WONDA 微糖コーヒー+焙じ茶の最強作業用ティーコーヒーを紹介

スポンサードリンク




今日もコーヒー飲みながらブログ書いています司真です。

うちの職場ではキリンの自販機があるのでWONDAとは切っても切れない関係なのですが、そんなWONDAから新商品が登場。

それがこれ

ティーコーヒーって名前です。川栄李奈と神木隆之介が、ビートたけしと共演しているCMがあります。

「カフェラテとほうじ茶って新しい!!」って言いたいところですけど、過去にもホットも含めて、商品化されたケースは多く、特段珍しいわけでもないのです。

本商品はコールド専用であること、クラフトボス登場以降から500ミリ容量のペットボトルサイズですっきり後味タイプの珈琲が増えた(タリーズ、UCC、ジョージアなどなど)ことを受けてつくられた商品です。

僕はこういう大容量+後味すっきりなコーヒーを仕事中、趣味中との相性が良いことから作業用コーヒーなんて呼び方を勝手に作りました。

普通の微糖タイプは容量は選べますけど、非常に甘ったるいので500を一気に飲もうとはあまり思えないです。今でも販売されていますが、「ガブ飲みミルクコーヒー」なんて商品もありましたな~

さて、そんな作業用コーヒーの一つとしてラインナップされているティーコーヒーですが、感想は

「コーヒーとしては微妙、作業用コーヒーとしては絶妙」

です。「どういうこっちゃ」と言いたくなるのですが、ほうじ茶の風味(味というほど強烈なものではない)が後味の甘さを引き締めてくれるので、甘ったるさがなく次から次へとごくごく飲めます。それでこの525という25ミリ多い容量もありがたい。

価格もコンビニで入手しても150円とややお得です。

一方で缶コーヒーなどに飲み慣れている方にとってはとてつもなく薄いコーヒーです。薄く感じるため、カフェインの効果も薄いのか眠気防止にも効きそうにないです。味覚に敏感な人はほうじ茶風味も邪魔になるかも。

カフェインという成分を頼りに作業中にコーヒーを飲まれる方は避けた方がよく、作業中にコーヒーの風味を味わえたら集中力があがる、と考える人は絶対お勧めできる商品です。

所詮、大手メーカーのコンビニで手軽に買えるコーヒーなので、「最高級豆使用」とか「焙煎抽出」とかで下手にハードルを上げるような商品よりは、いさぎが良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。