立命館大学の裏にある木漏れ日が素敵なカフェ 山猫軒で贅沢な時間を過ごす

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回はやや中心部から離れた、立命館大学の裏にある隠れ家的なカフェ

山猫軒

こちらに訪れたのでレビューします。

10時から19時と営業時間はやや短めなので、ご注意を

カフェではありますが、この近辺に飲食店は金額時方面にいかなければあまりないので、フードも食べられます。シチューもありますね・・・

ただ、どれも1500円付近になるので、少し財布に余裕がないと厳しそうです。

丼などもあるため、おそらく数回訪れただけでは、このカフェのフードの魅力には全く迫れだないでしょう(笑)・・・時には妥協も必要

写真をとりわすれましたが、一面がアンティークガラスになっているため、昼間はさしこむ木洩れ日がとにかく気持ちいいです。

休日の時間に余裕がある時間で、しかも晴天であればこのカフェにいく喜びが何倍も増すことでしょう。

コーヒーやハーブティーとドリンクも優雅で、話がはずみます。

一応、デザート頼みました

焼き目がついたキャラメルバナナとワッフルのミックスです。バナナの歯ごたえと、ワッフルの歯ごたえがともにしっかりしていて、食べ応え満載のスイーツでした。

毎日行くのに適したカフェもありますし、仕事終わりに適したカフェもあります。

この店は、カフェにちょっとした特別な空間、非現実的な幻想的な時間を送りたい人にとってお勧めできます。

カフェは、フードやドリンクだけを楽しむ場所ではないということをあらためて再認識しました。

独りで、優雅な時間を過ごすもよし、友人と話をすると思わぬ深い話が出たりと発見もあります。

たまには、こういう特別なカフェもいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。