無料ブログからワードプレスに移行してアクセス数10分の1になった男の話

スポンサーリンク

ブロガーの皆さん、ブログのアクセス数って気になりますよね?ブログをやっている以上、アクセス数とブロガーは切っても切れない関係だと思っています。

もちろん、開設当初は1~5人ぐらいが当たり前で「いいんだ、世の中の日陰で自分の生きた証さえ残せれば」なんて考えで書いていた時期がありましたが、10人、100人と増えていくとそれがたまらない承認欲求を満たす装置になってくれるのです。

かくいう僕もブログをはじめて6年目。

FC2→ライブドア→そしてワードプレスへと乗り換えてきました。着々とアクセス数が伸びて、ブロガーとしての地位も確立、順風満帆なブロガーライフでそろそろ情報商材も売っていこうか・・・・

そんなわけないじゃないですか~~~~

ライブドアからワードプレスに移行して1か月近く経過。「count per day」というアクセスカウンターのプラグインを利用してみた結果・・・

3月24日に謎に800アクセスほどいただいていますが、平均して170~190アクセスぐらいです。

いや、確かに初めて1か月でこれは最高すぎるスタートにみえるんですけど、僕ライブドアでやっていた最終月(2018年2月)は

平均1500~1600アクセスを1日で叩き出していました・・・・ユニークユーザー(純粋な閲覧者数)も1000人近くと、こんなパラサイトフリーターのブログに一日1000人近くの方が貴重な時間を費やして閲覧してくださっていたのです。だから誰からも日の当たらず、少ない給料であってもなんとか生きてこれたのです。

覚悟はしていましたよ。ブログを移転するということは番組の放送時間を変えたり、店舗を移転するようなもので、ライブドアという箱でわかりやすく、安心して見れたという人が離れていくことは容易に想像していましたが、10分の1になるとまでは……

何を食べてもおいしくなかったり、仕事の些細なミスで精神を乱したり、人間関係も悪化したり・・・・とにかく3月は僕の中であまり良い月ではありませんでした。

そんな僕が、ある商材をきっかけにアクセス数1万人を突破して、月10万以上の不労所得を手にしました。あなたもメールアドレスさえ打ち込めば簡単にできます!!

そんな展開にはさせないぜ~~~~!!

前置きが異常なほど長くなって申し訳ありませんが、ワードプレス1年生の1か月で感じたことを適当に書き綴ります。

ドメインとサーバーの影響

ワードプレスを始めるにはネット上の住所であるドメインと家屋であるサーバーをレンタルして運営する必要があります。つまり公然の事実ですが有料です。

有料であっても多くのブロガーがワードプレスを利用する背景にはブログサイトにはない無限のカスタマイズ性、規約のない自由度、そしてアドセンスによる広告収入の効率化。ざっとこんなものです。

1年ごとにドメインやサーバーは契約できますが、複数年契約することでコストが多少安くなります。払わなければブログは消滅してしまうので、僕が大好きだったGAMELIFEという海外ゲームサイトブログも同様の現象が起こったのでしょう。仮に無料ブログであれば放置してもサイトは残り、雑草のように広告が沸きたち、運営者へ利益が入るという仕組みになります。

あなたが亡くなってもブログによる情報を残し続けたい、遺伝子としてまでブログを考えるのであれば(僕は子供がつくれそうにないので本気で考えたことあります)無料ブログの方が良いかもしれません。ただ運営会社が倒産などすると潰れてしまうので、100%残すのなら自宅の地下に日記を書くアナログな方法が絶対いいです。200万円ぐらい払って自費出版を検討するのもアリかも?

ドメインとサーバーといいますが、取り扱っているサイトは複数あります。

もしあなたがまとめブログや本気でブログを収益化することを考えるのならエックスサーバーというサーバーをレンタルするのがおすすめですが、年に1万ほどかかってしまいます。1万を広告収入などで確保しようと思ったらアドセンスの最低支払額8000円という壁を2回超える必要があります(1発で1万超えってそうとうムズイです)

優秀で早いサーバーらしいですが、一つの記事にいくつも画像や動画などをペタペタ貼り続けるってこともそうそうないと思います。

僕は、テキストベースですし、膨大な記事を扱う予定もないので、ロリポップサーバーと提携しているムームードメインでドメインを取得しました。ドメインは.comを1年で1200円ほどの額で取得。

ロリポップサーバーはムームードメインで取得したドメインを利用することで初期費用が無料になります。ライトプランというやや表示が重くなってしまいますが手ごろなプランを活用して3240円。

ふたつ合わせても5000円を切る価格で、趣味としてブログに費やす時間を考えると1か月500円以上は確実に遊べています。

ただ、ディープに記事を書き込んだり、これから記事数が膨大になった際の負荷のかかり方はわかりませんので、あくまで「できるだけワードプレスを安く運営したい」となった場合の選択肢として考慮すべきでしょう。誰もがマネタイズだけを考えてブログを更新するわけじゃないので。

ムームードメイン

ロリポップレンタルサーバー

(いずれもクレジット決済可能)

スポンサードリンク

プラグインよりテーマを重視

ワードプレスを始めるとまずはテーマの設定を行います。テーマというのはブログの背景、枠組み、テンプレートというものです。無料ブログにも最初から3桁ぐらいのテンプレートは存在します。テンプレートを変えることで更新される記事の表示、背景画の位置が変わり、ブログの使い勝手がかなり変わります。

そして、ワードプレスにおけるテーマは有料、無料と玉石混交でどのテーマを選ぶかによって更新の速さなども大きく変わっていきます。

ちなみに僕は最初にセオリーというバズ部が提供するテーマを取得。非常にシンプルでスマホ用にも最適化してます。ただあまりにもシンプルで後述するプラグインの効果的な挿入、CSSの知識などがなければ中途半端な外装になり、利用者、閲覧者ともに扱いづらい品物になります。

xeory無料ワードプレステーマ

取得するためにメールアドレスなどをサイトに打ち込み、利用規約を読む必要がある点も使用へのハードルを高めているかと。

セオリーに行き詰って、次に取得したテーマがSimplicity2というこれまた無料のテーマです。シンプリシティも外観がセオリー同様シンプルですが、簡単にアドセンスを好きな位置(記事上、記事末尾)などに挿入できたり、こちらもスマホに最適化されるのですが、ちゃんとまとまった窓枠につめて自動で表示してくれます。

スマホに関してはほぼテンプレートをいじらずに現在のようなレイアウトを確立できています。これはど素人にとっては本当にありがたい。昔はパソコンとスマホ画面を逐一設定する努力が必要だったわけですから。

シンプリシティ公式サイト

(親テーマと子テーマのダウンロードをして、子テーマで運用してくださいといわれています)

セオリーは他方でもいわれていますが、「続きを読む」タグを文中に挿入しないと全文がドバーっと表示されてしまって、トップページがやたら長くなってしまいます。記事の中身がそのまま表示されるので、記事内部に広告を設置した場合、大量の広告が表示されて「どんなけ金にがめついねん」という印象を与えてしまいます。

シンプリシティを導入すると直感的に見やすいです。華はありませんが非常に堅実です。

ワードプレスを始める場合、プラグインという有志が製作した機能、セキュリティソフトを好きなように導入し、ブログの使い勝手をカスタマイズすることができます。

無料ブログと違って、最初は本当に白地という状態なので、ツイッターと提携できるプラグイン、SEO対策のできるプラグイン、アクセスカウンターを設置できるプラグインなどを導入することで無料ブログに近い投稿しやすいカスタマイズを目指せます。

ただし、プラグインを大量に導入すると投稿ページそのものが重くなったり、大量のデータを内包するのでセキュリティへの脆弱性が生まれます。ウイルスにかかってしまえば、いままでの投稿記事がすべてパーというリスクと隣り合わせという認識でワードプレスは運営しなければなりません。

そして、プラグインを導入するために複数のサイトをサーフィンして情報収集するという時間という資産も失います。学生なら時間資産をたくさん持っていますが、おっさんはそれが難しい。なおさらあらかじめ必要なプラグインを効果的に持ち合わせているようなテーマを選択する必要性があります。

シンプリシティは開発者による情報提供が定期的に行われており、国内の愛好家も多いので情報が効果的に詰まっています。自分の直感でテーマを選択することも大切ですが、困った時に情報を取得しやすい利用者の多いテーマを選択する方がもっと大切です。

趣味ブログにとってのワードプレス

はい、僕ワードプレスにドはまりしています。ライブドアから移行した際は9時間ぐらい費やしました。ライブドアで書いてきた2年半の汗と涙の結晶は画像が失われ、そのまま移行したのでしたのでGoogle様に嫌われ検索されなくなったという悲運を遂げました。

ただ、誰かのやり方をまねたのではなく、自分で「こういう題材で書いてみよう」ということを続けて地道にアクセスを伸ばしてきたので同じ方法論をワードプレスにあてはめれば、また1000アクセスを安定してとれるような楽観的な自信はあります。できれば半年経過したときにワードプレスのロングテールな強みを享受できればと思います。

最近、学生時代の友達がブログを始めたという報告を聞いてとてもうれしい気持ちになりました。一人でも多くの人とブログを更新し、情報を共有できる喜びを味わいたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。