媽媽菜館  六花 烏丸御池から徒歩5分 あっさりした味わいに趣のあるニューナンローメンのランチを食べてきた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回は烏丸御池から徒歩5分ぐらいの台湾料理店

媽媽菜館  六花

こちらを利用してみました。

過去にサブウェイだったり、喫茶店だったところで、入れ替わりが激しいのですが、この店はどうなのでしょうか・・・!!

店に入ると、開放的なスペースで、一人で訪れても問題ないですね。

店内には、いろいろこだわりが書かれていますね。

厨房は目の前にあって、今までの中国や台湾料理のイメージとはかなり異なるオープンな雰囲気です。店員さんも比較的若い?

今回はセットのニューナンローメンとミニ魯肉飯、そしてタピオカミルクティーを注文しました。

食後にのみたかったのですが、伝え忘れてしまって後悔(笑)

台湾料理をあまり食べたことがなく、ニューナンローメンというメニューも全くもって未知との遭遇なのですが、非常にあっさりしていています。

スープがあっさりしているからこそ、麺のモチモチとした食感や豚の脂身がしっかりスープにとけて、食べるほどに味わいが濃厚になっていく感じです。

中華料理のラーメンはどちらかといえば、スープ一筋って感じですが、こちらは麺の弾力がとにかく伝わりますね。味付けよりも素材重視といった印象です。

ミニ魯肉飯もやや脂っこさはあるものの、さらさらとした油で食べやすかったです。淡い味わいの中に風情を見出すという考えは、和食に通ずるところがあるみたいですね。

この近辺や、中京郵便局や塾があったりしますが、ガチガチのオフィス街からは少々離れた感じです。烏丸御池と四条の間に位置するような、やや中途半端な立地で、いかに台湾料理という希少性を売りにしていくかが勝負になっていくでしょう。

個人的に唐揚げや鶏料理もおいしそうにみえたので、機会があれば、また別のランチをいただきにいきたいですね。カード決済もできるので、いきやすいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。