二酸化塩素によるウイルス対策を本格的に始めました ピップ ウィルリセット

スポンサーリンク

どうも、皆さん風邪へのケアは何をしていますか?

僕は、こんなものを買ってみました。

ウィルリセットというピップさんの商品で、大幸薬品さんの「クレベリン」が最も有名な商品です。空気中に二酸化塩素を飛ばして、ウイルスの機能を弱めて、除去・除菌するというものです。置き型のみならず、スプレータイプの発売されています。

近年だと、ドラッグストアで見かける方も多いと思われますが、ペンタイプやワッペンタイプと首にぶら下げることで、室内のみならず屋外のウイルスにも対応できる商品が増えました。

(使ってみたんですけど、ポケットのペン枠をかなり圧迫するんですよね・・・胸ポケットは激戦区ですね)

ただ、この二酸化塩素系統の商品には、一つの弱点がありまして、「匂いが強烈」というのがあります。

学校のプールの塩素があるじゃないですか?あれと全く同じ鼻につく強烈な匂いです。

ウィルリセットは、フローラル、フルーティの2種類の香りがあって、塩素の強烈な匂いを何割か包み込んでくれます。

ちなみに画像の商品は、旧パッケージになります。買い置きしていて、押入れに眠っていました^^

セットの仕方は、少し手順がいります・・・といっても、香り付きのタブレットをプラスティックの容器の上において、二酸化塩素を発生させるタブレットをゲルの上に置くだけです。これによって、二酸化塩素を発生させつつ、フルーティな匂いが広がる・・・という解釈でいいんでしょうか。

実際に使ってみました・・・・しますよ塩素の匂いが強烈なぐらい。

僕の部屋は5~6畳ぐらいだと思うのですが、テレビの前に置くと強烈な匂いを就寝中も放ちつづけました。おさまるのに3~5日ぐらい要しましたか。しかし、無くなったら無くなったらで「本当に効いているのか?」と疑問がわきます。一応2か月は使いっぱなしでいいみたいですけど。

二酸化炭素単体の匂いに加えて、フルーツの甘い匂いがのっかって、まぎれもない異臭になっていたのは、残念でした。

「二酸化塩素の匂いを消す」

というコンセプトは完全に果たされていませんでしたね。

最低限の労力でウイルスへの対策ができるっていうのは、いいですけどね。でも、風邪になるときって、人から菌をもらうっていうよりは、もともと自分の身体の抵抗力が弱くなってという前段階があるので、これをやっているから対策している気になるってのは、危ないかなと思います。

それに、ノマドや在宅ワーカーなら重宝すると思いますけど、多くの人が外に出て活動しているので、本当に良い対策商品かどうかも疑問・・・家族が多ければ、家族が外から持ってきたウイルスを撃退できるので良いと思いますが。

ドラッグストアを利用されている方は、症状が出てから急遽押し掛けてきたという目的の人が多く、前もって予防しておこうって人は少ないです・・・まぁ世間的にクレベリンにどれだけの信頼を置いているかって方が重要ですかね。

まぁ、こんな選択肢もあるよということだけお伝えしようと思いました。

(新パッケージは銀で、いかにも除菌ってイメージですけど、匂いがプラスされていることを想像しにくい色ですね。旧パッケージの方が、なんか匂いがついているなってイメージしやすいです。「ウイルス菌を除去」ってデカデカと書かれていることが重要ですね)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。