ねむるん 口にテープを貼るだけで驚くほど疲労回復する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

これから紹介するのは2017年いろいろ買ってみて使ったグッズの中で一番いいなと思えたものです。1000円以下なので騙されたと思って使ってみてほしいです。

「お前、いびきでかいよ」

ある日のこと、同僚に指摘されたショッキングな一言。僕の親父はやたらいびきがでかく、無呼吸症候群といわれるように途中で息がふと消えるのです。

いびきの原因は口をぱかーっと開けて寝るので、口を物理的に閉じればいいのですが、睡眠中という無意識の世界で抑制するのが難しい。僕の場合、喫煙をはじめたので口呼吸するのが自然体になっていると体が認識してしまっています。

さてそんな悪循環を止めるべく、こんなものを見つけました。

CIMG0814

CIMG0815

身体に負担のすくないテープを睡眠中にはっていびきを抑制、さらに意図せぬ口呼吸をとめることで口内に菌がはいることを抑えて口内炎や喉の痛みを防ぐことに一役買っているのです。声を使うことを生業としている人なら使っているかもしれません。

僕も過去に小林製薬の喉が潤うマスクを使ってみて、睡眠中に喉の状態がキープされることの尊さを学びました。

マスクの在り方を変えた 小林製薬 のどぬ~るぬれマスク 就寝用

実際に使ってみた

これは単なるテープです。テープなんですけど起きた時の清々しさは本当に驚かされるばかりです。
加湿器などを備えていないのに、喉がしっかり潤いイガイガ感もない。そして驚くべきはしっかりと疲れが取れているのです。

いびきをかいていたかは別として、口呼吸を多用することは鼻呼吸に比べてリラックス効果もなく、口を大きく動かすので寝ていながらに体力を消耗していたのです。それが抑制され、ゆっくりと鼻呼吸で睡眠がとれたことで睡眠の質が1時間ぐらいはアップしているのではと実感しています。これは使ってみないとわからない実感です。

唯一デメリットがあるとすれば、僕のように寝相が悪い人ならテープが睡眠中にとれるリスクがあるということでしょう。なぜか枕元においた目覚まし時計にぺたっとくっついていた(笑)こともありました。

あと花粉症や鼻炎持ちで使用した場合は地獄です(笑)。想像に難くないと思います。

記載することはそこまで多くないですが、こんな単純に効率よく睡眠をとれる方法があるなんてという驚きが勝りました。鼻孔は菌を払いのける防御壁が備わっているのですが、口内は無防備ですし、最もウイルスを有している場所です。将来の健康のためにも鼻呼吸主体の生活にシフトするためにも使用するのはもちろん、鼻呼吸による質の高い睡眠を得られるだけでも購入の価値はあります。

地味ですけど2017年で一番使用して驚き、値段分は軽く満足できた商品でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。