タバコラム 喫煙具の古豪 ペンギンライターの喫煙所 たばこ屋さんを使って雰囲気に浸りました

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回もタバコにまつわる商品、携帯灰皿の紹介です。

紹介するのはペンギンライターという戦後まもなく創業された喫煙具総合メーカーさんから。ライター、灰皿、タバコケースをはじめ手広くやられているようです。名前だけなら僕も聞いたことがあります。

そのペンギンライターさんの携帯灰皿です。ハニカム構造に引き続き2品目となりますのでそちらとの比較を主にレビューしていきます。

商品名は「喫煙所 たばこ屋さん」という遊び心のある商品です。

使い方は簡単でくるとスライドすることで穴があいてそこへ吸殻を捨てるというものです。

実際に使ってみた

まずこの古風なレトロなデザインがいいですね。これをもって外でタバコを吸っているとどこか雰囲気が出てきます。携帯灰皿だからこそデザインによって使い分けるというのもアリですよね。

あとキーホルダーがついているのは有難いかなと思ったんですけど使用する場面はほぼなかったです(笑)

実際の使用感ですが、ハニカムより良かった点、劣っている点がはっきりしています。

まず構造上、灰がこぼれにくいのは〇です。閉めるときにちょろっと出てしまいますが、ポケットにいれて外出しても漏れることがないのは強いです。

素材がアルミなので耐久性もありますし、臭い漏れも許容範囲だと思います。

ちなみにハニカムを使ったときはお尻の脱出口が振動でとれてポケットの中が灰まみれになりました。

欠点はそのこぼれにくさの代償か灰が捨てづらいということです。3本ぐらい捨てただけでも外の灰皿へ捨てに行ったらなかなか吸殻が出てくれません。フィルター同士がかち合って最終的に臭い灰皿のなかに指をつっこんで一本ずつ出すという惨めな作業を強いられます。

入り口が小さいので清掃も面倒です。(したことないですけど)

ワンタッチの脱出ボタンがあったらよかったのに・・・・900円でこれはちと高価に感じられます。

携帯灰皿も喫煙時間の一つを彩るものだとインテリ性に重視を置かれる方は一度手にもって試してみるのもいいのではないでしょうか?

タバコラム 灰皿の新スタンダード ハニカム構造を体験してみた

Featured Video Play Icon未分類

富山 猫50匹以上を誘拐し餓死させた50代男性の心の闇と動機について思うこと

最近、時事ネタについてコメントする記事が増えたので、ニュース関連のカテゴリを追加しました。よかったら暇な時間にお立ち寄りください。 さて、今回はちょっと胸が痛くなる事件です。 富山市の50代の無職男性が、野良猫、飼い猫問わず1年...
未分類

カオススパイスダイナー 名物キーマカレー 広々とした空間でいただく甘さと具がバランスよく融合されたカレー

今回はカレー店の紹介 カオススパイスダイナー 大阪に2店舗、そして京都に1店舗あるチェーン店です。 リゾート&リラックス空間で食べられる本格スパイスのカレーの店 カオス(混沌)なのは、無秩序、ジャンルレスな調...
健康欲のドラッグストアで買えるものレビュー

皮膚の症状の傾向、対策が一目瞭然 第一三共ヘルスケアの新しいサイト「ひふ研」がすごい!!

夏になると、虫刺されをはじめ、皮膚トラブルが非常に増えるのではないでしょうか? 今回は、第一三共ヘルスケアさんが、最近開設されたばかりの「ひふ研」を紹介したいと思います。 現在、サイト内では、雑菌が原因のニキビやニオイを予防する...
未分類

ナニワ金融道 漫画全巻 全エピソードあらすじ解説 15巻~

青木雄二先生による、金融、借金を題材とした漫画の金字塔「ナニワ金融道」をamazonアンリミテッドで全話読んだので、後世に残したいナニワ金融道全エピソードのあらすじと解説を行いたいと思います。 すべてのエピソードをまとめると、1つの記事に...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。