最近一番使用してる耳栓 長時間装着しても耳がかゆくならない サイレンシアを紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

さて耳栓紹介も早いもので3発目になりました(笑)

今回紹介するのはDKSHジャパンという会社より販売されているサイレンシアという耳栓です。
ちなみに今、装着しながらブログ書いてます。
価格は約ワンコイン程度です。

サイレンシアは僕が最も使用している耳栓ですが、当然効果、使用感は個人差があるので他のレビューも並列して残しておきます。

エレキバンでは終わらせない!! 確かな耳栓 ピップ イヤーホリデイ

検証 アマゾンで評価の高い耳栓。モルデックスメテオをつけてスロットを打ってみたところ……

CIMG0782

赤のピップ、緑のモルデックスということで黄色のサイレンシアというわけです(意味不明)明るい色合いなので汚れが付いたらすぐに視認できます。

素材はポリウレタンでゴムっぽいはりがまったくなく、くびれもないため全体を押しつぶすことが可能です。そのため装着者の耳のサイズを選びません。低反発性能も高く、少量の力でくしゃっと潰れて即座に復元してくれるので老若男女も問いません。

CIMG0783

さらにピップ同様に携帯ケースがついてきます。

CIMG0785

透明ケースで小ぶり、ストラップの穴もついているため長期間使いやすいです。ピップのように青一色で中身が見えなかったり、プラスティック製で落としたら破損するケースっていうのがあるなかで一番耳栓に適したケースだと個人的に思います。

肝心の性能ですが、工事現場の音を一般的なオフィス環境まで落とすことを目的としているため、装着しながらでも会話も簡単ですし、防音しすぎて耳鳴りで頭痛が起こるということも少ないです。
ただしホールで例えるならユニバーサルのバズーカ筐体にはやっぱり対抗できません・・・・5時間ぐらい打ったら耳鳴りがきつくなります。あれは人が長時間打つものじゃないですから(笑)

この商品の最も優れているポイントは装着時のストレスの少なさです。
耳栓はゴム素材がきついと長時間の装着で耳がかゆくなって外してまたつけたりを繰り返します。平均して2~3時間でかゆみが訪れる耳栓が多いです。
一方で僕自身が耳栓になれたことも大きいですが、この耳栓は長時間装着しても付け直しは8時間以上使用しても1~2回程度と抜群の装着感とストレスのなさを実現しています。

ケースの使いやすさ、長時間の装着におけるストレスのなさ。この2点だけでもサイレンシアを使用する理由に十分なるでしょう。

ということで防音というよりは減音として日常生活にもっと根付かせて使ってみてはいかがでしょうか?深夜バス、飛行機、ネットカフェで就寝する際には強いお供になるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。