2018年でもっともうまかった肴・おつまみ コーヒーショップのKALDIの鯖缶・・・いつ再入荷することやら

スポンサーリンク

熱燗か冷で飲むか、大変迷う季節になりました(笑)

今回は、ここ最近食べたおつまみで一番うまかったものを紹介します・・・ただ

購入できるかどうかわかりません!!

販売している店は、KALDI(カルディ)です。

あらら、ポテトチップスのメーカーではございやせんよ。

ご存知でしょうか?全国展開されているコーヒーと輸入食品が販売している店で、ユニークな食品が購入できます。本当にブログのネタになるような珍しいものばかり・・・

あくまで、個人的主観ですが、茶色のエプロンの女性店員のポニーテール率は高い・・・だから何だって話だ・・・

そんなKALDIから紹介するのですから、当然チーズとかお洒落なおつまみだと・・・

いいえ、サバです。まぎれもない国産サバの水煮なのです。

黄色と青というなかなかに洒落たデザインです。

サバの絵もかわいい、サバ缶ってなんか漢字がいっぱい敷き詰められていて、硬派なイメージがあったんですけどね。

エネルギーも420とすごいですが、たんぱく質も27グラムとかなり取れます。

お値段は約190円・・・すでにオンラインショップではお亡くなりになっています。さらに近隣の店に買いに行こうともったら、「申し訳ございません、出荷停止でいつ入るかわかりません」・・・え・・・・まじで・・・

なんと、この鯖缶、コーヒーショップなのに店頭で箱に大量に入って、販売されていたんですよ。それが飛ぶ鳥を落とす勢いで売れたんですね。

いつか再入荷されることを信じて

実際にあけるとぎっしりと肉厚のある身が、二つに割れています。骨も見えますが、当然しっかりと柔らかくなっており無問題。

オイルサーディンとかサバ缶も昔よく食べていたんですけど、この塩味の汁とサバの塩梅が格別。素のままなのに全く臭みがないです。柔らかくほぐれていて、十分な肉厚を持ったサバは、それだけで夕飯の主役を飾れるレベルの上手さ。素材の味わいと性能を存分に生かしています。

そりゃあ・・・人気出るわな

日本酒との相性が抜群で、これを食べた夜は、玉乃光の純米吟醸と一緒に幸せな気分をおくることができました・・・

って浸ることができない。この気持ちを共感したいのですが、店頭でも売られていないし、オンラインショップでも買えない・・・

カルディさん、一日も早い入荷をお待ちしております・・・ただ筆者の鯖缶へのリテラシーも非常に少ないので、成城石井などを中心に鯖缶をめぐっていくのも楽しそうですね。去年はコンビーフの年ですが今年は、鯖缶の年ってことで!!

そして、2018年9月時点で、BESTおつまみとして、暫定1位の評価をしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。