ジョーブログによる大規模なクラウドファンディング タレントパワーによる広告収入に依存しない壮大な実験場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回は、絶賛炎上中らしく、クラウドファンディングでインフルエンサーの募るバーの2000万円について、ジョーブログさんのブログを少しまとめながら、その目的を勝手ながらに考察するという、あまり教養のない記事になります。

今回は、YOUTUBEやツイッターの発言もありますが、本人のアメブロでの発言が一番要点がまとめっていて、気持ちも強く感じられたので、そこを主に引用しながら語ります。

発端 オンザロードとインフルエンサーのプロデュース

まず、インフルエンサーをプロデュースしようという発端についてはこのブログを

日本に帰ってきました。俺、起業します。

これからは今までの経験を活かして、伝えていくステージにいきたいと思ってる!

自分の経験を通して、人が学べる環境を作ったり、いわゆるプロデュース側、応援側もやっていきたい。

130万人以上の登録者とYOUTUBEで確固たる地位を築いたジョーブログが、自分の経験を活かして、新しいインフルエンサーを育てて、プロデュースしようと考えたみたいです。旅動画に刺激を感じなくなったというのが、要因の一つとのこと。

動画のネタだけでのし上がったのではなく、数々のトップYOTUUBERを参考にしながら、取り入れたノウハウ、経験を伝える芸能事務所「オンザロード」を立ち上げました。

なんとその創業メンバーには、100人ぐらいの枠に2000人ほどが詰め寄りました。YOUTUBERもおり、選考の状況を実況風に伝える人もいましたね。

ジョーブログいわく、晴れて合格したインフルエンサーには、東京中心で、事務所の集まり、セミナーに参加してもらい、マネージャーもつけるという待遇を用意しているとのこと。逆にマネージャーも足りないので、マネージャーを自身のオンラインサロンからボランティアで募集。

聞こえはいいですけど、完全素人をマネージメントするのって難しいですね。逆に2000人から選定できてよかったのかも。

採用基準として

・ネットで情報発信をどれだけやってきたか(努力)

・ポジティブなメッセージを発信できるか(精神)

みたいなところを基準にしていたらしいです。

それと同時並行で、本人曰く現在炎上中の

インフルエンサーが集まり夢をかなえるバー

をキャンプファイアというクラウドファンディングで2000万募っているということです。

炎上ってありますけど、本人が過去に起こした美人局動画や、最近でいえばヘキトラの「ブ〇ババ抜きゲーム」、そしてヒカルのVALU騒動に比べると、賛成・容認が多いから炎上は大げさかなと思います。

むしろ、炎上商法というかジョーブログ本人が、炎ジョーブログとプロフ変えたり、真剣な動画で酒を呑んで、それを指摘され、さらにブログで言い返して、炎上を煽っている気がします。それで逆に資金が集まっているので、資本主義としては正しいプロモーション?かもですが。

現在残り35日残っていますが、すでに1500万ほどの支援金が集まっています。純粋にすごい!!

具体的に何をやるかというと、クラウドファンディングのサイトから引用

インフルエンサーが集まり夢を叶えるバーを作りたい!!

インフルエンサーは基本的にネットを中心に活動してるから、リアルな場でお客さんと交流できる場所がない。

まだ人気のないインフルエンサーだったらなおさら。

だから、インフルエンサーがファンとリアルな場所で交流できて、しかもファンからインフルエンサーに「ダイレクト課金」できるようにします。

「ダイレクト課金」っていうのは、お客さんから演者にダイレクトでお金を支援できる仕組みのこと。いわゆる”投げ銭”といったらわかりやすいかな。

バイトをするぐらいなら、ファンの人から直接支援してもらって、活動資金の足しになれば最高やんってこと。

今、大流行中の動画配信アプリ『SHOWROOM』や『Mix Channel』と同じ。

この「ダイレクト課金」できるプラットフォームを、そのままリアルに落とし込もうと思う。

例えば、応援しているインフルエンサーとチェキが撮れたり、そこでしか買えない限定の物販をやったり、演者にケツバットしてもらうとか(笑)

なんでもいいねんけど、そうやってインフルエンサーと関われるメニューを用意して、その売り上げが演者に支援として入るようにする。

そうすれば、ファンも自分の好きなインフルエンサーと交流できるし、演者もファンの人から支援してもらえて”win-win”やんな。

さらに、バーには「ステージ」も設ける。

そこでインフルエンサー達は、歌うもよし、ダンスするもよし、トークを披露するのもよし。

いろんな表現ができる場所にしようと思う。AKB48でいう『AKB劇場』、吉本興業でいう『なんばグランド花月』と一緒。

ファンと演者が定期的に接することのできる劇場ともいうことができるかも。

UUUMと違って、個人経営でスターを輩出していこうって方針でおk?(AKBを目指しているらしいので)

規模は大きそうですが、構想段階なのでまだまだ抽象的です。ダイレクト課金については、法律の問題もありそうです。

おそらく、出演するインフルエンサーの人は主に「オンザロード」の所属インフルエンサーになると思われます。

なぜ投げ銭システムで、ファンとインフルエンサーが直接出会う箱を作りたいと思ったのか?

広告収入に依存せずタレントパワーで稼いでいくという生き方をみせる

これからのYouTubeにたいして思うこと。

でこう語っています。

今までのチャンネル登録を増やしたり、再生回数をあげたりしていくのを「縦移動」とするならば、これからやっていくのは「横移動」

YouTube×起業とか、YouTube×音楽とか。

一個の分野だけじゃなくて、いろんなものを掛け合わせていく。

この掛け合わせる素材だったり、方法だったり、そういうものが自分のオリジナリティーで、そこにジョーらしさが生まれていくイメージ。

横移動することで、もしYouTubeがこの先なくなっても生きていけるようになって、YouTubeに依存しなくても生きていけるようになるしな。

あと、好きなことで生きていくのに大事な横移動は、自分の収入を「広告費」以外から持ってくるようにすること。

広告に依存しない収入を作りたいということで、オンラインサロンなどをその一歩として提供されています。ちなみにジョーブログは基本、企業案件されないそうです。自分の好きな動画を作りたいから。

今回のクラウドファンディングでは

「リターンがバーの設立と関係ないのでは?」

という指摘が一部みられました。

確かにクラウドファンディングで例えば、ゲームを開発する場合のリターンは

「本編ダウンロードコード+サウンドトラック」

アイドルが写真集、作家が本を出版したい場合は

「本にサインをかいてプレゼント」

と目標とリターンが相互関係にあるものが常識とされてきました。最近だとただお金が欲しいから募って、リターンがお礼メールだけっていうのもありますけど、資本主義なので、需要と供給のニーズが合えば問題ないと思います。

確かにリターンを見ると、かなり膨大ですが、バーに関連する内容より、講演やジョーと対面で話す権利、家にまねかれる権利さえもあります。

個人的に魅力的に映ったのは

ジョーブログの動画制作の企画・立案および製作に密着できる権利

30万・・・・

トップYOUTUBERの仕事ぶりを見てみたいな~って思う気がしますが、僕の手取りの約2倍なので・・・

これをはじめとして、業界人やYOUTUBERで伸び悩んでいる業界人に向けたリターンが多数という印象です。

あと、ツイッターに1か月だけフォローされる3万というリターンが謎です。179人の1人に入れるというところが魅力なのでしょうか?僕の場合、ブログの更新を常にリツイートしてもらえるなら、凄まじく安い広告の3万だと思いますね。130万に発信されていくわけですから。

直接電話のライン友達が300人ぐらいと考えると、ラインとツイッターというメディアは違いますが、希少性で価値があるのか・・・

実働が伴っているからいいとか、これも需要供給でお互い了承なら問題ないという意見があったりとありますが、これは、前述の「広告に依存しない、好きなことで生きていく」という実験だと思います。

裏目標というか、ジョーと対面で会える、講演ができる、サイン本がもらえるというジョーのタレントパワーだけで、どれだけの収益があげられるのか?という意図が見えます。

過去にも旅のためにクラウドファンディングをたちあげたり、文化祭を開催するための資金集めもされていました。今回はその集大成の一つかもしれないですね。

ダイレクト課金によって生きられると、より自由な動画があげられたり、課金した人に対してのニーズにあわせたコンテンツが提供できる。それでWINWINじゃない?って考え方だと思います。

だから、バーの設立は本当はあらゆる目的の一つに過ぎないのではと勘ぐってしまいます。どうでもいいことですが。

金儲けの手段というのが、最大の批判ポイントですが、それは間違いないでしょう。

ジョーブログは、他のYOUTUBERに比べると動画をあげるにあたっての制作費や旅費は高いですから、これからは省エネで利益を多く上げて、事務所を強くしていくことを考えようと思ったら、お金にこだわるのは当たり前の話だと思います。

まぁでも結局は、ジョーブログが広告収入やYOUTUBEに依存しない生き方を見つけるから、みんな応援してな!!っていう流れではありますね。

彼がどれだけ他人のためにプロデュースして、応援できるか(もちろんインフルエンサー本人の頑張りも求められます)一番重要なのは、そこだと外野ながら思います。

その手の考えについては、えらいてんちょうさんの動画が一番バランスが良いと思います。

理想論でいえば、オンザロードでインフルエンサーを集めて、成長させていって、お披露目としてハコを作るが理想だと思います。

ただ、AKBが出始めの時は、背景にある秋元康の広告力ってのがやっぱり必要不可欠だったと思います。インフルエンサーよりジョーブログが目立ちすぎというのも仕方なし。

そのため、理想は高いし、法に触れていないけど、なんだか欺瞞っぽさが残ってしまうのは、そのあたりだと思います。

「俺のタレントパワーでどこまでいけるか知りたいねん」

「広告なしで好きなことでいきていけるだけの人間かはかりたいねん」

まぁ、こういう言い方をしても金儲けと批判されそうですが、ストレートに響いたと思います。

自分より年下で、人生経験豊富で、尊敬される人物であるので、人として素晴らしいなと思うところが多いです。これからもジョーブログさんには、チャレンジとおもしろい動画の提供を心より待っています。

クラウドファンディングについては、参加した経験はありますが、すごい楽しいです。物を製作する場合は、その過程を共有できるし、タレントさんの応援ならより身近に感じられるというので、良い機会です。まぁ資本主義の弱肉強食ぶりがさらに露見されるという悲しさもありますが。

キャンプファイアなら、JULIAさんの写真集を応援したい・・・あぁ下心が丸見え。お後がよろしくないようで。

ジョーオフィシャルブログ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。