梅田で味わう格安でもおいしくてボリューム満点の「俺のフレンチ」 コースがなくても、ディナーであっても心配いらない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今日は、フレンチの紹介です。

どうでしょうか?金持ちに見えますか?(笑)

今回は、俺の株式会社という焼肉やイタリアンなどの系列を幅広く出している、会社の

俺のフレンチ

って店に行ってみました。阪急梅田から徒歩10分ぐらいで、アクセスできます。

俺のフレンチの特徴はただ一つ

安くて、ボリューム満点で、おいしい

もう外食に必要な3種の神器をすべて持ち合わせているわけです。

おいしい料理は良い素材から。 良い素材は高価なので、平均料理原価率55%、中には100%を超える料理もごろごろあります。トリュフ、フォワグラ、キャビア、などなど高級食材をふんだんに使用し、至極の料理をご提供いたします。 どこでも体感できない最高のコストパフォーマンスを是非感じてください。

公式サイトには、こんなことが書かれているのですが本当でしょうか?(疑心暗鬼)

この俺のフレンチは、高級フレンチを低価格で提供することをコンセプトにしているみたいです。

ちなみに、この「俺の株式会社」の創業者で社長の坂本孝社長・・・なんとブックオフの創業者みたいです。ブックオフだけでも、末代まで遊んで暮らせるほどのビジネスの成功をおさめながら、全く違う外食業界に参入って・・・やっぱりすごい人がいるもんです。

俺のフレンチやイタリアンは、坂本社長が、焼き鳥事業で赤字が続き、徹底的な外食リサーチを重ねた結果、ミシュランの味と立ち飲み屋というコンセプトを融合させるという結論に至ったみたいです。

都内や市街地に集中的に店舗を出店することで、店舗同士の競争心とビジョンの共有を狙っています。

俺のフレンチに至っては、原価率が60%をオーバーしている料理もあり、回転率でカバーしている。

確かに、イタリアやフランス料理は、どっしり腰を据えて少数の客が予約で埋めているという印象が強かったです。

店内は、店員が所狭しと駆け巡り、居酒屋さながらの活気あふれる声に満ち溢れていました。

そして、客層も仕事終わりのサラリーマンがにぎわっており、それまでのフレンチレストランのイメージをいい意味で、刷新しているなぁと感じました。

平日の夕方にお邪魔しましたが、休日だと都心部なので、予約しないと入れないそうです。気を付けましょう。

メニューは下記のPDF形式でみることができます。

俺のフレンチ フードメニュー

スポンサーリンク

味のみならず、ボリュームにも妥協しない

俺のシャンパーニュ。辛口と書かれていますが、飲み口は柔らかく、グラス1200円ですが、なみなみと注がれており、フードを食べ終えても十分に残っています。

トリュフ香るなめからポテトサラダ 580円

厚切りのシンプルな塩味のポテトチップスをつまみに、あまりにも濃厚で、こってりしたポテトサラダを食べます。名前の通り、トリュフの独特の風味が香ります。

写真以上にポテトサラダのボリュームが素晴らく、ワンコインと少しでこのクオリティは・・・あまりに異常すぎます。

ポテトサラダの味わいもじゃがいもを丁寧にペースト状にしており、余計なものを加えず、じゃがいものうまみに専念したものになっています。

トリュフのリゾット 780円

ポテトサラダほどトリュフのインパクトはないものの、目の前でパルメザンチーズをのせるというパフォーマンスもあり。

口の中でねっとりとチーズの風味をまとうリゾットの味わいは、噛めば噛むほど甘さを増し、素晴らしい記憶として残ります。

牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ 1980円

思わず値段を二度見しました・・・ほんまにフレンチの肉とフォアグラでこの値段?ってね。

肉は、赤みの甘さが際立っており、フィレ気味の上品な柔らかさと、適度な噛み応えがあります。正直、安かろう悪かろうで、ハードルを下げに行ってましたが、良い意味で期待を裏切られました。

フォアグラの口当たりも、濃厚。過去にホテルでフォアグラを食べた経験がありますが、全く見劣りしません。

メインは、どれだけ高くても3000円を切るように設定されています。

つまり、メインとアルコールを頼んでも3000円ぐらいで高級なひと時をすごせるわけです。そして、アルコールをソフトドリンクに変えて、フードを増やすとおなかも満足できます!!

感動すべきは、味わいだけでなくボリュームです。ポテトサラダもそうですが、上品で贅沢なおいしさなのに、それぞれのメニューがしっかり成人男性の一人前相当あります。

高級なフレンチやイタリアンへ行って、「あれ少しずつしかでない・・・」という一般市民的な考えを持ってしまう人は多いと思います。

俺のフレンチは、原価率もさることながら、味わいの高級さに不釣り合いなほど、すさまじいボリュームを提供してくれます。

これらを頼んで5500円ぐらいです・・・感想は

「よくそれですんだ・・・・」でした(笑)

この手の飲食店は、お手頃なコースがなく、単品が高くていつの間にか高額になっているということが多いのですが、俺のフレンチはボリュームもすごいし、価格もお手頃なので、大卒初任給でも十分に満足できます。

いや、あなたのみならず、大切なご家族や、友人、恋人を連れても1万円程度でおさめられると考えたら、素敵じゃなありませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。