あれ?帰宅しても足が痛くない!! 驚愕の高級インソール SOFSOLE(ソフソール)エアープラス

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

前回の安全靴のトラブルから…足裏の痛みで夜も眠れずVITAを片手にネットサーフィンする中、アマゾンで藁をつかむ思いから「インソール」と検索、約70のレビューで星4つの「ソフソール エアー」と呼ばれるインソールを発見。

内容は上々で、とくに踵への衝撃吸収に優れているのだとか。はやる気持ちをおさえ、運よくバージョンアップされたエアープラスが新発売されていたので(公式サイトの説明文)注文しようとしたら「注文から1週間程度かかります」…それだけ人気があるのだろうか、それとも在庫が薄いのか。

しかし足裏の痛みは待ってくれない。刻一刻と痛みが激しくなるのを抑えきれず、販売店一覧から近場のショップを見つける。アウトドアや登山用品を専門とするショップでインドアな筆者にはまさに縁もゆかりもないが、入ってすぐ左にソイツは陳列されていた。試し履きできなかったのは残念だが、ゲットしたぞエアープラス!

(画像がなくなっていたので、2016年3月下旬にまた購入した機会に撮影)

価格はネットで買うと多少割引はされるかもしれないが、2500~2700円ほど。インソールの相場というものは知らないが他のインソールが1000~1500円でアマゾンで見かけられたので高級インソールといっても差支えはないと思う。もともと中敷きは靴のサイズが合わない人への調整器具のような役割で長時間労働の疲労や歩行をサポートするのは後天的なものと考えると高値になるか。用途は登山やランニングなどの緩やかな運動からバスケットなどの激しい運動を想定したもので、ミドリ安全の安全靴のように用途によって何種類か用意されている

さて、エアープラスと出会ってまず思ったのが「このジェル率の高さ」である。全力でサポートしてくれそうな期待に満ちている。素材はゴムのように柔らかく反発があり、高い形状記憶を誇っているらしいが、なかでも目につくのは踵に設置されているヒールバンプだ。踵の先端をガードするように盛り上がっており、ヒールバンプ部分だけは低反発、指で押すとプニっとした柔らかい触感で少しへこんだ後元の丸みを帯びた形状へ戻っていく。ヒールバンプだけでなく踵部分のジェル率と厚みには拘りが感じられ、私達が歩行するために踵から地面につくことから、最も守るべき場所を想定している。

(歩行時は踵に最も圧力がかかるといわれているので、ヒールバンプ恩恵はこの商品ならでは。ぜひ体験してみていただきたい)

まずは誰でもやるかもしれないが、ソールのみを地面においてその上を踏んで立ってみた…少し柔らかいな程度であまり驚きはない…
では、もう我慢もできないので安全靴の中にインして歩いてみた。

説明には大きければ切る必要もあったようだが、それは杞憂に終わった。すっぽりと私の26,5に吸いこまれるようにスムーズに挿入されていく。
そして履いて立った瞬間に思わず「おぉぉ」と感嘆の言葉が漏れる。
一言でいえばふかふかな履き心地。全体重がソールへそして歩行時の通常時の数倍の負担がソールへと吸収され、靴下に合わさる表面の素材も触れた心地が気持ちよく全く別の靴を購入して履いてしまったような感動を覚える。

そしてヒールバンプが機能しているためか踵部分のクッションは単に歩いているだけでも、また立ち続けるだけでも実感できる。変に柔らかすぎず、歩くために最低限の堅さを維持して心地よい触感だけを残して確実に歩くために力が地面に伝っていく。

一部に滑るという批判が見られたが、安全靴に挿入した場合安全靴の滑り止めが靴の中の滑りまでも多少吸収してくれるためそこまで大きなデメリットに感じられなかった。常に走ることを要求される仕事なら気になるかもしれないという程度だ。

またアーチ形になっている合理的な形もこれまで靴の中でゴツゴツと足が動き余計な負担がかかっていたが、無駄な余白を埋めて靴の中で足がばたつくことがなくなった。これだけでも足の負担は絶対に軽減されている。

(上部は滑り止めをかねた粘着性のあるゴム、下部は負担軽減のゲルが効果的にしきつめられている)

今回は一週間エアープラスをワークプラスに挿入して労働した。
実は、以前に比べて超勤が増え、労働時間が1~2時間増しになったり、それだけでなく人員も減ってしまい総合の労働量がかなり増えている。
肉体労働時間はおよそ8時間、出勤と帰宅で徒歩15×2の30分で約8時間30分は足裏への衝撃を与え続けていることになる

効果はワークプラスの際の足裏のダメージと同様に三日ほどで感じられた。
確かに長時間立ち作業、歩き作業、運び作業を続けていれば足裏は痛くなるが、じんわり痛む程度でおさまり(ズキンと痛覚に響かなくなった)帰宅後全く足裏の痛みを引きずらず、次の日も歩き始めに「うっ」と唸ることはなくなった。これはワークプラスエア単体の時を遥かに凌駕する効果だ。
たとえ痛み出したとしても痛みを吸収するようにクッションが働くので、しばらくすれば痛みは治まってくれる。

早歩きの際にクッションの効果がより強く実感(走ると歩行よりも衝撃が大きいため)できるため、無謀だが嬉しくなって早歩きになったことさえあった。

また重い荷物を持った際に足への負担が強くなるがクッションが体重+荷物まで対応してこちらも足裏への負担を軽減させている。

ただ、いくつか不安点もある。

一つは色落ちしやすいというところ。表面がこすれてすぐに白くなってしまった。形状には影響がないので見た目さえ無視すれば問題はないが。

もうひとつはヒールバンプの低反発に個体差があるということ。今回は右がしっかり機能したが、左は歩き始めて五分程度で窪みができてへっこんだという事態がおきた。へこみが踵にこすれて若干の違和感を覚えたことが発端だ。時間がたてば低反発の為、もとに戻るがそれから履いて作業してまた五分で低反発が機能しなくなってへこみが出来る。

もともと踵へのクッションはヒールバンプがなくとも充分に保護されているためそこらのインソールよりははるかに優れているが、長時間(6時間~7時間)履き続けるとさすがに右よりも左の踵が痛み出すことはあった。

この問題を輸入販売元である「ミューラージャパン株式会社」(問い合わせ先は商品が入った箱の一番下に記載されている)へ問い合わせたところ、そのクレームが認められたために別の代替品を後日送っていただくことになった。
日常生活でクッションのあるインソールが欲しい程度の要望であるなら問題なかったが、肉体労働をメインに働き続ける必要があるために駄目もとで送ってみたが要求が伝わったことは非常にありがたい。
もし、同じような状況に遭遇したらそういう方法もあることをこの場を借りてお伝えしたい。

総評だが、もし長時間の立ち作業、肉体労働で足裏をいつも痛めて帰宅される肉体労働者にはこれ以上にない選択肢だと自信を持って断言できる。今回は、日常生活(主に仕事)での長文のレビュー記事などが見られなかったため、あえてプッシュしてみた。こういう出会いがあったことはとても嬉しい。

最後にヒールバンプへの不具合についての解説もあったが、それがあったとしても踵へのサポートは他のインソールに比べ充分すぎるほど群を抜いているので、足裏への痛みは帰宅後全く感じられなかったという点は追記しておきたい。

値段は張るかもしれないが、これ一つで日ごろの労働をストレスと痛みなく行えることを考えれば3時間~4時間程度の時給ははっきり言って安すぎる(あくまで肉体労働のみに従事という人限定かもしれないが)。機会があれば同僚の人にも勧めたいが、まずはこのブログを読んだ方に一人でも多く試していただきたいと思えた。

全ての肉体労働者に幸あれ!!

2015年8月追記

安全靴を少しグレードの高いものに履き換え、最初からついているソールだけでも性能が良かったのだが、やはり仕事を続けると足裏へのダメージが蓄積し、またもや上からソフソールエアープラス注入!!
厚ぼったく見えてもしっかりとフィットしてくれる仕事人。足裏の痛みも劇的に軽減された~~~

ちなみに数カ月使うとすぐに購入したてのマシュマロを踏むような(????)柔らかい感覚は失われるが、ジェルはいきているので衝撃吸収は続く。それでも半年使い続けるのは難しいかもしれない。見た目も簡単に擦れてしまうので不格好にもなってくる。

ブログ内関連記事

肉体労働者待望の肉体労働者向けの高級インソール ソフソール エアージェルハニーコンボを感じろ!!