麻黄湯 感想・レビュー インフルエンザでも処方される身体を温め風邪の症状を緩和させる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

せきがひどくて抑えると鼻が出る、鼻をおさえるとのどが痛くなる・・・そしてせきが・・

このひどいループが起こっており、とうとう寝起きに熱っぽくなったので、今回はこの麻黄湯を試してみました。

効果・効能

マオウ 発汗と鎮咳

キョウニン 咳・痰の緩和

ケイヒ 発汗作用増加

カンゾウ 生薬の調和

体力充実して、かぜのひきはじめで、さむけがして発熱、頭痛があり、せきが出て身体のふしぶしが痛く汗が出ていないものの次の諸症:
感冒、鼻かぜ、気管支炎、鼻づまり

葛根湯同様に引き始めに飲まれるものですが、身体のふしぶしが痛くなるってどういうこと・・?

なぜ麻黄湯に興味を持ったかというか、知人から

「これはインフルエンザにも効果がある薬なんです!!」と猛烈にアピールされたからです。

インフルエンザと麻黄湯

主に急性期に使われ、医者からも処方されているみたいです。

発汗作用が強いため、虚弱な方や、長期使用すると脱汗になる可能性があるので、医者で服用された場合は、様態によって使い分けられるようです。

実際に使ってみた

少しつらい休日だったので、しっかり食前、食間につかい、身体を休ませました。

服用後2~3時間睡眠をとって、目が覚めると汗は出ませんでしたが、身体がカーーーっと熱くなりました。寒気などの熱さではなく、やや心地よさのある熱さですね。

しばらくすると熱さが抜けて、抜けると同時に身体がふっと軽くなりました。

使用後もせきなどは続きましたが、発熱を防止することはできました。

気管支炎や鼻づまりにも効果があるみたいですが、残念ながらおさまらず、小青竜湯などに頼ることになりました。

葛根湯より強力というわけではなく、使用するシーンに応じて使い分ける必要があり、気になる方は、お近くの医者や薬剤師の方に相談されるのが一番です。

僕は幸いにも、発汗作用が良く働き、発熱を防げました。

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。