メンタリスト投資家sai 彼は本物なのか?偽なのか? 投資のメンタルの基礎に立ち返るには良い本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

これから、ちょっとFXを始めてみようということで、YOUTUBEで活躍されているメンタリスト投資家のsaiって人が、アマゾンで電子書籍を出されていたので、レビューします。

心理学、メンタリズムと投資を融合させた、全く新しい投資スタイルを確立。現役トレーダー兼 コーチング。3万時間以上の学習と経験を積んできたメンタリスト投資家Sai。

学生時代から株の投資をはじめ、学生とは思えない3桁万以上の損失を繰りかえした行く末にたどり着いたのが、メンタリストの技術と人の心理面からアプローチする投資みたいです・・・正直な感想をいうとやや胡散臭いです。

これ109円って価格ですが、すでに15万部突破しているみたいです(自身のツイッター情報より)

結論を言えば、FXでなぜ9割の人間が失敗するのか?それをメンタルや人の欲望の構造をもとに紐解くって話です。

テクニカルな話や、投資の手法として有用なものというのは、書かれていません・・・

将来的にそういった内容をまとめた電子書籍を出される予定みたいですし、やや怪しく感じますが、LINE@への登録もできます。読者の判断にゆだねます。

本書は、投資をかじったことがある人でもしっている、プロスペクト理論、マーチンゲール理論について言及されています。

プロスペクト理論とは
人は損を極端に嫌い、利益を甘いお菓子のように好む

最終的に収支を減らす人の特徴として、損切を繰り返し、せっかく利食いの状態になっても少し利益が出た時点で、利確してしまう。

また利確を怠り、損になってしまった場合、それを取り戻そうとしばらく相場とにらめっこしてしまう・・・・

これはパチスロやっていて、何度も経験しました(笑)

これについて、「儲けたいという根底の部分を持ちつつも、プロスペクト理論に逆らい、実施あの選択肢は逆にする」ということらしいです・・・

客観的な視点を持つのも重要だと記載されています・・・わかったようなわからないような。

また、「皆が買いに走っているときに、自然と売りから入れるような思考を構築」なども書かれています。

勉強になったのは、下記の文章

もし人間の判断力が合理的ならその会社が将来にわたって成長する可能性は織り込まれているはずなので、これ以上は上昇しません。仮にその会社が上昇したとしたら、大衆がその会社の将来の成長見込みを正当に評価できていなかったということなのです。

新聞でも、日々明るそうな業界の特集はされています。

経常利益がよい会社は、株も右肩上がりとされています。こういう株を四季報で、買った人は多いと思います。そして信頼したと思ったら、突如訪れる下落。万単位の損失。

つまり、それって自分で、しっかり判断しているようにみえて、競馬新聞で二重丸の馬にかけつづけているだけなんですよね。

逆張りの発想になるため、新たなトレンドを形成した場合は、機能しない。

こういうテクニックの話も少しでてましたね。

また、自制心をおさえるために、あえてチャートとにらめっこするのをやめて離れてみることや、ルールを守るためにできる限りルールをシンプルにして、そのメリット、デメリットを深堀する、などセルフコントロールについて、初心者もわかりやすくまとめられています。

相場がランダムではない「トレンドを形成しているとき」に利益を得るということです。買いが買いを呼び、相場が上昇し続けるときは、ランダムではない相場です。買いが買いを呼ぶということは、投資家の心理によって相場が上昇しているということなので、完全なランダムではありませんよね。適当に動いてチャートが形成しているのではなく、人々の感情によって相場が動いているということです。

相場の波にしっかり乗らなければ、損切が利食いを上回る状況を打破できないが、そんな単純なものなのか?と少し疑います。

以上が、FXYOUTUBERのメンタリスト投資家の本を読んだ感想です。全体的にちぐはぐで、無理やり難しい言葉を使っているかな・・・

って思うとすころもありますが、がっつりと勉強になった点もあることは、追記しておいきます。

個人の電子書籍で500円や1000円のものもありますけど、内容がないよう(渾身のギャグ)な本がマジで多い・・・その中で優秀ですね。

さて、早速LINE@を登録しました。どんな情報が飛び出るかお手並み拝見です。

次は、素直に初心者向けの本を紹介しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。