ジョーブログのスクランブル交差点の動画を通して YOUTUBEは規制があることで本当につまらなくなったのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

どうも、またもやYOUTUBEの見過ぎで、勉強もブログもかけずに一日を消費した司真です。悔しいので、またYOUTUBEをネタにブログ書きます。

ジョーブログ氏のスクランブル交差点のど真ん中でベットを置いて寝る騒動に関して

警察に出頭して、厳重注意を受けて、これからどうなるかってところですけど

これに対してってわけではないですけど

アベマTVの記念スペシャルに招かれたラファエル氏は

「規制が厳しくなるということは、ナショナルブランドが入ってきて、YOUTUBEが一個の職業として認めらる。YOUTUBEとしてのステージがあがった。
心の中ではとがったこともやりたいんですけど、世間一般に認められたという側面もあるので。1年前じゃ家族にYOUTUBEやっていますとはいえなかったけど、いまなら別にいえる。仕事としてやってる」(発言を一部抜粋、中略もあります)」

一方で、めざましテレビの取材を受けたジョーブログ氏は

(ちなみに、テレビの取材にたいして、カットされたものではなく取材を受けたがわがフルでアップできるというのは、時代の進化を感じますね)

自由な表現ができるYOUTUBEだからこそ、自分たちは常識を外したような動画をとりたい

過去に同じようなことをスクランブル交差点でやっていた人たちがいるので大丈夫

規制をきっちり守ったらエンタメの幅が広がらなくなる。自分がその幅を広げたい。それに自分はだれも傷つけていない

バカッターは何も考えていないからやっている。

昔は子供たちが何も考えずにやった「いたずら」をネットにアップしてみせれる状況になった。知識がない

ぼくは、○○やったら○○起きるって想定ができるんで
カメラマン「今回も想定の範囲内ですか?」
まさか、目覚ましテレビから取材されるとは思ってなくて

いったらなんですが、ジョーブログ氏の発言は全方向からツッコミどころ満載ですね。

僕もラファエル氏とジョーブログ氏の初期の深夜番組の突撃取材やちょっとHなもの、ちょっと暴力的なノリの動画が好きでしたね。

経歴は大きく異なりますが、YOUTUBERとしての出発点は似通っていました。実際にBANを経験したラファエル氏と、ある意味、まだYOUTUBEにいかされているジョーブログ氏の見解がここまで違うことに驚きですね。

どちらかというと、ジョーブログ氏のほうがアベマTVの企画で亀田親子と関わったり、エグザイルのアツシさんとコラボしたりして、よりTV向けな内容に傾くと思っていましたが。

道路交通法に対して、顧問弁護士がいるわけでもなく「過去に例があるからやれるやろ」って気持ちでやっているのは、バカッターしている若者となんら変わりがないです。

あと、収益化という観点で考えると、ゆっくり動画すらもう規制の対象になっているほどいまのYOUTUBEは規制が多くなっています。

規制が弱いことによる無法地帯な面白さもありますけど、規制の範囲内でどれだけのパフォーマンスができるかという面白さもあるわけです。

「面白そうだとおもったことをやる」というのは、アクセルをかけすぎると、ローガン・ポールのような日本人にとって後味の悪すぎる動画をアップすることに繋がります。

ジョーブログ氏はバーを立ち上げたり、オンラインサロンを盛り上げたりして、YOUTUBEの縛られない、広告とは関係のない経済圏で稼いでいくのだろうと思っていたのですが、YOUTUBEへの拘りが残っているみたいですね。

「規制がなくて自由な方が面白い」というのは、正しくないと思います。

スポンサーリンク

テレビの1企画の模倣ではなく濃密化がヒットの秘訣?

最近、見ているYOUTUBERを振り返ったら、テレビの1コーナーを煮詰めたようなYOUTUBERばかりでした。

東大王で活躍されている伊沢さんを中心に、より濃ゆいクイズ番組を短時間で見やすく提供してくれるクイズノック

都市伝説、過去に起きた悲惨な連続殺人、SFといった「世界〇みえ」や「世界が仰天」「アンビリバボー」の1コーナーをこれまた端的にまとめて、情報を濃縮させたnaokimanさん

海外、国内のサッカー情報を簡潔にまとめたり、直近のマッチのフォーメーションの解説、移籍情報をまとめたレオザフットボール

このようにテレビの1企画や番組を10分ぐらいにコンパクトにまとめたりした動画をよく見ています。そして、そういった動画が規制が厳しくなったここ数年でチャンネル登録者を伸ばしています。

一時期バブルだったパチンコスロット実践動画も、過去にローカルで芸人がやっていたことを踏襲してますよね。

このように深夜番組の過激なコーナーを再現することを心待ちにしていますが、テレビの1コーナーをきれいにまとめたチャンネルも多く登場しています。

すでにYOUTUBEはYOUTUBERというアイドル力や、小学生、中学生に受けるような動画だけでは戦えなくなっているんですよね。

考えてみれば、小学生向けの動画をやりつづけても、多くの参入者があらわれますし、小学生たちも成長して「なんでこんなつまんないものみてたんだ」って気づくときもあります。

それなら大人という長いスパンをターゲットにしたほうが、内容がよければ20~30分の動画でも付き合ってもらえる可能性があります。

描写で過激なものは少なくなると思いますが、個人の体験談であれば、まだYOUTUBEは寛容といえます。性体験とか、性教育の一環として受け取れることもあるので。(アドセンスだとアウトですかね・・?)

規制を壊していくとか、もともとの自由を求めるということはナンセンスで、それならラファエル氏のように違う動画サイトを探して表現したり、生き残るほうが適切だと思います。

それに、YOUTUBEはつまらなくなったのではなく、規制が介入したことで、さらに濃厚な特化した動画が生まれているという現状もあるので、現状では、規制強化が好転しているといえます。

一般人が参入して限りなく負けてしまうゲームになってしまいますけどね・・・

(また近いうちに書評書きます)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。