ロックマン11 運命の歯車 体験版感想 新要素は多いが、ギリジャン+ノックバックはちゃんと踏襲しているよ

スポンサーリンク

ロックマン11運命の歯車・・・体験版を遊びました。

ロックマンってあまりにもシリーズが膨大過ぎて

  • 「やっぱり初代が至高だぜ」
  • 「何言ってんだXシリーズがクールだろ?」
  • 「いやいや、ゼロシリーズがアクションとしても最高」
  • 「君たち、時代はエグゼだよ」
  • 「おいおい、DASHのワクワクを忘れたのかい?」
  • 「サーセン、スマブラのロックマンしか知りません」
  • 「あ~エアーマンが倒せないあれね」

いろいろ思い入れはあると思います。

僕は、エグゼが好きでしたけど、シリーズ全部は遊べていません。単品を選ぶなら、ロックマンロックマンはステージ作成や、初代の構成とニューバージョンに分かれて面白くて、「いつになったらロックマンロックマン2がでるんだろう」と思っていました。

ロックマンはマリオや悪魔城シリーズとともに横スクロールの伝統を守ってきたシリーズでした。近年でも急にドット調の9と10を作るというレトロゲーマー歓喜のダウンロード事業にも着手していました。

そういえば、稲船さんのマイティーナンバー9・・・遊んでないね

はてさて、今回の11はちゃんとHD画質でグラフィックは3Dの横スクロールロックマンの復活となります。

体験版ではブロックマンの1ステージだけ遊べます。特殊武器が2つ使えて、スーパージャンプできるラッシュも最初からワンボタンで使用できます。スライディングとタメ撃ちもできます。

さらに本作では、パワーギア、スピードギアという二つの能力変化ギミックがあります。どちらも左下のゲージを共有しており、1回使うと解除は自分でできますが、使用した分だけクールタイムが発生して次溜まるまで使えません。

パワーギアはチャージショットを2連発したり、特殊武器の能力を底上げできます。スピードギアは周りの時間が遅くなり、足場が狭いステージなどでも活用できます。体力が残りわずかの場合は両方発動もできます。

遊んでみましたが、やはり難しいですね・・・久しぶりに敵にぶつかってノックバックして、下におちてティウンティウンしました・・・

そういえば昔のゲームって、ふわふわ浮かんでいる敵が無限発生していたな・・・

チェックポイントも昔のゲームに比べると短めですが、いまのお・も・て・な・しに恵まれていると少し厳しく感じちゃう・・・

ただ、難易度を最低にすると残機無限で、落ちても助けてくれる救済処置があります。僕は正直、これで遊びました。もうすでにゲームで反復練習して達成感を得たいって思わなくなりましたので・・・

他に、パワーギアやスピードギアと特殊武器を組み合わせることで、道中の中ボスを効率よく倒せるなど、トライ&エラーで戦闘の効率化が進む点が快感でした。

いろいろ新要素が含まれて、プレイヤーが有利になって、難易度が軟化するのかなと思っていましたが、ギリジャン精度やノックバックはしっかり踏襲されていて、最新のグラフィックでレトロゲームを遊んでいるという感慨にひたることができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。