熱中症続出の夏で、経口補水液がかなり売れているので、いろいろ調べてみました

スポンサーリンク

ようやく暑さのピークは過ぎた・・・いえまだまだ38度の日も続いています。

お客さんもわざわざ外出して、買い物されるかたが少なく楽な状態ではあるのですが・・・通販サイトはその反動で、大忙しでしょうね。

ひと昔前は、ポカリ、アクエリアスといったスポーツドリンクやミネラルウォーターが大量に売れていました。

(ボトルだとかさばる、高価、さらに糖分過多のため、顆粒で調節できるといいですね)

しかし、近年になって、暑さ対策といえばこの2点

  • 経口補水液
  • 塩タブレット、飴

いずれも、汗によって体から放出された「塩分」を補給することを主としています。経口補水液が謡っている「電解質」というのは、ざっくりいえば塩分です。

水、スポーツドリンクは、水分や糖分の補給はできますが、塩分の補給ができません。汗をかいたからといって大量に水を摂取すると、体内の塩分が薄まり、それを取り戻そうとして大量に発汗して、脱水症状につながる恐れがあるため、塩分を含む飲料水、タブレットが推奨されているわけです。

確かに経口補水液の代表であるオーエスワン(大塚製薬)を飲むと、甘いというより、少ししょっぱい味がしますね。

(この暑さは毎日が災害といっても過言ではないので、一家に一つ、まとまった量を備蓄しておきたいですね)

(ポカリ同様、ゼリータイプもあります。咀嚼が困難な人にも点滴のように使える)

これだけ聞くと暑さに万能で、ぐびぐびこれだけ飲めばいいんじゃない?って過信してしまいます。

消費者庁許可個別評価型病者用食品と大層なことが書かれています。

一方で

・年代によって、1日の摂取量が定められている

(実は、裏面に容量のメモリが記載されています。適度に摂取する時に非常に便利!!)

・医師から脱水状態時の食事療法として指示された場合に限りお飲みください

このような注意書きがあります。2番目が何やら厳格そうですが、これはブドウ糖などを含むため、医師から食事制限を受けている方が飲んではいけない可能性があるからです。

実は、乳児、幼児も飲めるという点では、糖分を大量に含むポカリよりは安全といえるのです。(ポカリは本来ペットボトルタイプを2倍に薄めて飲む必要がある)

本当に医師の指導が必須であるなら、第一類薬品や薬局やコンビニのレジではまず売られていないので。

そのため、過剰摂取さえ気を付け、ハードワークや長時間外出するときのピンポイントで飲むことは奨励されています。

この手の知識は、大塚製薬のオーエスワン公式サイトでかなり詳細に丁寧に説明してくれています。さすが、大手の広告力は違うな~

オーエスワンのブランドサイト

スポンサードリンク

しかしながら、経口補水液を買い続けると家計を圧迫しますね。

実は、オーエスワンとほぼ同等の内容で、しかもお値段が安いエブリサポート(ニットービレッジ)という商品も発売されています。オーエスワンのように国の認可を受けているわけではありませんが、こちらも同等の効果を有します。

(細かい要素や、成分量は異なりますが、主となる要素は変わらず、どちらも塩分を摂取できるのです)

(セールをしていない日でも2ケタの値段で買えることがおおい商品です)

さらに言えば、常にスポーツ時に経口補水液を飲む必要はなく、2~30分おきに200ミリぐらいの水分を適度に補給することで、脱水症状や熱中症対策になるのです。保険として塩分タブレットと併用するのも〇です。

(甘しょっぱい味がたまらなく、意味もなくボリボリと食べ過ぎたことも・・・反省)

テレビでも特集されることが多くなった、経口補水液。

過度の発汗による脱水症状を防止するので、暑さに飲むのも間違いではないのですが、下痢による脱水症状などに対しても効果的です。世の中にこのような優れた飲料水があるということを覚えているだけでも、緊急時に対応できます。

恐怖 水様便との苦痛な日々

脱水状態は、唇がかさかさになっているか?手の甲の皮をひっぱって戻りが3秒以上かかるか?といろいろ検知方法はあります。

暑さも残りわずか・・・そう願いたいですが、まだまだ続く可能性は高いので、一日も早い知識と対策を身に着けたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。