個別で株で-30万の塩漬けに至るまでに読んだ本たち 僕はこうして株に負けた・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

楽天証券の口座を開設して、およそ1年経過したので、株との関りを少しだけまとめたいと思います。

スポンサーリンク

おいらが、個別株で30万塩漬けにするまでの軌跡

月収15万円からの株入門 数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法

そそるタイトルでしたね。これは私が初めて購入した株入門書です。

ざっくりいえば、当たり前のことしか書いていませんが、逆に小手先のテクニック的な内容でもないため、初心者にとってすんなり入ります。

四季報推しが強く、四季報の読み方をレクチャーしてくれますが、個人的に四季報はアドバイス的に活用して、信望したら圧倒的に負けます・・・

そもそも、四季報に情報が乗っている時点で、テレビCMやニュースと何ら変わらない普及率なわけで、少しでも遅れると高値で株を買わされて、速攻価格が落ちていきます。

四季報だけで勝てるなら、個別株の敗北者が9割ってのは、ありえないですよね。

重要なのは、自分が社会生活を営むうえでの肌感覚や、将来何が起こるかを考えながら、社会生活と自分を結び付けることではないでしょうか?

中長期投資する場合は、どれだけ広く浅く情報を持っているかが重要になりそうです。

それで、負けたとしても納得のいく敗北で、次につながりますからね。

ただ、本当に勝利している人は、チャートとにらめっこしながら機械的に取引している人とも聞きます。

「ウキウキしたら、それは投資ではなく投機」

という格言もありますよね。

ちなみに2017年は、右肩上がりだったスロットでいう設定6。現在は設定2,3と勝ちがたくなっているみたいです。

結局、四季報の情報に踊らされ、高値で買ってしまった下落株を現在も塩漬け状態です。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

お金は寝かせて増やしなさい

両者ともに、インデックスファンド重視の内容です。

上は、楽天証券でもアドバイザーを務める山崎氏が具体的に、資産運用をする場合にどのような形成をしていくかというアドバイスがつまっています。

2015年と非常に古いのですが、これから投資を始める人、投資とはなんぞや?という人には非常にお勧めです。

重要なのは、投資に全資産を突っ込むのではなく、国債や生活防衛費といった最低限の元本が保証できるお金や引き出せるお金を確保することです。

下の水瀬氏は、投資家ブロガーとしても著名な方で、資産のかなりの金額をインデックスに回しています。現在でこそ積立NISAなどでインデックスファンドは誰でも購入しやすくなりましたが、水瀬氏が投資した2000年代前半は、まだまだ手数料の高い信託が多かったみたいです。

彼の資産の流れをリーマンショック、東日本大震災とともに、追いながらインデックスファンドに想いを馳せます。

ただ、インデックスファンドへの投資家が非常に増えているのですが、彼のように資産が何倍にも膨れ上がる可能性はあるのでしょうか・・・

10万円から始める高配当株投資術―――低リスク、低予算で1億円儲ける方法

なんかもう、初心者からすれば、ヨダレだらだらの情報だけが並んでいます。

インデックスが振るわず、貯金も溜められたので

「やっぱり高配当株じゃ~~~」

ってやけになってしまい、この書籍のお勧め株をかなり買いました・・・

確かに本書の2017年から購入していたら、場合によっては2~3倍のキャピタルゲインが得られている株ばかりです。

高配当株を購入するうえで、重要なのは

インカムゲインとキャピタルゲインのバランス

つまり、高配当だからといって、経常利益や自己資本比率を加味して購入しなければ、株価が暴落して、配当金だけで全くリカバーできない事態になりますよという話。

実際に、本書を読むと大量の資産を高配当に突っ込んだ話かと思いきや、しっかり高くなってから株を売るという、従来の中長期保有で売買するような本になっています。

残念ながら、キャピタルゲインはボロボロで、現在は-30万ほど・・・

頼みの綱は東京オリンピックなのか・・・

はい!!たった4冊しか株の本を読んでいないであります!!

圧倒的・・・勉強不足・・・

与沢翼氏が指摘されて腑に落ちましたが、投資の世界はお金さえ持っていれば、プロ中のプロと同じ世界に放り込まれるのです。

でも、素人は「ひゃっはー投資だ~」って浮足立って、無知なのに機関投資家にフルボッコにされます。

こと個別株に関しては、様々な「攻略法」を謳った書籍が出回っています。

おそらく、本当に稼がれている方であることを編集部が確認を重ねて、世に出ていると思われますが

本当に株で安定して莫大に稼げるので

あれば、物好きでない限り本を書くってことはしないとおもうんですよね・・・

それこそ、日本のデイトレーダーの神といわれるBNFさんのようにひたすら取引をやっていると思うんですよ。

株を本気でやるなら、10~20冊ぐらい、同じようなジャンルの本を読み漁ってしっかり勉強するだけの忍耐力があるか、逆に周りの言うことに乱されず、自分でじっくり情報を集めることができるか?

言われなくてもできるか?というのは、副業と同じような課題だと思います。

僕は、株でそれができませんでした・・・そのため積立NISAとiDeCoを地道にやっています。

私生活のすべてを株につなげて考えられるか、そして投資した金額を冷静に取引できるだけの精神力があるか。

凡事徹底できるかどうかっていうのが、株で勝つ適正なんじゃないでしょうか・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。