ジョーカー カオス 再レビュー リトルシガーなのに雑味ゼロ 究極の甘さと渋さをあなたに提供する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ジョーカーカオスはリトルシガーの中で最高傑作です。

そう言い切れるレベルにリトルシガーを吸いこなしたかは微妙なところですが、普通の人よりはリトルシガーを吸っているという自負はあります。

以前も数本だけもらいタバコしたレビューを書きましたが、今回は自分でちゃんとワンコイン払って(笑)それなりの本数を吸ってのレビューとなります。拙文ですので前回と変わらないかもしれませんが……

伝説のタバコらしい ジョーカーの復刻 ジョーカーカオスが俺にとっての切り札になるか吸ってみた

前回のレビューとあわせてレビューの変化を読んでいただけると嬉しいです。

まずボディの香りですが、相変わらず素晴らしい甘さをともなうチョコレートメイプル。他のチョコレートの匂いがしたり、メープルの匂いがするシガーの香りを匂ってきましたが、甘さの質と密度ともにこのタバコはトップクラスです。

匂いだけで大げさなって言われるかもしれませんが、嗜好品なので香りから入ることも重要だと思っています。

味に関しては、前回のレビューは渋めを強調していましたが、リトルシガーというジャンルでここまで甘さと香ばしさを維持しながら雑味を抜いたタバコはほかにないでしょう。

思えばキース、フォルテ、コルツ、ハーベストといろいろリトルシガーを吸ってきましたが、どれも最終的に舌をつきさすような苦み、雑味、エグみを伴うことが多かったです。普通のタバコより安価とはいえ、安かろう悪かろうの煙をあえて吸い続けたいとは思えません。

酸味はあまりなく、葉をじっくりローストしたような香ばしさにほのかな甘さがベースに添えられています。中国茶に和三盆などの高級砂糖をまぶした和菓子を一緒に食べるようなそんな優雅な味わいも伴っています。

チェーンすると2本目の最初は生クリームを贅沢に使用したパンケーキのように柔らかく質の良い甘さが口の中を漂います。副流煙の匂いも相変わらずいいです。たばこの匂いそのままにチョコレートっぽさも出てきます。

とにかくここまで品の良いリトルシガーはございません。繊細で高級志向という点ではピースリトルシガーと同等、いやそれ以上かもしれません。あちらは期間限定ですがこちらはタバコ屋にさえいければオールタイムで販売されている点が評価できます。

ひと箱500円というのはやや高いですが、120ミリで10分近くは吸えるのでコスパは悪くありません。

リトルシガーの代表格といえばキースなどですが、リトルシガーの味わいをしっかり再現しながらも質の高い甘さや味わいを伴う品質の高いリトルシガーをお求めなら間違いなくジョーカーカオスかピースリトルシガーを推します。

最後まで記事を読んでくださってありがとうございました。
当ブログは隔日更新の雑記になっています。
面白いと感じてくださった方はツイッターのフォローお願いします。

司 真

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。