積立NISAを満額40万楽天カードで引き落とすと、39万6000円で運用できてしまう話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ハッピープログラム改正によって、積立NISAを毎日積み立てるメリットがほぼなくなったので、毎月積立に戻そうとしたところ・・・・

2018年の10月ごろから施行されたみたいですけど、楽天カードのクレジット決済で積立投信できるみたいです。

僕がNISAを開始したのは、昨年の春から夏にかけてでしたので、ギリギリ気づきませんでした。最近、楽天カード作ったばかりなのでラッキーです。

決済100円につき1ポイントは変わりません。ただし引き落とし上限は5万に設定されています。

日ごろからお金にゆとりがあって、たくさん投資したい人は、楽天カード支払い口座からなら、上限もなくボーナス払いもできます。ポイントはつきませんけど。

年間の利用上限が40万の積立NISAなら無理なく達成できます。しっかり利用しきることで毎年4000ポイントゲットできます。

これを仮に無駄なく積立NISA上限の20年間無駄なくできたとしたら・・・

4000×20=8万ポイント

凄すぎワロタ

まぁ、どちらも20年間しっかりサービスが続くと仮定してですけどね。楽天証券の積立NISA推しぶりがわかる施策ですね。

8万円分の買い物ができるという解釈もできますし、積立NISAは楽天ポイントで払うこともできるので、8万分の投資を積立NISAで投資するだけで、得られるというのは素晴らしいですね。楽天市場のポイント倍率アップの対象にもなりますし。

 

スポンサーリンク

再度契約するのが、少し面倒なクレジット引き落とし切替

僕は、楽天銀行から自動引き落としの設定をしていたのですが、クレジット番号を入力するだけで、万事OK・・・というわけではありません。

今まで、銀行などから自動引き落としされていたかたは、一度解約する必要があります。

解約といっても払い戻しされるわけではなく、そこからまたクレジット払いに変更することで、積立投資は継続されるので、ご心配なく!!

残念ながら6月下旬に再契約したので、次の引き落としは8月になりますが、月あたりどれだけ増額すれば40万の満額に達成するかを勝手に計算して、あとはそれに倣って増額するだけなので、便利です。

ちなみに積立NISAは1月~12月の間に40万なので、6月から積立NISAを始めたという人は、6か月で40万納める計算になります・・・満額納めるならの話ですが。

積立投資の楽天ポイント獲得は、公共料金、電話代金同様に払わなければならない生活の税金みたいなもので、そこでポイントがたまるのは、最高にうれしいですね。

ゆくゆくはiDeCoに適用されたら、もっと嬉しいんですけど・・・

無理そうですね

周りに積立NISAしている人もいませんし・・・

Twitterで投資している人からDMかけられて

「ははは、積立NISAですか。あまりにも儲からなさすぎます。やる気があるなら、僕の扱っている不動産投資を紹介しましょうか?」

といわれて、怪しさマックスで拒否しました(笑)

同世代で、貯金ではなく投資する人自体が結構少ないもので・・・こんな些細なことでも発信していけたらと思います。