旅先でのライフライン コンビニで買える乾電池バッテリーを実際に使って、リチウムバッテリーのありがたさを知る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

観光先でスマホの充電バッテリーを忘れてしまって、充電切れ・・・そんなことでアタフタした経験ってありませんか?

もし近くにパチンコ・スロットホールがあるなら、USB充電を筐体の横に設置しているホールもあります(遊戯は必要ですが…)。ホールによっては自前で充電ケースを置いていたり、カウンターの裏で充電してくれるなど、USB端子すらない場合でも対応してくれるホールがあります。

でもそんな便利なホールが近くある保証もない。

そういう時にお勧めなのがこれ・・・といっても全力でお勧めすることが難しい商品です。

(こーんな感じで売られています。乾電池で充電できることを売りにしているので、端子の説明が小さかったり、裏に形が少し見える程度です。その情報をしっかり漏らさず、僕みたいに間違えることなく買ってほしいです

これは乾電池、またはリチウム電池を複数使って、充電する携帯バッテリーです。最大の利便性は、「コンビニで売られている」という点です。ただ、同じようなニーズがあるのか、コンビニへ行っても乾電池充電がピンポイントで、品切れているパターンもあります。

まずドン・キホーテへ行きTYPECの端子であるバッテリーを購入。意気揚々と喫茶店で接続を試みるが・・・

知らなかった

アンドロイドのTYPECとiPhoneのTYPECがちがうなんて・・・・じゃあTYPE1とか分けておくれよ・・・

この残酷な現実により、返品もできぬまま1000円を浪費・・・

(乾電池は使っていなかったので、家族へ寄付しました)

2店舗目に回ったファミリーマートにて、ようやくアンドロイドのTYPECを見つける。しかも電池4本・・・これはすげえぜ。そして1500円ちゃりーーーん。

充電のために2500円ぐらい使いました・・・これならまぁまぁいい充電器が買えるな~~~トホホホ

また別の喫茶店に立ち寄りコネクトオン!!やった!!こんどは光った。

電源がよみがえり%が3に復活。よぉーーしコーヒー一服するぞ。

3分後

3%

5分後

3%

あれ・・・急速充電ってかいているのに遅くね?

その後、一時間半ぐらい街をぶらぶらするも回復してようやく22%・・・その頃はバッテリーの電池が激しく熱くなっていました。

これ、製品によってはバッテリーが充電完了しきる前に電池の寿命がつきるようで、かなり遅いくせに1時間たったら、電池があつくなるのでいったん外せという指示がある。

スマホがスタンバイ状態でも本当に充電されない・・・・電源をオフにしきらないと・・・

本当に足元みられています。ただこのおかげで何枚か写真はとれました・・・もし災害などが起こったらアダプタなしで充電できるのは、最大の魅力であることは間違いないですね。

(カバーがついているのは良心的ですかね。むき出しのタイプもあったと思うんで)

でも平常時は・・・リチウムバッテリーがいかに素晴らしい商品であるかを思い知らされました。

(この記事のモバイルバッテリーはまじめにお勧めします。端子が二つあるのも本当に大きい)

コンセントにつなぐだけであれだけ高速で充電できるなんて・・・

本当に短時間外に出る時以外は、なるべく持ち歩くようにしたいです・・・多少不便でも。

あと、ドラガリアロストにはまっているから、余計に電池の消耗が激しすぎる・・・

皆さんも電池と体力、精神の消耗に気を付け、スマホのバッテリーは切れても、人との縁は切らさないように気を付けてくださいね。