いつもの珈琲 安くておいしい セブンイレブンで買えるプライベートブランドのインスタントコーヒー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

インスタントコーヒーの便利すぎる顆粒タイプを選ぶとドリップコーヒーには戻れません。

味に妥協しているわけではありませんが、毎日何杯も日常にコーヒーは根付いているので、できるならそれなりにおいしくて安いコーヒーが飲みたいのです。

ネットを利用すると安価なインスタントコーヒーは山ほどありますが、配送の時間を考えるといますぐコンビニで買えるメリットに魅力を感じるわけです。

というわけで今回は

セブンアンドアイプレミアム。セブンアンドアイとUCC上島珈琲による共同開発によって誕生した

豊かな香り いつもの珈琲

を紹介します。

カウンターコーヒーの火付け役であるセブンイレブンですが、コーヒーで飲まれる場所はやはり自宅が大半。自宅向けのコーヒーを考えて安価で安心のあるインスタントコーヒーを開発したのでしょう。

まず冒頭でお伝えした通り、70gで400円というお手頃な価格。ネスカフェや上記のUCCのインスタントは8~90gで800円ほどします。ワンコインで長期間味わえるインスタントコーヒーです。

豆はブラジル、コロンビアと様々な国の豆をブレンドしています。

一般的なインスタントコーヒーは外装をシールで8割ほど覆ってしまいますが、こちらはシールが簡素なものになっており、中の豆をガラス越しに除くことができます。

上部のUCCのロゴが入った黄土色の蓋も高級感があります。回しやすいように淵はところどころ角ばっています。

入れてみると商品名通りの豊かな香り・・・は感じませんでしたが、酸味先行のバランスのとれたコーヒーです。

ブラックだと味わいは非常に淡泊ですが、ミルクを入れることで逆にコーヒーがもっている苦みや甘味が引き出されています。ミルクと一緒に飲むことを推奨します。

もちろん安価なインスタントコーヒーなので時間とともに酸化して酸味が強くなりすぎる傾向がありますが、それはほかのインスタントやドリップコーヒーも変わらぬデメリットです。

飲みやすさと価格にこだわりたいという人にはお勧めですし、これより小型でさらに300円ほどで買えるモデルもあります。nanacoが数百円あまっているならこれを買って賢く運用しましょう。