花粉を水にかえるマスクを1週間つけてみました 

スポンサードリンク




さてコマーシャルで放映中の花粉を水にかえるマスクを実際につけてみました。

つけたといっても3枚を1週間なので詳細なレビューとまではいきません。効果というよりマスク機能としてどうかを

重点的にレビューするのでそこはご了承を・・・・・・・

 物欲まみれの堕落日記
物欲まみれの堕落日記
http://tukasamakoto.com/archives/1069714737.html
旧「物欲の流れに身を任せた結果がこれだよ」20代後半パラサイトフリーターによる酒、たばこ、女、ギャンブル、肉体労働の愚痴も含めたドキュメンタリーブログ

結論から言って1枚300円台のマスクと考えると基本性能が微妙です。

曇り抑制のノーズガードはついていますが、密着度が薄いため外出して数分経てば即座に眼鏡が曇ります。

吐息もマスク内でこもってかなり熱いです。

つけ心地に柔らかさはなく、ごわごわした感じは業務用マスクと大差ありません。

仮に花粉、ハウスダストに絶大な効果があったとしても基本性能がこれだと長期的に使えるマスクではありませんね。

作業中にほこりが舞ったとき、咳き込みがなかったのでほこりが日常的にまっている場所で作業する際は検討の余地はあるかもしれません。

ちなみにこれをつけずに数日たつと目が・・・・・もしかするとこれまでの花粉対策で無理だった目のかゆみへの対策があるのでは?

これが実証されるなら、この商品唯一の強みとなりそうです。

ただ、これだけコストのかかるマスクなので、密着感、ストレスのなさをもう少し追求してほしいです。1日12時間ほどつける必要があり、数日にまたいで酷使するためなおさらです。

では、現状で僕がおすすめするマスクは何か?それはPITTA MASKです。


デザイン性の高さ、顔半分を広範囲にカバーする安定感。特にポリウレタン素材による接触面の柔らかさは特筆するところです。長時間つけていてもストレスがありません。花粉への効果の高さも強調されています。付け心地のみならず、通気性も非常に高く、ノーズガードを特にしていませんが密着性が高いため眼鏡の曇りも抑止されています。マスクとしての基本性能が非常に高い。これに尽きます。

ただ花粉を水にかえるマスクよりは安価ですが、普通のマスクよりは高いです。繰り返し洗って使えることを喧伝していますが、数日経過すると途端に黄ばんでしまうので目立ってしまいます。

あと特異な見た目、デザインなので多少人の眼は・・・こればかりは仕方ないです。

マスクは消耗品だからこそ安価に抑えたい。そういう考えもあると思いますが、花粉シーズンの2か月だけは花粉症にとって一番マスクを考えなければならない時期です。これからも素晴らしいマスク、奇抜なマスクがあるならばそれを紹介するのも花粉症である僕の役割かと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。