8月に京都の中心でできた和デリ のなはんで手軽に惣菜と野菜を摂ってみた~

スポンサーリンク

今回は、今年の8月1日にオープンしたばかりの京都中心地の和デリ

のなはん ジャパニーズデリ&カフェ

を紹介したいと思います。7月下旬から、店員さんの研修をはたから見ながら、「俺も8月に新しい職場で働くんだな~」って変な共感を覚えながら、見ていて、ようやく訪れることができました。

最寄りは、三条京阪と阪急河原町でどちらも8分ぐらい。京都の中心地である新京極にあります。ムービックスから2分ぐらいですね。

結論から言うと、デパートのお総菜コーナーで選んで、その場で食べられるっというのを売りにした店です。

まず入ると、店員さんが数名いて、目の前にアイスクリーム屋のようにずらりと野菜を中心とした惣菜が置いています。

看板の

メインディッシュ+サラダ+2デリ膳を頼みました。

価格もデパ地下価格に近く、下記のラインナップでドリンクを省いても、1800円とランチにするには、ややお高めですね。

一応、サラダやデリの数を増減させて、価格を調整させるようなラインナップはあります。

アメリカでは、高コレステロールな冷凍食品が安価なため、貧乏であるほど肥満になるという現状があります。

それは、おそらく日本でも適用されるでしょう。コンビニやスーパーの弁当を見ていても、野菜の割合がかなり減り、とにかく肉や脂ものをワンコインでたらふく食べてもらって、お得感を演出しているっていうのが多いです。

惣菜屋に足を運んで、野菜を中心に選んだら、あっという間に1000円、2000円が飛びますね・・・

まさに一番かかるランニングコストが健康といえるでしょう。

日ごろ、野菜をとる機会・・・・ほんと少ない。

写真だとわかりづらいですが、左上がおにぎりで、右上の紙コップにはいっているのがスープになります。スープは白濁ですが、何が使われているかわかりませんでした・・・

味に入る前に、トレイが木製で結構深めに作られている影響で、結構食べにくいです。小皿をとってそのまま食べるのもなんですし・・・・僕、箸使いが滅茶苦茶なので・・・

メインは西京漬けのチキンでこれもまたヘルシーですね。

見た通り、様々な野菜がミックスされていて、キッシュや揚げナスなどが非常にジューシーで、意外にもボリューミーなんです。

そのため、野菜を食べているにも関わらず、ほどよい満腹感と、メインディッシュをいただいているような多幸感があります。

西京漬けチキンも薄めですが、しっかり西京漬けの味がしみていて、チキンもほどよい食感です。

ただ、繰り返しますが、やはりメインメニューが1800円というのはつらいですね。期間限定で、1000円フェアをつくったり、コストを見直さないと、飲食店の激戦区なので、厳しいです。

この近辺であれば、農場ビュッフェで、野菜やソーセージが食べ放題でランチ1800円ぐらいのもくもくファームが最大のライバルになるでしょう。あそこの甘酒・・・まじでうまい。

原価も野菜をふんだんにつかっているため高めかと思われますが、なんとかできないでしょうか・・・

一応、カフェの特性もあって、野菜を使ったパフェやドリンクが充実していて、席数も多いので、ムービックスで映画を見た後に語り合う友達などがいたら、くつろぎやすい場所なのがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。