携帯用トイレを使ってみた 俺の尿が固まっていく!! 長距離ドライブのお供に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回は長距離ドライブするあなたへの心強い味方である携帯トイレを紹介します

題材が題材なので、食事中の閲覧はお勧めしません。

アマゾンで、5個セット販売されたものを購入しました。写真のとおりケースをつけたスマホより少し大きい程度で、ダウンのポケットにはちゃんとはまります。

中身は、凝固剤の入った袋と、その上に重ねるポリ袋です。

このように広げて、やります。男性だと簡単ですが、女性は難しいかもしれませんね。

実際に使ってみた

コミケの緊急事態で使うかもしれないので、自宅で使用してみました。

500ミリってどれぐらいって思っていたのですが、コーヒーやお酒をがぶがぶ飲んでもしっかり受け止める量はあると思います。ただし、凝固されるまでに時間がかかります。

凝固剤の袋はジップロックになっていて、しっかり閉まります。どうしても入り口に尿がついていますし、尿臭が完全になくなるということはありません。

あまりにも固まらないので、揉んでみました・・・自分の尿を揉むって後にも先にも今だけですよね(笑)

するとゼリー状にしっかり固まってきました。そこでポリ袋を入れて、自室で5~6時間放置しました。長距離の運転なら3~4時間ぐらいになるでしょうか。

朝、目が覚めて袋を開けました。アンモニアは空気に触れると匂いが強まりますが、しっかり固まっており、鼻を近づけなければわかりません・・・すごい。

そして、固まったゼリーをトイレに流します。全部流しきるのが難しい・・・そのまま破棄できたら便利でしたね。

そして、流しきった袋にポリ袋をもう一度入れて、ようやく破棄できます。

感想ですが、やはり車の中で用を足したいという緊急向けですね。外出先でトイレが少ない場所でとなると頑張れば、ズボンの中でできるかもしれませんが、ジョーっと尿が流れる音はしっかり聞こえるので、かなり難しいです・・・

2~3メートル離すだけで、尿臭を防止できるのはすごい便利ですね。ペットボトルに尿をいれるよりは、使い勝手がいいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。