我が愛犬に食べさせたい!! 国産の原料のみで構成された高級ドッグフード チヨペットのバツグンを使ってみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は愛する愛犬に新しい餌を買いました。

今までも、オリジンやロータスといった海外産の5000円ぐらいする餌を厳選していましたが、今回は国内のメーカーです。

メーカーの名前は大阪に本社を構えるチヨペットです。

ここの社長は、マネーの虎で岩井社長からマネーを勝ち取った志願者です。

最初は、ポチの水、タマの水というペットを癒す水を販売し、今回紹介する

BATSUGUN(バツグン)というドッグフードの販売に至ります。

BATSUGUN(バツグン)ドッグフード 製造工程

 

商品の紹介文をまま引用いたします。

従来のBATSUGUNと同じコンセプトで作っており、今回タンパク質を4種類の魚で作りました。ご存知のように魚はアレルギーが出難く、カロリーも低く、また健康維持の為に必要なDHA・EPAも豊富に含まれています。4種類の魚を配合していることで、風味が良くて食の細いわんちゃんも嗜好性も上がります。当然、使用食材は私達が食べているものと同じで国産品限定で自社工場にて作っています。今回は、今まで使用したことがない機能性素材のマクロガードと酵母セラミドを配合しています。

魚類(鰯粉・鯖節粉・鰹節粉・焼きアゴ粉)米粉、おから、玄米粉、野菜類(じゃかいも・かぼちゃ・にんじん・キャベツ・小松菜)、米ぬか、エゴマ粉、大豆、押し麦、卵殻カルシウム、黒豆、小豆あん、はと麦、高野豆腐、干し椎茸、昆布、りんご皮、マクロガード、酵母セラミド、ポチの水 飲用水
配合比順 100%表記

要するに、国産品限定で、ヒューマングレードであるという安全性と、機能性素材を複数使用して、ペットの毛並みなどにも配慮したつくりになっています。

作業工程はYOTUUBEでも公式チャンネルからアップされております。

価格は2.5キロでおよそ7000円・・・結構しますね。国内で、ペットに優しい高級ペットフードを作っているというだけで、応援したい気持ちになりますが、もう1000~2000円落ちないものか・・・

食が体の資本であり、犬の寿命にも直結するかもしれないので、愛犬のためにケチるわけにはいきませんね。

おそらく、購入者がすごい増えて行ったら安くなるかもしれないですね・・・そうかこれでも原価ギリギリかもしれませんが。

フィッシュだけでなく、肉やあとはシニア用の餌もあります。

うちの犬は、肉主体の餌だと便の出が悪くなり、やや耳がはれるなどのアレルギー症状も出ており、魚を主体としたドッグフードにスイッチしたら、そういった傾向が見られなくなりました。それ以来、ずっと魚主体です。

スポンサーリンク

実際に与えてみた

見た目ですが、少し緑っぽいですね。ややパサパサしており、ロータスの見た目になれきってしまいましたが、ふつーのドッグフードの形状です。

少しだけ、飼い主である僕が食べてみました(笑)

かつおぶしの風味が非常によく、さっと溶けます。ロータスのような歯ごたえはありませんが、消化は良いかもしれませんね。

ロータスは少し鮭っぽい香ばしい味わいもありましたが、バツグンはひたすらかつおの風味をシンプルに追及したような味わいです。

うちの犬が5歳とそろそろシニアにさしかかるところで、食欲も1~2年前よりは少し落ちています。しかし、これだけの量をおいたらしっかり食べきってはくれます。

餌がパサついているためか、水を横に置くと飲み干してくれます。水分がしっかりとれるので代謝がよくなるのでしょうか・・・

あと、変化としては、便の回数が1日2回だったのが、3回になっています。便通がよくなることは悪くないとおもうのですが、世話が少し面倒に・・・

神経質な我が犬にもまだアレルギー反応などは出ていないので、品質は他国の高級ドッグフードにひけをとらないでしょう。

これからリピートするかどうかは、もう少し考えたいと思います。

ちなみに、アマゾンでも販売していますが、チヨペットさんが直接販売しているわけではありません。公式サイトから会員登録することで、ポイントがついたり、いろいろ特典があるので、こういった商品は公式サイトから購入しましょう。

中には、公式サイト経由で買わないと相談やサービスをしない企業もあるので・・・