もうガムには戻れない クロレッツミントタブ クールなスタイルの提供

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

粒ガムで有名なクロレッツがいつの間にかタブレット業界に宣戦布告した。

(コンビニで見た時、思わずうっとりしてしまった。明日同僚に自慢しまくろう……)

公式サイトでは10分後も息がさわやかと宣伝されている。

価格は約220円と若干お高め。

まずこの見た目、以前紹介したフリスクネオに比べても薄く、メタリックグリーンの塗装が実にクール。ポケットに忍ばせ探す時も視認しやすいメリットがある。
反面、蓋は固めに作られているので親指でパカと手軽に開けるには回数が必要。

中身は丸ではなく四角の粒。味はまさしく粒ガムを噛んだ時のあの清涼感が少し舐めただけで口に広がる。最初から丸のタブレットと異なり、確かに舌でコントロールしやすい。面積も多めのため、メントール効果も高い。

仕事のリフレッシュ、焼肉やにんにくを食べた後の口臭対策と短時間で清涼感を味わえるタブレットの強みがしっかりと表れている。

こういったタブレット缶のデザインはどことなくタバコに似たサイズと見た目をしている。ミントがきつめでリフレッシュ効果が高いこともあって、禁煙対策としても期待されている。

味にこだわったお菓子は増え続けているが、デザイン、街中でポケットに忍ばせてさっとケースをとるというスタイルの普及を狙ったタブレット缶に今後も注目していきたい。

商品情報