ブロックチェーンゲーム 2021年時点で、果たして流行るのか? ゲームで稼ぐ方法はブロックチェーンゲームだけなのか? 税金面はややこしい可能性が高い

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

皆さんは「ブロックチェーンゲーム」というゲームをご存じでしょうか?電子書籍などが一般的に普及し、デジタルコンテンツ、デジタル資産という言葉が生まれている昨今。2017年に産声をあげたブロックチェーンゲームは、仮想通貨の仕組みを利用し、アプリや無課金でも遊べる作品がどんどんリリースされ、ゲームで稼げるかもしれない時代を作ろうとしています。

実際に、様々なゲームを触れる私は、ブロックチェーンゲームにも興味がわき、ブロックチェーンゲームはそもそも面白いのか?安全に稼ぐことができるのか?などを実際にアプリをプレイして、考えてみました。

 


そして、最近発売された「ブロックチェーンゲームの始め方、遊び方、稼ぎ方」という書籍が、大変参考になりました。国内で有名なブロックチェーンゲームをしっかり紹介されており、始め方を懇切丁寧に手引きされています。クリプトスペルズの強いカードも特典として付属されます。

 

 

 

アップルアーケードおすすめ作品 スマホゲーム最高峰のグラフィック「オーシャンホーン2」 クリア後レビュー

 

 

スポンサーリンク

ブロックチェーンゲームと従来のゲームの違いをまとめてみた

 

ブロックチェーンと聞けば、すぐに仮想通貨を連想される方が多いと思われます。実際にブロックチェーンゲームのメインの取引は、イーサリアムなどの仮想通貨で行われますが、それがブロックチェーンゲームの本質ではありません。

 

従来のゲームのデジタルゲームをブロックチェーン技術によって、管理することがブロックチェーンゲームです。

 

 

ブロックチェーンゲームは持ち主の履歴、発行枚数が約束されている

 

ブロックチェーンゲームのアイテム(シュミレーションゲームのユニットや、カードゲームのカード)は、いつ購入されたのか、売買されたのか、過去の所有者は誰だったかを細かく記録しています。

 

 

従来のスマホのレアなカードやキャラクターは、運営会社のさじ加減で復刻されたり、全員に配布される可能性もあり、価値が担保されません。一方でブロックチェーンゲームのカードやキャラは、初期の発行数を決めてしまうと変更はできなくなります。

 

例えば、世界で10枚のカードを販売して、売り切ったら同じカードを再販することは不可能なので、世界で10枚という価値は、保証されます。

 

(ちなみにブロックチェーンゲームの始め方、遊び方、稼ぎ方で取得できる雷速のシェリーは、限定9999枚見たいです。赤の速攻ではかなり強いカードになります。オーナーである私(つかさまこと)の名前が刻まれています)

 

 

ブロックチェーンゲームのデータは、ゲームが終了しても、所有者に残る

 

またこれはまだまだ実用的であるか未定ですが、ブロックチェーンゲームで手にしたユニットやカードは、他のゲームでも使用することが可能になります。

 

そのため、今遊んでいるゲームの運営が終了したとしても、デジタルデータは所有者に残されたままになります。

 

 

 

そして、所持しているデータを実際に仮想通貨や日本円で取引することが可能になっています。

 

実際にカードゲームのクリプトスペルズで、世界9枚のカードが70万円近い金額で売買されたという情報もあります。

 

前述の通り、カード、ユニットには、誰の手に渡ってきたか記録されています。芸能人や、大会優勝者、有名YOUTUBERが使用したカードだったりすれば、付加価値がつく可能性があります。

 

また、ブロックチェーンゲームはまだまだ、黎明期であるため、プレイヤーが運営に参加したり、ゲーム内のカードのステータスを投票で決める、カードを実際に作るといった、プレイヤーが運営側に周るような仕組みもあります。

 

 

ブロックチェーンゲームはRMT(リアルマネートレード)とどう違うのか?

 

今までのブロックチェーンゲームの解説を読んで、「いやオンラインゲームでやり取りされているRMTとどう違うんだ?」と思う方もいるでしょう。

 

ちなみに、2021年時点では、多くの有名な作品はRMTを禁止しています。

 

RMTはオンラインゲームのゲーム内アイテムや、ゲーム内通貨を実際に購入するというのが、過去の解釈でしたが、プログラムを使ってアイテムを複製するという不正利用の温床になるため、基本的に禁止されています。

 

ドラクエ10実況 RMTするとどうなるのか?RMTの危険性を徹底解説!

 

また、スマホゲームのアカウントを直接売買する仲介業者などもあるのですが、有名スマホゲームはアカウントの売買を禁止しており、発見次第、アカウント利用停止になるという事例もあります。

 

プログラムにおける不正利用がしにくいことや、データも通貨もやりとりが記録されているブロックチェーンゲームは、むしろ運営側が、稼ぐこと、データを売却することを公認しているという背景があります。

 

RMTも国ごとに禁止、グレーゾーンが分かれており、運営元と利用者が相互認めているという前提条件がないと難しい問題になっています。

 

 

ブロックチェーンゲーム 2021年で勢いのある作品

 

では、実際に2021年時点で、遊ばれているブロックチェーンゲームを紹介します。

 

クリプトスペルズ

 

筆者も実際に遊んだことのあるカードゲームです。ゲームのルールや仕組みは、MTG(マジックザギャザリング)をベースにしています。

 

2019年6月に世に出たばかりで、定期的な更新などがされています。ギルドに加入して、運営側にまわることで、収益がはいったり。いらないカードを売却してゲーム内通貨にできたり。

 

また、ダッチオークションという新しいカードの価値は、購入されないと下がり続けるが、購入されると値段が上がるという面白い仕組みも作っています。

 

プレイには、暗号通貨やゲーム内アイテムを保存するデジタル上の財布「ウォレット」を作る必要があります。

 

2021年3月時点では、GOウォレットと連携したアプリGOクリスペでウォレットを作ると、クレジットカードでゲーム内アイテムを購入することができます。もちろん無課金で頑張って遊ぶことも可能です。

 

リアルマネーで取引できるDCG(デジタルカードゲーム)というのは、魅力的ですが、稼げるを考えないのであれば、プレイヤー人口は、遊戯王デュエルリンクス、MTGアリーナ、シャドウバース、ハーフストーンとライバルが多いです。

 

すでに重課金された方は、他のカードゲームに移行することが難しそうなので、プレイヤー人口をいかに集めていくかが、重要な課題になりそうです。

 

人気YouTuber・もこう、むじょるを起用 ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」初のTVCMを放送

(ちなみに、もこう先生は2021年3月時点でももらえました(笑))

 

1枚69万円のカードデータ!?「クリプトスペルズ(クリスペ)」ブロックチェーンゲームの闇に迫る!! Blockchain DCG "Crypto Spells" talk

(この30分間の説明をみていただけると、クリスペ×ブロックチェーンゲームの概要をつかむことは可能です)

 

ちなみにクリプトスペルズはプレイ開始時に4桁のリファラルコードが要求されます。リファラるコードを入力してプレイすると、プレイ開始時に20回採掘(カードを取得できるガチャ)ができます。

 

私のリファラルコードが

 

P1pj(小文字も含まれています)

 

になりますので、よろしければ入力おねがいします。

 

クリプトスペルズ公式サイト

 

 

マイクリプトヒーローズ

 

ジャンルはオートバトルRPGで歴史の偉人たちのユニットを組んで、遊ぶブロックチェーンゲームになっています。

 

ヒーローの組み合わせ、装備、順番で試合結果が異なるゲーム性になっており、戦略性の深い作品であります。

 

また2018年に登場しており、国内のブロックチェーンゲームを牽引している作品といわれています。

ブロックチェーン技術を用いたゲームについて解説します

他にもブレイブフロンティアヒーローズ、コントラクトサーヴァント、エグクリプトと様々なメーカー、媒体から登場しています。

 

ブロックチェーンゲームで稼ぐことが現実になるのが、難しい理由 税制面、市場の小ささ 2021年でブロックチェーンゲームで稼ぐなら?

 

1人のゲーマーとして、ブロックチェーンゲームについて思うことを書いていきます。

 

ブロックチェーンゲームで稼ぐことについて 市場の小ささと浅い歴史

 

ブロックチェーンゲームは、すでに発展途上国の貧困層の収入の1部になっているケースがあったり、ブロックチェーンゲームを利用して、稼いでいる実在のケースも出ています。

 

ただし、全体的な市場規模はまだまだ小さいというのが、現状です。

 

クリプトスペルズさんを例に出すと

 

ツイッターの公式フォロワー 1.5万フォロー

YOUTUBEの公式チャンネル登録者数 215人

 

と残念ながら、他の企業と比較しても明らかに少ないパイとなっています。

 

ブロックチェーンゲームの開発者の中にも、「稼げるが先行しすぎている」と危惧されている方がいます。

 

あくまでTCGやパッケージゲームのように、遊んだあとに売却すれば、いくらか戻ってくるよ。という考えが現状のブロックチェーンゲームの考え方です。

 

 

 

クリプトスペルズにしても、無課金で地道に遊んで多くの方が小遣い稼ぎ・・・というより、ダッチオークションなどで高値になりそうなカードを狙って、買って売却する。

 

市場のレートを考えて、売買するという市場への敏感な情報収集力が問われることになるでしょう。

 

MTGや遊戯王などは株であったり、資産というとらえ方もされるようになりましたが、カードゲームが資産として認められるには、最低でも10年ほど、そのカードゲームが継続し、定期的に新規ファンを獲得する必要があります。

 

 

 

子供の時に買えなかった、断念したアイテムが大人になって経済力を身に着けて、買えるということで新しい需要が生まれるからです。

 

ブロックチェーンゲーム 上場している株をチェックしたほうがよさそう

 

ブロックチェーンゲームが確実に普及するかどうか?まずスクウェア・エニックスやコナミ、サイゲームズといったスマホゲーの大手が積極的に参入していません。

スクエニがブロックチェーンゲーム に出資して何が変わるのか

仮にFFのキャラを使ったブロックチェーンゲーム、プロスピのブロックチェーンゲームなどが登場すれば、プレイヤー層は一気に増える可能性はあるでしょう。

 

逆に、現在のスマホゲームはかなり飽和状態にあるといえ、新しいムーブメントが起こる可能性もあります。

 

 

 

実際にブロックチェーンゲームの制作会社で上場している会社がいくつかあるため、ブロックチェーンゲームを遊んで稼ぐことを目指すだけでなく、次のブームを作りそうなブロックチェーンゲームの会社をチェックするのも面白そうです。

 

 

 

第2のガンホーやミクシィが生まれる可能性はあります。

 

 

ブロックチェーンゲーム 税制面 仮想通貨に関する税の知識が難しい どの段階で利益とみなされているが不透明

 

個人ができる代表的な小遣い稼ぎといえば

 

ブログ、ポイントサイト、アンケートサイト

 

などがあげられます。ポイ活などといわれています。

 

 

 

一般論として、これらの売り上げは、雑所得であり、会社員であれば20万以上を利益が超えると確定申告する必要があります。(20万未満でも利益が出れば、住民税の申告の必要があります)

 

ブロックチェーンゲームは、まだマイナーな分野なので、国税庁のQ&Aを参照にしたり、仮想通貨に明るい税理士に質問するしかありませんが、一般的な考えとして、ブロックチェーンゲームで利益を得た場合、確定申告対象になるのが濃厚です。

 

 

 

 

その場合、ネックとなるのが仮想通貨でのやり取りです。

 

仮想通貨はもっているタイミングで価値が流動します。流動することを利用して、ビットコインやイーサリアムは投機対象といわれることもあります。

 

まだまだ国内において、仮想通貨を使って、物々交換を行う、物品を購入するという流れは普及していません。

 

 

 

なぜなら、仮想通貨を購入して、一定期間が過ぎて物品を仮想通貨で購入した場合、仮想通貨購入時よりも、物品購入時に仮想通貨の価値があがれば、差額が利益としてみなされるからです。

 

ブロックチェーンゲームは、基本的に仮想通貨を利用して、売買を繰り返してくようなシステムになっているため、ブロックチェーンでしっかり稼ごうと考える人が生まれた場合、税制のややこしさや問題がついてまわります。

 

 

これが、アンケートサイトやポイントサイトになると、現金で振り込まれたり、価値が基本的に変動しないポイントで還元されたりするため、利益がどれほどだったのかを把握しやすいわけです。

 

私は細かいことを考えることが嫌いなので、仮想通貨でカードの売買をすることは、税制面などが変わらない限りなと思います。

 

円やギフトカードなど、価値が変動しないもので、利益を勘定しやすいシステムであれば、考えます。

 

もし仮に、ブロックチェーンゲームが流行になったとして、ブロックチェーンゲームで爆発的に稼いでいるけど、確定申告をしていない人がいたら、税務署は本腰をいれて、徴収するでしょうね。

 

 

以上が、ブロックチェーンゲームにおける基本的な知識と、将来的に流行するのか?という私個人の未来図になります。

 

 

 

結論 ブロックチェーンゲームが流行るためには何をすべきなのか?

 

もし、ブロックチェーンゲームが流行るとしたら

 

  1. ポイントサイト、アンケートサイトよりも便利で安全性が高く、利益計算も簡単な仕組みにな
  2. ブロックチェーンゲームだけで生活ができる、副業として認められるレベルの人が増えて、地位が高まる必要がある
  3. 有名企業の有名作品がブロックチェーンゲームとして遊べる

 

最低でもこの3つの条件をクリアする必要があるのではないでしょうか?

 

確かに、遊んだデータとかカードが無駄にならないというのは、魅力の一つですけど、TCGやゲームソフトも売却できますからね。盗難や紛失のリスクはありますが、ブロックチェーンゲームだって、アカウントやウォレットの忘却というリスクもあります。

 

遊んだ分より少しかえってくるなら、任天堂のゲームは遊んでクリアして売ったら、実際に2000~3000円ぐらいで新作ゲームが遊べることになります。

 

またグレーゾーンですが、ゲームのプレイ動画をあげることで、サラリーマンの収入を超えているYOUTUBERも多くいます。

 

実は、ゲームで稼ぐというのは、ほんの一部の層によって得られる権利ではありますが、実現できる世の中になっているのです。

 

遊んでいるゲームが圧倒的に面白い、多くのユーザー数を抱えている、それでいて、安全かつ分かりやすく稼げる

 

この仕組みができない限り、ブロックチェーンゲームは「知る人ぞ知る」で終了すると思います。