据え置きなの?携帯なの?いつものどっちつかずなSNKのNEOGEOミニを簡易レビュー

スポンサーリンク

我が家に100メガショックがもう一度やってきました。

ファミコンミニがちょっとしたプチブームを起こし、レトロハードを出してきた各社がこぞってミニ化を表明。

ファミコンミニに続いたのは、中国の資本を得て復活したSNKのNEOGEOミニです。

特徴として、モニター、コントローラーが一体となっており、見た目はNEOGEOではなく、アーケード筐体です。うーん、これだったら各社とタッグを組んで、ストリートファイター、バーチャファイター、鉄拳なんかがはいった夢のミニを遊んでみたい・・・

まぁ、スーパーファミコンミニも手に入れて、喜んでスターフォックス遊んだんですが、それっきり全然触っていません・・・人間って欲深いもので、複数のゲームを手にすると満足して遊ばないものです・・・最低でもマリオRPGは触ろうかなと思っています。

パ○っているように見えますが、SNKは任天堂がスイッチを世に出す前に、NEOGEOXというスイッチとほぼ同じ構想のハードを出していました。

新作はありませんが、過去作のゲームの集合が入ったカードを差し込むことで、テレビで遊ぶことも、携帯で遊ぶこともできるという据え置き+携帯の構想をいち早く実現したハードですが、権利関係で新作が発売されないようになったのもSNKクオリティ・・・

(元のNEOGEOは家庭用ゲーム機がアーケードのグラフィック、処理能力よりだいぶ劣っていた時代に、同等の性能を家で遊べる超ハイスペックマシーンとして君臨していました。あまりにもターゲットを選びすぎた仕様が功を奏して、一部のファンから熱い支持を受けたのです)

重さはスーパーファミコンミニとあまりそん色はなく、普通の携帯ゲームのように寝転がりながら遊ぶこともできます。

(高さはありますが、面積はこのようにスーファミと同等)

HDMI、充電アダプター、そしてコントローラーは別売りです。本当に携帯ゲームのようにさくっと遊ぶという人ならいいかもしれませんが、腰を据えて遊ぶならこれを買うよりもPS4のアケアカで選んで、アケコンで遊んだほうがクオリティは高いはずです。

12000円ぐらいは、アマゾンでもするので、完全にファン向きな作品です。実用性を出すには、そのほか経費が多すぎて・・・一部のファンしか買わないです。

スタート、セレクト同時押しで音量と明るさを変えることができます。音量はバーが5段階ぐらいで、1つあげるだけでだいぶ大きくなるので、やや使いづらい・・・

(画像は、初代メタルスラッグ。いつ遊んでもドットの細やかさに驚かされます)

アマゾンレビューによれば、ゲームによって音にノイズがはいったり、処理落ちが発生するあ面もあります。HDMIで遊んでいないのでわかりませんけど、筐体で軽く遊んでも重いなと思うところがいくつかあります。

発色は悪くなく、アケコンもかなり小さいですが、真空波動コマンドはなんとか打てます。むしろ業務用のコントローラーだと「あそびができてしまって、ジャンプが暴発しますからね・・・

(ウメハラのワイン持ちはできません)

ラインナップはほぼ格ゲー、餓狼、サムスピ、龍虎、月華、そしてKOF。KOFなんてNEOGEO発売のものが、ずらりとそろっています。初期の94からNEOGEO晩年の2003まで。

(新作もよろしく)

家庭用機のようにプラクティスで遊べたり、難易度変更もありますが、ワンボタン必殺技などがあるわけでもないので、これでレイジングストームを出すのが面倒そう・・・

アイデア自体は、実際に触ってみても悪くないなと思いましたし、ミニサイズのアケコンでも押した感覚があったり、触り心地もまぁ及第点かな~という程度です。やや図体が大きいのと、携帯で遊ぶにしては、いろいろ邪魔がところが多いのが残念です。

アイデアはいいけれど、どっちつかずが激しく目立つというのがいつものSNKクオリティでしょうか・・・

餓狼MOWの新作!!待っています!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。