更新料不要のスーパーセキュリティゼロとWINDOWSディフェンダーのファイアウォールが両方無効になりました

スポンサーリンク

いま、あなたはどの端末からこのブログを読んでくださっているのでしょうか・・・

ありがとうございます。しかしセキュリティは万全ですか?

かくいう私はてきとうです(笑)

今回は、セキュリティソフトを使ったトラブルとその対処法を使った感想を書きたいと思います。

更新料がいらないスーパーセキュリティゼロ

僕が使用しているのは、ソースネクストのスーパーセキュリティゼロというソフトです。

セキュリティソフトといえば、ノートン、ウイルスバスター、高機能でいえばカペルスキーなどが有名です。

スーパーセキュリティゼロ(以下ZERO)は有料ではありますが、ソフトの料金だけ払えば、更新料がかかりません。普通のソフトなら1年、3年、5年と契約のような形で料金をおさめてサービスを受けるのです。そのため、有料セキュリティソフトの中では、リーズナブルで、機能もシンプルなため初心者向けといわれています。

欠点があるなら、サービスを受けるためにソースネクストの会員になる必要があって、ソースネクストのお勧めの商品が定期的にメールで送られます。

余談ですが、僕が購入した時のイメージキャラクターは、センテンススプリング発言前のベ〇キーです。無事に芸能界に復帰できたものの、自身のタレントというセキュリティを自らの発言で崩してしまったので、最新のセキュリティゼロには呼ばれませんでした・・・・・

しかし、今の時代パソコンに詳しい方ならフリーで優秀なセキュリティソフトを無料でダウンロードできるでしょうし、知識がなくてもWINDOWS10にはWINDOWSディフェンダーという簡易セキュリティプログラムがプリインストールされています。ひと昔前も無料でしたが、サイトにはいってダウンロードして取り込まなければなりませんでした。

無料ながら、ウイルス検索、ファイアウォールの設定など最低限の機能をそなえ、アップデートもされていました。当然、カペルスキーのように最新のウイルスソフトへのガードや、絶え間なく新しいウイルスへの対抗には、及びませんが、丸腰よりも当然良い効果が得られます。

パソコンを最低限しか使わない、特に現代はスマホを主にネットサーフィンの端末として使用される方が多いでしょう。用途にあわせてセキュリティソフトを考えた方がいいですね。

干渉しあうファイアウォール ZEROとディフェンダーが両方無効?

ある日、こんな警告が

「WINDOWSディフェンダーとスーパーセキュリティゼロのファイアウォールが無効になっています」

ファイアウォールが機能していないってことは、不正アクセスし放題、家でいえば正面玄関が開けっ放しの状態・・・・こりゃまずいぞ。

同様の状況に陥っている人が、少なからずいます。

一応、タブから具体的なメニューを開きましたが、ダブルクリックしまくっても、ZEROのメニューが一向に出ません(笑)

PCを起動するたびにファイアーウォールとセキュリティの警告が出ます

6月中旬に発表されたばかりのメーカーの解答を見ると

「Windows 10 April 2018 Update」適用後、Windows 10のセキュリティとメンテナンスでセキュリティ状態が無効になる 【スーパーセキュリティ】

WINDOWS10のアップデート後に起こった不具合のようです。文面を読めば、スーパーセキュリティを起動して、警告がでなければ正常に作動されているみたいです。

ただ、起動するたびに右下の「ファイアウォールが無効です」ばかりがでると、軽く気がめいりますよね。

そこで、メーカーが推奨するアンインストール後のインストールを適用してみました。

再インストールの手順は?(すでにインストールされている場合) 【ZEROスーパーセキュリティ/Ver.21】

なんか3つのアンインストールソフトをダウンロードしろって書かれていますが、1番目をクリックしてダウンロードしただけで、正常にZEROのアンインストールが実行されました。2つ目、3つ目は不明です(笑)

アンインストール後、ずっと×がついていたディフェンダーのファイアウォールが正常に起動。そんな時、よぎった考えが「もうこのままでいんじゃないか?」

再起動後、再び上記のサイトに飛んで、インストールプログラムを起動。

セキュリティソフトによっては、非常に重くブラウザの速度にまで影響を及ぼすものが多数ありますが、ZEROは軽微のようです。

ほどなくインストールされ、ソースネクストのIDとパスワードの入力を促されます。

これが意外と厳重で、3回ぐらい間違っただけで「アカウントをロックしました」と出ます。戸惑いましたが、5分程度で元に戻って、パスワードを再発行したのちに挑戦。

すると「サーバーにアクセスできませんでした」

はい~?(杉下右京風)

それでまた、IDとパスワードがリセットされ、何度も打ちつづける羽目に・・・

ようやく起動。

次は、お互いを起動しましたが、干渉せず、両方のファイアウォールが無事起動されているようです。

(両方が安全です!!)

できることなら、修正パッチのようなものを配布してほしかったですね。まぁ再インストールで解消されるなら、ソースネクストもそんな労力を負いたくないのでしょう。ただ以前から指摘された問題へのレスポンスの悪さを批判する声があるようです。

正直、セキュリティソフトってどこまで活躍できているのか実感わきませんよね(笑)

ZEROの機能として、Googleクロームなどで検索するときにあらかじめ、安全なサイトと危険なサイトを分けてくれているところがうれしいですね。まとめサイトからうっかり飛んだサイトがウイルスまみれだったら困りものです。まぁウイルスの大半がサイトをクリックして自動というよりは、何らかのダウンロードソフトを取り入れてそれから感染というのが王道です。優秀なセキュリティソフトを入れるより、ネットリテラシーを高めろってことですね。

では、今夜はこの辺りで、どうようのお悩みで苦しんでいる方の手助けになれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。