花粉症への新提案 ノーズマスクに期待したが・・・鼻水びしょびしょで大変でした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

花粉症がひどすぎて、藁をつかむ思いでドラッグストアにかけよって、よくよく考えたら目的のない対策グッズを買って、後悔したことありません?

今回は、そんなちょっと反面教師的な記事になります。

今回は、このピットストッパーという商品を買いました。端的に言えばノーズマスクです。

マスクをして

  • 息苦しい
  • 眼鏡がくもる
  • メイクがとれる

また、接客業などで積極的にマスクが使えない人にとって素晴らしい提案の新時代のマスク!!と思い、購入しました。

使い方は、本体のバーをつまんで、水につけて水気をとって、鼻にIN!!

気分は、シンクロナイズドスイミングの演技者ですね・・・

裏面の説明を見ると

鼻からの花粉・粉塵・ほこりなどの侵入を防ぎ、同時に鼻水を吸収する世界初の商品です。

はい、みなさん後半部分だけ覚えておいてください。

出勤前に自宅でつけます。出勤途中ではやくも「ハックション!!」激しすぎるくしゃみを連発。それでも、このノーズマスクがスポーンと飛ばないのは優秀。

しかし、鼻孔への違和感をぬぐえず、鼻呼吸も物理的にしっかり疎外されています。口呼吸がメインになってしまう・・・・

花粉症になると、抗ヒスタミンの副作用で口が渇くのもありますが、口呼吸になってそこからせきや喉の痛みに繋がるのが、異常なぐらい厄介…せきどめなんかにも抗ヒスタミンが使われるから、併用できないし・・・

もし、タイムスリップできるなら、スギを積極的に植えた人物に出会って、その理由を小一時間問い詰めたい・・・そんな妄想をかれこれ300回はしています。

さて、電車に乗ります・・・しばらく揺られるといやでもわかります。

ノーズピットに大量の鼻水がためられていることを・・・

鼻呼吸はさらに苦しくなるし、普通に不快になるし

試しに外してみると

だら~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん

・・・・・すいません食事中の人。

鼻水が弧を描いてやってまいりました。一応手でふさぎましたが・・・

おい、鼻水を吸収する性能って書いてあったやん・・・

ドロドロな鼻水いっぱい貯め込んでどうするんだ・・・

それ以前に鼻呼吸が苦しすぎるやん・・・

というかそもそも鼻呼吸は最低限できるのだから、そこから少しでも花粉が侵入したら、普通に症状でるやん・・・

ちょっとこの商品、まだまだ発展途上すぎひん?

うーむ・・・コンセプトが画期的でしたし、これが説明通りの性能であれば、接客業に従事されるすべての人に光指す、素晴らしい商品になっていたでしょう・・・・なにより期待したい僕が一番がっかりでした。

みなさん、とうぶんは普通のマスクをつけるか、医薬品の力を借りるか、気合で乗り切りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。