楽天証券はじめました 株を始めたいけど、口座開設にどれくらいの期間と労力が必要なのか検証 

スポンサードリンク




株価が下がっているわけですが、新規参入者にとっては買いのチャンスでもあります・・・・いやぁよくわからないけど。

街中を歩いてみて、面白い商品、面白い企業を目にしたら「株かってみようかな」とふと思ったことありますか?

造詣の深い分野があれば、新商品の開発などのニュースをつかんで買ってみるかという気分になりますし、配当金による安定した利益を見込める会社も多いです。配当金の中には3~4%という銀行の金利とは天地の凄まじい金利の会社も普通にあります。(その分株価は安かったり、大企業ながら人気が落ちているという二面性もありますが)

株を買うには証券会社に口座(証券口座)を作って、そこに銀行口座と同じように金額を振り込んで、買いたい株があったら証券会社に注文します。

ネットでよく紹介されるのはSBI証券、楽天証券、カブドットコム証券などですが、手数料、取り扱いの銘柄などによっては複数の証券会社を持つことを推奨されたり、ほかにも様々な特色を持った証券会社が存在します。

証券会社の特徴を示したり、株の買い方をガイドライン化したサイトは星の数ほどありますが、さらに初歩の証券会社で登録してどのようにして口座を開けるかを説明したサイトが案外ないなと思いました。

今回はとりあえず楽天証券の証券口座を開設しようと思い行動しました。

では、いったいどれほどの期間で口座が開設できるのでしょうか・・・・

楽天証券

2月1日 まずは入力、入力

まずは楽天会員になったら入力がスムーズにもなり、楽天証券の利用でポイントがもらえるキャンペーンなどもあるため、楽天会員になりました。

これは所要時間3分ぐらいです。さすが大手、最小限のメールアドレスなどの情報ですぐに会員になれます。

次に楽天証券へ。

まずは本人確認書類のアップロード。それから住所、年齢、職業などの個人情報を入力したのちに

  1. 特定口座にするか一般口座にするか?
  2. 楽天銀行の口座をつくるか?(別に今作る必要はない、でも楽天証券使うなら推奨)
  3. NISA口座をつくる?(後に変更可能)
  4. iDecoは行うか?(これも後に追加可能)

1は証券会社側に譲渡損益を税務署に通知して納税してもらうか、自分ですべて計算して確定申告するかという違いです。

確定申告が不要というのは雇われ人間にとってはかなり有難いのですが、年収2000万以下で譲渡所得が20万を下回る人は確定申告がもともと不要なのですが、それも申告して20%削ってしまうため、少額運用される方にとって特定口座はメリットばかりでもありません。そのあたりはご自身の預貯金と運用額と相談ですね。

特定口座と一般口座の違いって?損しないための選び方

いろいろ聞かれます。ネット銀行には以前から興味があり、楽天銀行と証券を紐づけることで利便性が高まるらしいので、口座を開設。JCBのデビットカードが手数料、年会費ともに無料だったのでそちらを選択。TOTOや宝くじも楽天銀行から引き落とせますが・・・・まぁいまのところ保留で。

ちなみに楽天銀行と楽天証券を提携させることでマネーブリッジというサービスを受けられます。

これは例えば100株20万の銘柄を買いたいとなった場合、証券口座に1円も入金されていなくても、楽天銀行に20万円あればそのまま楽天銀行の貯金から株を購入することができます。

楽天銀行にお金をためておけば、それがすなわち証券口座として運用できるというわけです。

楽天銀行から楽天証券口座に自由に入出金できますが、証券口座に余剰分が出た場合は、銀行口座の金利を得られるように自動的に銀行へ出金してくれます。この自動入出金(スイープ)もマネーブリッジの売り。

さらにこのマネーブリッジに申し込むだけで楽天銀行の金利が約0.02から0.1と約5倍の金利を受けられます。

NISAとは?どんなメリットがある?NISAの3つのメリット

②は120万以下の投資枠で得た利益は非課税になるという仕組み。通常、株で得た利益の20%は課税されます。低額で5年などの中長期のスパンで株を運用したいという人、若者への投資喚起なども含まれた制度です。より詳しい解説サイトもありますし、最近なら雑誌などでも詳しく取り上げられています。

③は月額2万など一定額を積み立て投資するという制度で、月々5000円から始めることができ、掛けた金額は全額「所得控除」されます。またNISAと同様に株で得た利益も非課税です。いいことづくめに見えますが、維持費がかかる点と、60歳まで運用中の資産を引き出せないというデメリットがあります。掛け金は自由に変更が可能ということなので、将来設計をしっかり考えるなら一考の余地あり。

まとまった収入を本業で得ており、将来の資産運用をできるだけ安定的に行いたいという人は税金の免除という目先のメリットも得られるので一考の余地は十分にあります。

iDeCo(イデコ)とは?メリット・デメリットは?やさしく解説します

はい、いろいろ調べるうちに2時間ほど経過してしまいました(笑)

いろいろオプションを提供されるとびっくりして、念入りに調べてしまいますよね~。とりあえず株を買ってみたいという欲求だけなのに。

こういった質問に応えると、口座の申し込み受付完了、審査メールが送られるのでチェックしましょう。
口座開設には1週間から10日かかるようです。年度初めや景気が上昇するニュースなどが報道された場合は込む可能性が高そうです。

8日後の2月9日

申し込みから8日が経過して、簡易書留でログインID、パスワード、マイナンバー申込書が入った書類をもらいました。指示通りトップページからログインし、マイナンバーカードの写真をとってアップロードしようとしましたが・・・・・・・なかなか認識されない。

諦めて、コピーを取って書類で提出しました。

ちなみに同時期に本人限定でデビッドカードが送られていましたが

「記載住所と本人確認書が違うので、楽天様に問い合わせいたします」

ガ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ン

字数制限で端折らざるをえなかったが運の尽き・・・・・まぁ証券口座もマイナンバーの申請が通らないと無理ですから、気長に待ちますか。

道のりは長い

2月13日

CIMG1322

料金後納ゆうメールにて楽天証券から取引ガイドが届きました♪
入金から取引の手引きが記載されており、楽天証券で何ができるかを一目でわかる内容になっています。

ログインID、パスワードをペンで記載できるスペースがあるのはありがたいです。A4冊子なので紛失の心配もなさそう(管理がずさんなもので・・・)

CIMG1323

マイナンバー登録も同時にメールで完了が伝えられました。
僕のマイナンバーは通りまですべからく記載されているのですが、楽天に求められた住所情報のカナ欄に字数制限があったため町名しか書いてなかったのです・・・それが本人限定で致命的なミスを読んでしまいましたが、楽天には承認されたようです。安心。

これで無事、口座開設が完了!!

口座へ入金することで晴れて株取引デビューです・・・でもまだ楽天銀行が開設できない。

あくまで僕のケースですが、楽天証券の口座開設は・・・マイナンバーのコピー輸送ならば12日で完了です。ある程度忍耐が必要ですね。

同じ日にまたも佐川急便さんから本人限定が届きましたが、システムエラーか何かでまた再配日時を指定することに(とほほ)

2月15日

ようやく楽天デビットカードの受け渡しも完了となりました。
これでより利便性の高い楽天証券を利用できるようになりました。

さて、まとめましょう。

楽天証券の口座開設
マイナンバーのコピーを郵送にすることで約12日ほど

楽天銀行のデビットカード
最短で8日ほど

パソコンだけで手続きを済ませることができたり、デビットではなく単純なキャッシュカードであればもう2~3日手続きを早めることができるかもしれません。あくまでも参考までに。

ということで、テレビで寝転がりながら株主優待のニュースや注目株を見て「よし始めよう!!」と思ったとしても株が買えるまでにここまでの期間を要します。さらに証券口座を開いたとしても国内株の購入にはまたハードルがあります。またレポートは後日参考までに行えればと思います。

最後まで記事を読んでくださってありがとうございました。
当ブログは隔日更新の雑記になってい
ます。
面白いと感じてくださった方はツイッターのフォローお願いします。

司 真

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。