メガミマガジンRX ファストヌードによってもたらされた弊害と想像力

スポンサーリンク

学生時代、授業中に女性の裸ばかりを想像して、先生の話を全く聞き取れないまま大人になった君!!正直に手を挙げなさい!!

よろしい、欲望に正直な君にこの本をプレゼントしよう

男性諸君!!おまたせいたしました。お色気系統の記事になります

今回紹介するのは、メガミマガジンRXという本。

編集者は仮面ライダーが好きなんでしょうね

(安心したまえ、古本屋でもコンビニでも堂々と買うがよいぞ)

ブラが脱げ、あわや湯気がとれて全部丸見え

エッチなシーンが1年分

という内容のとおり、深夜アニメのお色気シーンのさらにBD版でしか見られなかった、女性のあの部分が全編にわたって惜しげもなく、フルカラー静止画で堪能しまくれる夢の本です。

BDを購入しようと思ったら、5~6000円はかかりますが、これはいろいろ網羅されていて、1300円ですからすごい安い・・・

ぶっちゃけた話、成人になりさえすれば安価な価格で過去の優秀な成人向けアニメが販売されています。昔はみなフルプライスゲームソフトレベルで、一本手を出すのになかなかの覚悟が必要とされたのですが。

俺が、中学生のころにほしかった・・・・ふたりエ〇チぐらいしかなかった・・・

(いいか?ふたりエッチとふたりぼっちどっちがエロい?ってことを手当たり次第に男友達に質問していた中学生のあのころ)

昔は、ドラ〇もんのし〇かちゃんのシャワーシーンは、モロみえだったり、高橋留美子のアニメがゴールデンで放送されていたり・・・

現在では国民的な「ドラゴンボール」でさえも、透明な男に対して、ブラの胸をみせて亀仙人の鼻血ブーで見えるようにするという一幕がありました。まぁ、その間はおじいちゃんとの再会ですごい感動もできて、両方の点で満足できる鳥山先生さすがだなと思ったものです・・・

(そんなブルマも最終的に界王神に胸をみせるかどうかの取引に使われそうになったと)

まぁ、何が言いたいかというと男子が性に目覚めるというのは、そういう刹那的な色気シーンを脳が的確に察知して「これは見てはいけないものを見ている」という神秘的な体験をしたと感じることから始まると思うのです。(おそらくフロイト先生もそういっているはず・・・)

そんな90年代ボーイである僕は、とにかく手持ちのビデオを片手に、その日のテレビ欄に目を向けて、深夜の映画やアニメをチェック。

意外とロボットアニメにお色気シーンの含まれているものが多かった印象です。現在では金字塔になっているガンダムやエヴァンゲリオンでさえ、入浴シーンなどがあります。重装備やロボという外側をガチガチに固めた映像のあとに流されるので、世の男性はたった数秒のシーンでも強く脳裏に刻まれたわけです。

(この3作目にてセイラさんがようやく解禁されます。でもね、ミライさんの母性には到底、勝てないよ)

現在ではHDDによる録画が主流ですが、ビデオの利点はかさばることがかえって所有欲を満たすことや、入れて、デッキのボタンを押すだけで5秒ぐらいで即録画できる点ですね。録画ボタンを押してから数秒間はラグがあるので、そのラグを計算しながら編集します・・・

そんなアニメや洋画のラブシーンを編集した、ビデオを知人に渡して、「編集の神」と呼ばれた時期がありました・・・・「ニューシネマパラダイス」は僕の映画でもあるんですね。あら、なんて話しているんだろう。

あと、魅力的な女性キャラのプロポーションが見えるシーンでは、一時停止して、薄手の紙と鉛筆を用紙して、線をなぞって裸にするということもしていました・・・あれを深夜の1~2時に一人黙々と汗をかきながらやっていた思うと滑稽・・・

恥ずかしいことといえば、漫画で女性キャラの入浴シーンを切り抜いてピンナップにしていて、それを母に発見されてひどく問い詰められました。僕は目をひたすら泳がせてその場をあとにしました・・・母ちゃんにはかなわない・・・

もしこの本が学生時代に目の前にあれば、「やめとくれ、わしにはまぶしすぎる」と飛行石を振りかざされた老人のようにうろたえていたでしょう・・・

でもね・・・

静止画で、恥じらいもなく裸になる女性の絵ばかりが並んでいると、ヴィーナスの誕生の絵ばかり見ている気分になって、別にやらしさや、色気というものを感じなくなるのです・・・

アニメにおけるエロっていうのは、声優さんが色っぽいボイスを吹き込み、作画のアニメーターが、あらゆる皮膚に躍動感の動きをつけて、主役とヒロインが絡んだりしてはじめて生まれるものですね・・・

表題の「ハイスクールD×D」は視聴者も「アレ」目的でみているので、静止画でも魅力的なバストや角度みたいなものを研究していますが、そのほかのアニメは「とりあえずトップスさえ見せれば食いつくんじゃないか?」ぐらいのものです。それをウリにしているわけでもありませんし。

ハイスクールD×DのB2ポスターやピンナップが付録でつきますが、部屋で貼れる代物ではありません(笑)

し〇かちゃんのシャワーシーン見たさにドラ〇もん見ていた人がいたかどうか・・・

動物なので、やはり「動くもの」に対して反応してしまう性ですよね。

あるアニメ評論家が「みんなアニメで興奮しているけど、俺は線の集合体のキャラに興奮するのがなぜかわからない」って言っていましたが、それがわかるような気がします。

いろいろざーっと流し見しましたが、最終的に

「嫌な顔されながらおパンツを見せてもらいたい」が一番いいんじゃない?

って結論に至りました(笑)

学生時代、「なぜ世の大人は、成人向けビデオや写真集が買えるのに、グラビアアイドルの水着写真を買うんだろう」っていうのが、この世の中における最大の謎でした(くだらね~~)

それが、28歳になんて性欲がかなり減退して、わかるようになりました。刺激的な裸よりも、水着のほうがちょうどよいということに・・・見えないからこそ、見ようとする想像力に神秘があると・・・

現在のエロメディアは、ネットの普及と無料動画の温床によって、「低価格でインスタント化されている」という状況です。ファストフードならぬ、ファストヌードというか。年齢制限も実質あってないようなもの・・・。ただ書店を歩いて、18歳未満で購入できる思春期向け雑誌を買うときの緊張感はいい人生経験になります。

このメガミマガジンを購入する主な層は、深夜アニメにはまりだした中学生から高校生ぐらいかな?お小遣いでも買える範囲ですし。

「これ一冊ですべて網羅だ!!俺のジオンはあと10年は戦える」

と思ったそこの君!!男性のエロに対する所有欲は特別で、満たしたら、新しい世界を新しい世界やジャンルを経験したら、過去になるのでまた新しいものをということで、血液の循環のごとく激しい新陳代謝が繰り返されるぞ!!気をつけろ!!

とアラサーの人生の先輩が意味のない警告をしておきましょ~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。