ピップ 貼るサポーター腰用 座り仕事の新しい選択になる姿勢矯正の貼るサポーター

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、最近発売されたピップの「貼るポーター腰用」を紹介します。
独自の姿勢サポートボーンが使われ、一人で貼ることができて、腰痛に使用できて、外でも使用できる薄型のサポーターになっています。
新しいサポーターやコルセットをお探しの方。特に座り仕事が多かったり、姿勢がひごろから悪く腰を痛めている人にはお勧めです。
ちなみに筆者は、肉体労働がたたって20代にヘルニアを患い、コルセットを1か月ほど使い続けた経験があります。


このブログでは、腰痛、ヘルニア、痛み止めの情報も公開しています。よろしければ参考にしてみてください。

京都のドラッグストア店員ブログ
京都のドラッグストア店員ブログ
https://tukasamakoto.com/dokisin
京都のドラッグストア店員ブログ
京都のドラッグストア店員ブログ
https://tukasamakoto.com/tylenol

 

 

スポンサーリンク

ピップ貼るサポーターは、サイズ設定がなく20~60代の現役世代にお勧め

ピップ貼るサポーター腰用は、現役世代、20代~60代の男女に使用できるサポーターです。

名前の通り、貼るタイプになっており、今までのサポーターやコルセットと違って、サイズの概念がありません。(ただ腰が大きすぎる、小さすぎる場合、ボーンが合わないかもしれないです)

 

 

ドラッグストアで接客をしていて、サポーターのサイズでお悩みのお客様は、多いです。サイズが合わなくて、返品される方も多いです。

僕は、結構肥満体系の30代成人男性ですが、一応フィットしています。

 

ピップ貼るサポーターは、持ち運びやすい 外出先や座り仕事重視の人はお勧めの姿勢矯正サポーター

ピップ貼るサポーターは、座り仕事をしている人にお勧めです。

独自開発の「姿勢サポートボーン」と宣伝されているように、猫背を改善し、姿勢をピンとはってくれるようにサポートしてくれます。

ピップ 貼るサポーター 

さらに、腰をそりすぎても、ボーンが腰を圧迫するため、適度な姿勢を保てるようになっています。

猫背になりすぎると、テープが引っ張られ、腰をそりすぎると、ボーンが腰にあたりすぎるという機能になっているため、ちょうどよい姿勢をサポートしてくれます。

 

そのため、長時間動き続ける仕事よりは、座り姿勢で猫背になりがちな人に適正な姿勢矯正をしてくれるサポーターになっています。

また、出張が多く、外出先などでサポーターを使いたい人にもお勧めです。サポーターやコルセットを持ち出すとなると、荷物が非常にかさばるからです。

 

ピップ貼るサポーターは、あくまで姿勢を矯正するもので、腰に痛みを抱えている人や肉体労働の人には適さない

説明したように、ピップ貼るサポーターは、姿勢を矯正してくれるアイテムですが、痛みを抑えるとか、痛みを止める効果は、ありません。

 

そして、動き回る仕事の場合は、腰にボーンの圧力がかかり続けるので、途中で痛みが起こることがあります。

 

勤務日に使用しましたが、夕方から腰が痛みだしました。無理やりはがそうとしましたが、水にぬらさないと、皮膚に密着するので、かぶれたり、最悪肌を傷つけたりする恐れがあるので、ちゃんと説明書通りに、お風呂ではがす使い方を心掛けてください。

 

 

もちろん、運動にもあまり適しませんし、家事の作業をサポートするために使うのもあまりお勧めできません。

 

ピップ貼るサポーターは使い方次第で、コルセットやサポーター特有の蒸れやかぶれのリスクがある

サポーターやコルセットを使用するうえで、蒸れやかぶれは考え物です。

ピップ貼るサポーターは、テープと肌が密着状態にあるため、汗がたまりやすい夏は蒸れて、かぶれる可能性があります。

ピップ 貼るサポーター 使い方

(試供品の説明用紙ですが、使い方は貼り方、外し方にややポイントがいります)

また、毎日使用し続けるとかぶれるリスクがあるため、間隔をあけるようにと記載がありました。

そのため、肌が比較的弱い高齢者の方や、肌がかぶれやすい方には、あまりお勧めできません。

京都のドラッグストア店員ブログ
京都のドラッグストア店員ブログ
https://tukasamakoto.com/dokisin
京都のドラッグストア店員ブログ
京都のドラッグストア店員ブログ
https://tukasamakoto.com/tylenol

 


ピップ貼るサポーターは3枚でおよそ750円~850円で購入できる

ピップ貼るサポーターは、オープン価格となっていますが、楽天市場を調べてみると、750~850円ほどの価格帯で推移しています。実際に送料がプラスされるので、実際のドラッグストアで発売されているか、確認した方がいいでしょう。

 

一枚当たりが300円未満ですが、1日使い切りになります。

近年では、整形外科で、コルセットが保険適用で手に入るようになりました。市販のコルセットやサポーターも安価なものであれば、2000円未満で購入できます。

 

(合う、合わないはありますが、安価なサポーター、コルセットがネットで購入できるようになりました)

そのため、ピップ貼るサポーターは安いとはいいがたいです。ただし、旅行先や出張先の急な腰の痛みや、姿勢をサポートしてほしいというときは、役に立ちます。

 

短期間だけサポーターを使った場合は、ごみになってしまう可能性があるため、短期間のサポーターと割り切って使用すると、安くサポーターを使用できたことになります。

一つの選択肢が生まれたと考えて、使い分けたいところです。

 

ピップ貼るサポーターの口コミを踏まえて、メリットのある人、ない人

以上を踏まえて、ピップ貼るサポーターにはこのような特徴があります

  • 姿勢を矯正してくれるサポート力が強く、座り仕事が主体の現役世代にお勧め
  • サポーターやコルセットのサイズに悩みたくない人にお勧め
  • 短期間だけサポーターを安く使いたい人にお勧め
  • テープが肌に密着するため、蒸れやかぶれに弱い人にはお勧めできない
  • コルセット同様に、動き回ると腰を圧迫するため、肉体労働や腰に激痛をもっている人には適していない

 

 

正直、まだ使いやすさなどの点で、改善する部分が多いと感じました。

ちなみに第三者の意見も取り入れてみます。アマゾンの口コミによると

 

好意的な口コミ

  • 腰の痛みが改善された、無理なく起きれるようになった
  • あまり蒸れない
  • 腰をしっかりホールドしてくれる
  • 貼りやすい
  • ベルトタイプと違って、お腹までしめつけられない

批判的な口コミ

  • コストパフォーマンスが悪い
  • たった時と座った時で使用感が異なる
  • テーピングのような役割で、やはりコルセットほどの締め付けでないと実感がない

 

 

同じような商品がなく、おおむね好意的でしたが、批判的な口コミも見られます。

 

持ち運びが本当に便利で、使い捨てというのもメリットだと思うサポーターなので、気になった人は、試しに1日だけ使用してみるのもいいと思います。

京都のドラッグストア店員ブログ
京都のドラッグストア店員ブログ
https://tukasamakoto.com/dokisin
京都のドラッグストア店員ブログ
京都のドラッグストア店員ブログ
https://tukasamakoto.com/tylenol