中野屋らーめん THE JIRO 今出川店 次郎系に求める条件がそろったお洒落な煮干しラーメン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回は次郎系の紹介。今出川にある「中野屋らーめん THEJIRO」です。京都駅にもあります。

今出川にはありますが、ラストオーダー22時30分が何気に嬉しい。

あと、次郎系はお腹に来るので、店を出てからも

近くにコンビニはないか?
最寄駅から何分か?

この条件はすごい大切です。お腹は大切です(切実)

ちなみにこの今出川店は、徒歩1分でファミリーマートと今出川駅があります。もう完璧!!

店内は券売機とカウンターという見慣れた光景ですが、外装からわかるように照明も落ち着いていて、店員もいい温度感で、接客されています。

この店は「煮干し」にこだわっており、煮干しと極太麺のハーモニーを楽しむことをコンセプトにされています。スープもほかの次郎系に比べるとあっさり目で、食べやすいでしょう。

次郎系といえば、西院の「地球規模で考えろ」によく言ってましたが、あちらは普通が300gですが、こちらは、普通だと普通サイズがやってきます。

グラム数はメニュー表でしっかり記載されていますので

「次郎へ行くなら300gが当たり前じゃい」という人は、どうぞ挑戦してみてください。

僕は、今回弟と来店しました。弟につられて、「もり次郎」という汁なしをセレクト。

にんにくあり、野菜増し、あぶらましをチョイス。

個人の見解ですが、野菜と麺でお腹がパンパンに膨れるので、次郎系行くときは、汁なしを選ぶことが多いです。量は、一回にたくさん食べられないので、普通にしました。

自分の身の丈以上を頼みすぎると、「何を食べたか忘れた」という満腹感で、もったいない想いをしますからね・・・

見ての通り、もやしと極太麺のタッグが強烈。これだけでしっかり腹に響いてくれます。時折やってくるにんにくとあぶらの風味が「あ~次郎系食べているな」と感じさせてくれますね。

スープではないので、煮干しの風味はそこまで強くなかったですが、麺からもやしに至るまで、しっかりとスープが浸透していました。

さて、次回は同じ今出川地域で、次郎系とはまた違ったブランドを確立している・・・あの店を紹介予定。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。