昼下がりに自分へのご褒美ステーキ 今出川のエフシー&ダイニング・テーブルのステーキがおいしかった

スポンサーリンク

京都市の上京区にある、京都市営地下鉄「今出川」より徒歩3~4分ぐらいにある、カジュアルステーキハウスを紹介します。

店名は

エフシー&ダイニング・テーブル

今出川の近くにステーキ屋があるって話を聞きつけて、Google先生で検索してたどり着いた店です。

今出川といえば、同志社大学ご御所が目の前にあるというで有名です。僕が小学生のころは、今は亡きツタヤがあったのですが、現在は潰れて、近くにやよい軒、サイゼリア、鳥貴族とジャンカラがある建物ができたり、セブン、ファミリーマートとコンビニが相次いでできたり、ラーメン屋や喫茶店も増えて、活気にあふれています。さすがに河原町に比べると小規模ですが、大学生が暇つぶしや友人とご飯をするには、最適化されつつあります。

さて、大通りからちょっと曲がったところにあるこの店。

店に入ると、ずらりと色紙がありますね。すごい著名人がいらっしゃっているのか・・・と思いきや、一定のグラム数を食べると色紙を書くというシステムですね。(色紙というか短冊ぐらいのサイズです)

テーブル席もありますが、主にカウンター席で食事をとります。

この日は、平日のちょうど正午ぐらいで、サラリーマンが満面の笑みでステーキを頬張っていました。これから仕事が忙しくなる時の昼にステーキっていいですよね!!激しく動くからこそ、たんぱく質と脂質がほしい!!。でも僕の職場は基本30分休憩なので、基本弁当かパンなんですよね・・・そのうっぷんがたまって、休日のランチは財布のひもがガバガバどす。

なんと170グラムから1000円税抜きで肉単品で食べられるんですね。もちろんベーシックなリブアイステーキ、サーロインステーキ以外のお肉も用意されています。グラム数を自由に増やせるのもいいですね。

いきなりステーキ同様に、ステーキとライスだけをシンプルに選ぶこともできますし、ちょっと奮発して、スープとサラダをつけたコース形式にすることもできます。でも昼からがっつりとコースを食べられるなんて、幸せですよね~

僕は、シンプルにリブアイステーキの255グラムとライスを頼みました。ステーキソースと右は何も入っていませんが、お好みで塩、ニンニク、コショウをかけて肉本来の旨味を楽しめます。

レアで注文しましたが、ごらんのとおり外は薄茶色で、中は綺麗な引き締まったピンクでした。

食感も適度に弾力があり、レアなのにしっかりと噛み応えがあって、じわじわとお肉の甘味と旨味が楽しめます。

脂身は一切なく、255グラムすべて、均等にやわらかく旨味のあるお肉が味わえます。いや、本当に河原町で1時間ぐらい並ぶなら、その移動時間を今出川に費やして、ここで食べてほしい・・・

命をいただいている以上、脂身もすべて食べるのが礼儀だとは思うんですよ・・・でも脂身がガツンと置かれるとさすがに食べられません・・・お肉を全部食べきるというのは、味覚の幸福であるとともに、食に対する礼儀を最低限果たせたかな・・・と上から過ぎる目線ですが思います。

奮発して、店長の知人がつくられている金賞のソーセージをマスタードとともに味わいました。こっちもジューシーでお肉を味わっている~って感動がありました。

この店がもし、商業施設や中心部に位置(烏丸御池近辺)していたら、もっと人気が高かったです。でも、少し外れた今出川だからこそ、客層も落ち着いた方が多く、ガツガツではなくじっくり、ゆっくりと肉と向き合えるというのは、最高のひと時ではないでしょうか。個人的に非常にお勧めしたい店です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。