小林製薬 天使のミミクリン ローションとスパイラルの協奏曲 耳垢を確実にとりますぜ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

どうも、僕の耳を掃除してくれる女の子を募集中です(いきなり何言うとんねん)

ということで、今回は耳掃除レビュー!!

小林製薬の天使のミミクリンって商品です。

エタノールやグリセリンが配合された液体に、スパイラル形状の綿棒をつけて、耳を掃除するというアイテムです。

綿棒は、片方がスパイラルで、片方は大きめのふきとり綿棒という2way構造になっています。

洗浄液をつけて掃除するというので、本格的なイメージがあるんですけど、液体がつくことでスパイラル形状がしなしなになってしまって、「しっかり掃除できているのか?」と不安になりますね。

液体なので、耳垢がひっついた状態で出てくるのですが、僕はあの固形でごっそりと抜けた時に快感を感じるのですよ~わかる人いるかな・・・

かきだす「痛気持ちよさ」もたまらない・・・癖になりすぎたらだめだけど。過剰に耳掃除をしたら駄目ですよ。

凝視したら、しっかりスパイラル形状になっているわけではないんですよね。

しっかりとふきとり綿棒のほうで、液体をとっておかないとメントールなどが配合されているので、スースーして気持ち悪くなります。

コンセプト自体は素晴らしい商品なのですが、使ってみると、いろいろと不便なところが見つかる商品です。

「いつもと違う耳掃除を!!」

とお求めの方は、一考の余地があるのではないでしょうか。

あぁ~女の子に耳掃除してもらいたい・・・(何回言うんだよお前は)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。