甲子園で買ったいろんなお土産を晒す サインボールはないけれど・・・

スポンサーリンク

甲子園の日焼けがようやくましになりました・・・

まだまだ球児たちの熱闘は続いておりますが、クーラーに浴びながら甲子園で買ったものを振り返っていきたいと思います。

まず一つ目!!甲子園で実際に使用されたホームベース。ただ、どの試合のどれに使われたまでの記載がないので、メモリアル要素は薄いかな・・・(決勝戦使用などになれば馬鹿売れになっていたでしょう)そもそも、高校野球かプロ野球か、2軍の試合かも定かではないです。

おひとつ1000円。球場内でフックに吊るされていて、そこそこ売れ残っていましたが、僕、こういうマニアックな商品大好きです~

ケースをあけて、さわってみましたが、意外と弾力があって、プニプニします。硬すぎたら、選手怪我しますよね。

第100回の出場校が記入された記念ボール。さらに専用の100回記念ボールと、過去優勝校の3700円の記念ボールがありましたが、すでに売り切れになっていたので、妥協してこちらを購入。価格はこれも1000円近かったような気がします。

京都出身なので、龍谷大平安をチョイス。龍谷大学と提携してから、平安のブランドもぐっと上昇しましたが、それ以前から34回も出場している伝統校なので「野球は強い」ということで有名でした。

そして8月11日、劇的なサヨナラ勝ちで見事、100回目にして100勝目(史上2校目)という快挙を成し遂げました!!まだまだ続きますが、頑張れ!!

次に、ボールを買ったとなれば、そのボールをおさめる台座が当然必要!!

おお・・暗い・・・下にはシールで

第100回全国高校野球 選手権記念大会 阪神甲子園球場って書かれています。

台座は木製で、ボールをガシャポンのようにすっぽりとおさめる球体がいいですね。昔は、真四角で、上と下をあわせる簡素なプラスティックケースが主流でした。

意外とお安くお値段650円なり。

・・・次は、上の写真でバレて、紹介が前後しましたが、

こちら、甲子園の中にある素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)

タイガース監督、ナインも必勝祈願で参拝した写真などが飾られており、多くの著名人、野球ファンが必勝祈願のため訪れているそうです。

野球塚など、野球にまつわるスポットが多いです。

さらに、甲子園と隣接しており、こちらからスタンドのライトが見えます。

落ち着いた雰囲気ですが、中の歓声がどっと聞こえます。その時、逆転劇がおこっていたので、凄まじい感性でしたね。そのギャップがなんとも風情があっていいですね。この神社でしかできない参拝体験ができます。

そして、この日だけ、御朱印男子を急遽復活させました。

所持している御朱印帳は、その寺のシンボルマークなどが多いですが、こちらは、外観をストレートに温かみのある色彩で表現していますね。しっかり背景に甲子園があるのもポイント。

そして、力強い御朱印の文字!!どんな困難にも打ち勝てそうですね。

あと、甲子園歴史館にも訪れました。

写真をバシャバシャとったのですが、個人の利用は可能ながらもブログなどへのUPはNGということで・・・100回の特別展が8月31日まで行われています。

記憶にも新しい一試合目の松井秀喜選手の始球式のボール、国民栄誉賞の時に授与された金のバットを皮切りに、甲子園、タイガースで活躍した名選手の実使用バット、ユニフォーム、グローブ、そしてサインの嵐でした・・・嵐といえば、今年メインサポーターを勤める嵐のサインも4人ちゃんとあります。

絵画や美術展もいいですが、まだ存命している選手の足跡を辿ったり、普段テレビで見ている選手たちの軌跡を600円で体感できるのは、本当にお安いなと思いました。

残念なのは、閉館が18時までなので最後の試合を見終わることが難しいってところでしょうか。逆転劇があったので、見れなかったのは惜しいですがそれを取り返すぐらいの体験はできましたよ~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。