めのガムであるため、ちょっとした休憩時間や、寝起きのあわただしい時に使用しやすくなっています。現役世代などに向いています。

 

一方で、CBDオイルは、噛むという動作ではなく、口にオイルをなじませながら服用するため、家でゆっくりと落ち使いたいとき、就寝前に使用すると体調を整えられているような気がします。

 

また、ヘンプナビでは、毎日使用して体調管理のために使用することを推奨されていますが、多少日にちが空いていたほうが、「活躍しているかな・・・」と感じられるのが、僕の感想です。

どちらもCBDの含有量が大きく変わらないです。強いて言えば、オイルの方が調節はしやすいです。ただし、どちらも低濃度であるため、初心者が入門として使用しやすいです。

 

結論 CBD製品は購入する価値やメリットがあるのか?

主にCBD製品を

  • ストレスがたまりやすく、落ち着かない時
  • リラックスタイムに
  • さわやかな朝を迎えるために

これらの場面で、使用してみました。

 

 

現在は、同じような性能のサプリメントを使用していますが、CBDの方が、リラックスしやすい、体調が整えやすい、やるべきことを考えられやすいという状況になりやすくなりました。

ただ、これはネットの評判や、人よりもCBDの情報を入手しているからで、プラシーボ効果(思い込み)の領域を出ていないかもしれません。

 

 

毎日ずっと使い続けたからと言って、実感しやすい・・・というものでもないのが、難しいところです。

CBD製品だけに頼るのではなく

  1. 睡眠時間を積極的にとるようにつとめる
  2. 瞑想(深呼吸を繰り返すことだけを意識する)する時間を持つ
  3. 自分を客観的に見つめる時間を作る

 

 

精神や気持ちを整える時間や自助努力を持ちながら、どうしても対応できない時に、使ってみるのがお勧めです。

新年を迎えて、希望や期待を持つ半面、新しいことに挑戦しようとする不安を抱えている人も多いでしょう。現状維持だけでも大変な世の中です。

そういった方々のサポートに慣れる商品にCBDは成長できると思っています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
未分類
tukasamakotoをフォローする
スポンサーリンク
京都のドラッグストア店員ブログ