転職エージェントを活用した20代終盤の就職日誌 part2 準備編 マイナビで登録して求人選び

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

さて、これからは実際に僕が転職エージェントを使用した実践録です。

「転職エージェントとはなんぞや?」って方は、導入編を書いていますので、そちらから読んでいただけると幸いです。

僕が、選んだ転職エージェントは

マイナビジョブ20s

です。

マイナビといえば、リクナビと双璧をなす就職情報サイトです。学生時代に新卒が迫って、キャリアサポートに「登録してください」って言われた人も多いのでは

そんなマイナビですが、転職エージェントとなるとリクナビと方針はがらりと変わります。

リクナビエージェントは情報数や求人数は、業界屈指ですがサポートという面でいえば、マンツーマンがしっかり取れているとはいいがたいらしいです。さらに良質なハローワークといったところでしょうか。自力で就職をつかみたい人には良い転職サイトです。

一方で、マイナビはマンツーマンと、面接対応の良さからお勧めされる転職者が多いという傾向にあります。

転職するうえで、転職エージェントを活用する場合、そのお相手の方がいわば社会の入り口になるので、重要ですよね。

さっそくサイト内で申し込むと、電話がかかってきて、早速最寄りのオフィスでの面接日程、さらに面接前にサイト内で登録して、マイページを作ってもらって、そこから適性検査を作ってもらうように促されます。

事前に証明写真を撮るようにも指示されますが、無理な場合はスーツ姿の写真を現地でとってもらえますので、スーツ姿で伺えばOKです。

JR大阪から徒歩5分ほどにございます、グランフロント大阪のオフィスへ足を運びました。

グランフロント大阪・・・京都では見られないハンパネーでかさのビルです。大阪タワーA30階となっていますが、左側が商業施設で、南館の右手にエレベーターがのあるので、そこから9階へ入って、直通のエレベーターを探します。

オフィス前の電話で、面接の旨を伝えると個室に案内されます。

全面が白で、たしか隅っこに電話があって、まるでドラマのセットにある取り調べ室に入っているような重苦しさでした(笑)

事前に渡された資料に目を通して、約束の時間から10分ほど経過しました。

そこでしまったなぁと思ったことが一件。

対象は第2新卒・・・

第二新卒は、一般的に学校を卒業し就職をした後、数年内に離職し転職活動を行なう若手求職者を指します。 また多くの場合、卒業後1~3年程度の求職者に対して、第二新卒と呼ぶようです。

エン転職より

おれ・・・28歳やし・・・生まれてずっとアルバイトやし・・・(語弊)

担当者が来るまで、その場から逃げ出したい気持ちにかられましたが、それは失礼すぎる。

「失礼します」

入ってきたのは、さっぱりした、体育会系のお兄さん・・・俺より年下なのかわからない・・

事前に記入した仮履歴書に目を通される途中

「僕、第二新卒に当たらないので、対象外ですよね?」

「そんなことないですよ」

さっぱりと笑顔で返された・・・ホッとすると同時に少し恥ずかしくなる。

「志望される業界や業種ってあります?」

発作的に「転職したい」と浮かんだだけで、そんなプラン全くなかった。

もし、転職エージェントを利用される場合は、ある程度志望する職種を絞ったほうがいいです。ただ、自分の前職をそのまま活かす必要性はないです。

僕の住所について「以前、この周辺で働いことあるんですよ~」

さすが、体育会系(見た目)、応答のリズムが非常によろしい・・・(謎の上から目線)

30分ほど経過したところ

「では、こちらが持っている求人をお持ちいたしますね」

話が早すぎる・・・ジョブパークのように

「あくまで、ハローワークから選んでいただくのが主です」といわれるのかと思った。

このように転職エージェントは、企業と提携して、お勧めの求人としていくつか保持している。当然、転職希望者側に不利とか、内容が不明なものもある。この吟味が面接をどうするか以上に大切となります。

関西周辺・・・・滋賀や大阪がいっぱいある・・・・

勤務時間・・・深夜勤がいっぱいある・・・・

休日・・・・120日以上必要なのか・・・・

その場で決める必要はありませんgな

「とりあえず、途中で終わらないように月曜日までに決めましょうか」

「はい・・・」

帰りの中で、渡されたファイルとともに、求人票に目を通す。

メールを除くと、エージェントさんから求人案内を追加で渡される。

マイナビのマイページから、求人票のデジタル情報や、選考のスケジュールがまとめられている。本当によくできている・・・スケジュール管理とは無縁な僕でも、わかりやすい。

果たして、転職できるのだろうか・・・・続く

転職エージェントを活用した20代終盤の就職日誌アーカイブス

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。