イオンのマスク着けて接客「原則禁止」 ドラッグストア店員物申す 失礼マナー違反?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネットのニュースで、イオンが接客時のマスクを禁止にしているというニュースが出て、ツイッターでトレンドになっていたので、取り上げてみたいと思います。
ちなみに、僕はドラッグストアに勤めており、禁止令は出ていませんが、咳こんで、マスクしていたところ上司に「うちは、説明するのが仕事だから、マスクは外してほしい。どうしてもつけないといけないなら相談して」といわれたことがあります。
一部の客から、クレームが入ったとして、接客時のマスクは、失礼でマナー違反とされているようですがどうなのでしょうか?

反抗するわけではありませんが、本ブログでは、おすすめのマスク情報を過去に記事にしています。よろしければ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

接客でマスクを禁止するのは、マナー違反だからか?いったい誰のための禁止令なのか?

イオンのマスク禁止についてツイッターでは、賛否両論ですが、批判する声の方が大きい印象です

  • 風邪をうつされるのは困るから、利用したくない
  • 接客時に何を話しているかわからないから不便
  • 接客の時に表情が見えた方がいい
  • 客側もイヤホンとかしていることがあるから、そこまで気を遣う必要があるのか?

 

僕は、少なくとも日ごろカラオケにいっているので、マスクをしていても、声を伝える自信はあります。

 

将来的に、「マスクをつける接客を不快に感じる客が多いのか?」「マスクをつけない接客を不安と感じる客が多いのか?」というアンケートをしっかりとったうえで、判断することが重要ではないでしょうか?

起業や行政の勝手な目論見で、犠牲になるのは、現場ですからね。

現場の喚起の環境が、マスクが必要ないほどに湿度が整っているのか?

出入りする従業員、関係者、お客様含めて、風邪をひいている人は本当にいないのか?

そんなこと確かめようがないですよね。

 

アンケートをとるまでもなく、接客経験者なら、マスク着用は禁止ではなく、義務付けるぐらいが、よいのではないかと考えています。

 

 

ドラッグストアで、マスクを着用するのは、必須だと考える 風邪のひきはじめのお客様の症状を悪くしてどうするのか・・・

今回のイオンに限らず、僕と同じようにドラッグストアに勤めて、マスクの着用が禁止かどうかで、悩んでいる人は結構いるみたいです。

ツイッターでも職場でマスク着用禁止を通達されている人はいるみたいです。

 

多くは、上司に許可をとってマスクをするという形です。

僕は今の職場(ドラッグストア)に勤務して、初年度は3回ぐらい風邪をひきました。(うち1回はインフルエンザ)

風邪をひいているお客さんを毎日のように相手にしているわけで、30年近く生きていても、抵抗力が備わっていないことを痛感しました。

また、口唇ヘルペスも頻繁に発生する体質ですし、喉がやられてガラガラ声で接客していたことも多かったです。

 

前述のように、上司への許可制になっていますが、許可制になっていてもいちいち「マスクしてもよろしいでしょうか?」というのは、なかなか億劫です・・・

もちろん、風邪や咳こんでいるときのマスクは、着用必須にすべきだと思いますが、平常時でも説明が長時間に及ぶ場合は、ツバなどがお客様にかかる可能性があるので、エチケットやマナーとして、マスクの着用を自由化する方がいいと思います。

 

おそらく、マスク着用に禁止である人は、日ごろあまり風邪にならない人か、しゃべり続けることで、つば(ウイルス)を出し続けるリスクがあるということが、あまり理解できない人かもしれません。

 

マスクをしていも、印象の良い接客はいくらでもできる。マスクを禁止したから接客がよくなるなんていうのは、単純すぎる話

 

「笑顔が伝わった方がいい」というなら、明るい声質を心掛ければいいですし

「声が小さい」ならマスクで十分加湿されている状況で、しっかりした声を発生すればいいのです

 

つばや咳をお客様にかからないようにすることは、目に見えないので難しいですが、お客様が、マスクをすることで、不快にならない、マナーがないと思われないような言葉遣いや、所作は努力でカバーできるはずです。

多少、体調が悪くても、出勤することは大切だと思いますが、それによって咳こんで、風邪になりかけのお客様の状態をさらに悪化させることは、あってはならないと思います。

 

そもそも、マスクは、予防よりも他人にウイルスをうつさないことが主な役割なのですから。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
20代終盤の転職活動
tukasamakotoをフォローする
京都のドラッグストア店員ブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。